弊社が開発した「オルゴナイトプラス」は、8種類のパワーストーンをぎっしり詰め込んだオルゴナイトに、
周波数を変調する改良型ラジオニクス回路と宇宙幾何学六芒星を装備させた商標登録製品です。
オルゴナイトのプラスエネルギーから、改良型ラジオニクスにより「高周波オルゴンエネルギー」に進化させました。

  1. オルゴナイトプラス自社開発店 >
  2. ドーム型 > 
  3. オルゴナイト プラス ドーム型 D16 (パワーストーン 製品)

大きな画像を見る

オルゴナイト プラス ドーム型 D16 (パワーストーン 製品)

  • 当日発送
※商標登録5761796号
※メーカー直送(ホウヤシステム)のみの販売となっております。

価格 15,000円 (税込)

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

ポイントについて

150 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2ヵ月無料!

最大倍率もらうと10倍

1,500ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

1,500ポイント (10倍)

ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
750ポイント (+5倍)
詳細を見る
Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
600ポイント (+4倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

150ポイント (1倍)

通常ポイント
150ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

商品情報

約180〜200g
直径:約7.5〜8cm / 高さ約3.5cm〜4cm。
※六芒星は、研究者の間ではピラミッドパワーと同等に評価されております。
※弊社開発のオルゴナイトプラスでは、改良型ラジオニクスにより、
オルゴンエネルギーは「高周波オルゴンエネルギー」にチューニングされ、
周波数の向上に伴う効果が期待できます。
※「この曲面に手のひらを当てるだけで癒される」と、皆さんに人気の商品です。
※痛みのツボに六芒星を当てて、「高周波オルゴンエネルギー」を流入させて下さい。
一日中地肌に当てて下さい。
旅行などの携帯に便利な大きさです。
※オルゴンエネルギーは、重さに比例します。弊社ではパワーストーンの量
(重量)を重視しています

価格: (オプション代金込み)

数量

15時までの注文で当日発送

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品のレビュー・口コミ

絞り込む:

  • 5.0

    2016年08月12日 21:51

    spr*****さん

    曲面が手にフィットするので、手を置くと…

    曲面が手にフィットするので、手を置くとホッと癒やされます。 お風呂に持ち込んで顔や体をマッサージしたり、洗顔時に軽くマッサージしたりしていますが、疲れがとれ、顔もたるみがなくなってスッキリです。 冷房で喉を痛めた時に、朝起きる前の30分間、喉にドーム型を直に当てて、その後、星型の上に置いていたペットボトルのお水でうがいし、出勤時に駅のホームでもこっそりドーム型を喉に当てていましたら、会社に到着した頃には違和感程度になっていて、とても助かりました!

該当するレビューコメントはありません

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

概要

説明
●ロイヤル・レイモンド・ライフ博士(Royal Raymond Rife, 1888〜1971 年)によると、
有害なウイルス・細菌・ガン細胞等は、固有の低い周波数で振動しており、周波数を利用して患者の治癒に成功したとされている。

この周波数向上に伴う効果を期待して、弊社開発のオルゴナイトプラスでは、周波数を変調する改良型ラジオニクスをオルゴナイトに内蔵しました。

オルゴナイトプラスに内蔵されている周波数を変調する改良型ラジオニクスの元となる装置は、アルバート・エイブラムス(Albert Abrams, 1863〜1924 年)によって開発されましたが、これをウィルヘルム・ライヒ博士(1897〜1957 年)が命名したオルゴンエネルギーに対応させ、周波数を向上させる様に改良しております。

以上の理由から、弊社開発のオルゴナイトプラスでは、改良型ラジオニクスにより、「オルゴンエネルギー」は「高周波オルゴンエネルギー」にチューニングされ、周波数の向上に伴い、通常のオルゴナイトを超えた様々な効果が期待できます。
(弊社ショップサイト(本店)のレビュー参照)。

商品について
※商標登録5761796号

●アインシュタイン方程式(E = mc2)によると、物質の質量はエネルギーとなり、最大エネルギーを追及すると、パワーストーンの質量(量)が重要となります。 弊社ではチャクラの色に対応させた8種類のパワーストーンをグループ化させ、金属片とレジン樹脂と一緒に独自の比率で固めております。

商品の材料と役割
●パワーストーン8種類
 (水晶・ガーネット・タイガーアイ・シトリン・ペリドット・ターコイズ・ラピスラズリ
 ・アメジスト

 ※水晶の役割は発振器、その他のパワーストーンの役割は、固有の周波数に
  変換するエネルギー変換器。

●改良型ラジオニクスプレート
 ※ラジオニクスの役割は、オルゴンエネルギーの周波数を向上 (高周波オルゴンエネルギー化) させるチューニングコンバーター、ブースター。

●金属(真鍮・銅・アルミ・ステンレス等) ※金属の役割は、コンデンサー。

●レジン樹脂 ※レジンの役割は、エネルギー吸収剤。

●その他
効果
●一般的に期待されている効果として

・生命力が向上する。(ライヒ博士提唱)

・有害電磁波の影響を軽減させる。

・ネガティブな空間をポジティブに変換する。(空間の浄化・お守りにおすすめ)

・精神が安定する・イライラが落ち着く・ストレス軽減・メンタルパワーアップ
 精神力の強化・より深く瞑想できる。

・集中力が向上する。(仕事や学習の効率UP)

・疲労の軽減が期待できる。

・半永久的に電力等を必要とせず、動作し続ける。

●六芒星の上に手のひらや下腹を当てることにより、オルゴンエネルギーの体内への流入が期待できます。
いつも身近に置いて、六芒星を地肌に当てて下さい。

●痛みのツボに六芒星を当てて、オルゴンエネルギーを流入させて下さい。

●エネルギー量は、重さに比例します。

※一日中地肌に当てて下さい(サポーター・手袋・包帯の中に入れると常時当てられます)。

※眼球を押えないで下さい。誤って飲み込まないで下さい。

※尚、弊社では、上記の効果を保障するものではありません。

補足
●ペンダントで最大のオルゴンエネルギーを流入させたい場合は、みぞおちの地肌に六芒星を当てて下さい。

●商品写真は、ご使用の端末画面の環境や撮影状態によって、実際の商品のイメージと異なる場合がございます。御了承下さい。
オルゴナイト プラスの原料となるレジン樹脂は、性質上気泡が入る場合がございます。御了承下さい。

●消費税の取り扱いについて
当店では消費税を含んだ価格表示となります。

                                    ※オルゴナイトプラスの「プラスアルファ効果」は、弊社ショップサイトのレビューを御覧下さい。

                  オルゴナイトのプラスエネルギーを、改良型ラジオニクスにより「高周波オルゴンエネルギー」に進化させました。

                                    「高周波オルゴンエネルギー」に進化させた結果、たくさんのお喜びの声(レビュー)を頂きました。


                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(PC用)を見る」

                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(携帯スマホ用)を見る」


                                    ※「以下の資料.PDF」 は  AdobeReaderで閲覧出来ます。

                                    印刷可能な「■オルゴナイト プラスとは」 (PDF)を読む場合はクリックして下さい

                                    印刷可能な「■オルゴナイトピラミッドカタログ (PDF)はこちらをクリックして下さい


                                
                                
                                
                                
                                
                                

                                    ※オルゴナイトプラスの「プラスアルファ効果」は、弊社ショップサイトのレビューを御覧下さい。

                  オルゴナイトのプラスエネルギーを、改良型ラジオニクスにより「高周波オルゴンエネルギー」に進化させました。

                                    「高周波オルゴンエネルギー」に進化させた結果、たくさんのお喜びの声(レビュー)を頂きました。


                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(PC用)を見る」

                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(携帯スマホ用)を見る」


                                    ※「以下の資料.PDF」 は  AdobeReaderで閲覧出来ます。

                                    印刷可能な「■オルゴナイト プラスとは」 (PDF)を読む場合はクリックして下さい

                                    印刷可能な「■オルゴナイトピラミッドカタログ (PDF)はこちらをクリックして下さい

                                

                                    ※商標登録5761796号

                                    ※メーカー直送(ホウヤシステム)のみの販売となっております。



                                    ※オルゴナイトプラスの「プラスアルファ効果」は、弊社ショップサイトのレビューを御覧下さい。

                  オルゴナイトのプラスエネルギーを、改良型ラジオニクスにより「高周波オルゴンエネルギー」に進化させました。

                                    「高周波オルゴンエネルギー」に進化させた結果、たくさんのお喜びの声(レビュー)を頂きました。


                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(PC用)を見る」

                                    「■弊社ショップサイトのレビュー(携帯スマホ用)を見る」

解説

●エネルギー理論:

stage1

水晶以外の7種類のパワーストーンは、地球の波動に合わせたストーンエネルギーの調合であり、その調合されたストーンの複数の周波数を、

電子回路の水晶発信器に利用されるように水晶は周波数を安定化させる特性があります。

stage2

エネルギー集積安定化と同時に改造したラジオニクスにより、高周波オルゴンエネルギーにチューニングされます。

stage3

高周波オルゴンエネルギーを、発信器である水晶に接触した金属アンテナの方向が指向性を決める事となり、螺旋コイルは

水晶側から見て太陽系の公転方向に一致させた回転方向にしています。


●エネルギー量

論理的に電磁波に限らずあらゆるものは、周波数とエネルギー量によって、その影響が変動します。

エネルギー量については、例えばラジオ局の電波が低出力だと遠方に電波は届きません。

アインシュタインの方程式(E = mc2)によると、物質の質量はエネルギーとなり、最大エネルギーを追及し、必要な結果を求めるには、

8種類のパワーストーンをぎっしり詰め込む必要があります。


●周波数について:

ラジオ局の周波数がFM波の場合、周波数の低い(音の悪い)AMラジオでは受信できないのは当然ですし、FMチューナーが無いと

チャンネル選択も出来ません。オルゴナイトプラスに内蔵されている周波数を変調する改良型ラジオニクスの元となる装置は、アルバート

・エイブラムス(Albert Abrams,1863〜1924 年)によって開発されましたが、これをウィルヘルム・ライヒ博士(1897〜1957年)

が命名したオルゴンエネルギーに対応させ、周波数を向上させる様に改良しております。


精神状態を周波数に置き換えて説明すると、ストレス・怒り・恐怖・悲しみ等のネガティブ状態の時に周波数意識が下がり、免疫(NK細胞)

の活動が低下する事は、電子顕微鏡の観察から証明されています。通常、ストレスから細胞は、アポトーシス(自殺)し再生します。

この時周波数意識が低いまま残念な状態となります。一方アポトーシスに失敗した機能不全の細胞(隠居細胞)は、正常細胞を機能不全に導き

ますので、悪循環に陥ります。


※周波数向上がもたらす状況について。

電子顕微鏡に匹敵する31000倍の倍率を誇る光学顕微鏡「ユニバーサルマイクロスコープ」を発明したロイヤル・レイモンド・ライフ博士

(Royal Raymond Rife, 1888〜1971 年)によると、有害なウイルス・細菌・ガン細胞等は、固有の低い周波数で振動しており、周波数を

利用して患者の治癒に成功したとされている。


※周波数向上の重要性。


最近、身体的不調を訴える人が増加しております。

カルフォルニア大学のロス・エイディ博士は、人体の松果体に電磁波を感じる磁気体があり、神経ホルモン異常が電磁波により引き起こされると

明言しました。


また、身体的不調の原因のひとつは、1996年にハッブル宇宙望遠鏡が撮影したフォトンベルト(光の帯)の高周波により連動して生じたものと云われます。

フォトンベルトとは、銀河の中心を太陽系が26000年の期間に一周する際、2回遭遇する光の帯であり、この通過には2000年を要します。

フォトンとは陽子と電子が衝突の際に発生し、低周波数生物等が高周波のフォトンに遭遇すると、生物固有振動数が急速に励起し、倦怠感、眠気、頭痛、

体調不良等の症状を経験すると云われます。


更にフォトン(光子)エネルギーの高い周波数は脳に影響を及ぼし、精神的には善悪が二極化し、悪人は精神の不安定化が加速する事に伴い益々悪行に走り、

一方の善人は慈愛に満ちてくると云われます。


また、フォトン(光子)エネルギーの高い周波数が、太陽活動に影響しているとも云われます。


周波数上昇が紛れもなく地球で生じている事は、「シューマン共振」でも判明しております。今世紀初頭にドイツの物理学者W.O.シューマン博士が

発見した地球の周波数と云われる「シューマン共振」は、地球そのものが発する波動で発見以来7.8ヘルツでした。2014年に14〜16Hzに上昇し、

2017年1月31日には36〜50Hzに跳ね上がりました。このデータにより、地球の周波数は上昇し続けている事が判ります。


以上の事から、「オルゴナイトプラス」に内蔵された改良型ラジオニクスにより、オルゴンエネルギーが高周波にチューニングされた

「高周波オルゴンエネルギー」で、周波数上昇に適応させる効果が期待できると言えます。

オルゴナイトプラスに内蔵されている「オルゴンエネルギーに対応させたラジオニクス」により、高い周波数に変調した結果、たくさんのお喜びの声

(レビュー)を頂きました。



●エネルギー量について: パワーストーンには、エネルギー源が必要です。例えば、水晶に電圧をかければ水晶発振パルスにより、クォーツ時計、

コンピュータモジュールとなります。

水晶をたたけば、電気のないガスレンジの火花の元となる電気(ピエゾ電流)が生じます。科学的にパワーストーンは、エネルギー変換をしているだけで、

エネルギー源がないと電子装置等の部品に過ぎず機能停止状態です。

以上の理由から、エネルギー変換量にはパワーストーンの量が必要不可欠となります。

8種類のパワーストーンを多くする事により、電子工学的なコンデンサとしての金属スラッジに高周波オルゴンエネルギーが多く蓄積される訳です。

オルゴナイト プラスでは、有機物のレジンに対して、8種類のパワーストーンをぎっしり詰め込んで重量UPしております。

これにより、ウィルヘルム・ライヒ博士が名付けた「オルゴンエネルギー」を、ラジオニクスにより、「高周波オルゴンエネルギー」にチューニングし、

有機物レジンからコンデンサーの役割である金属スラッジに蓄積し、パワーストーンに注入することにより、エネルギー変換をする8種類の

パワーストーン本来の効果を期待できます。



※目的により、タイプが分かれます。

広範囲で深部に届かせるにはエネルギー量が必要で、その装置の条件として8種類のパワーストーンをぎっしり詰め込む形態(重量UP) が必要です。

広範囲で深部の胃・腸・腰等は、ドーム型以上のエネルギー量が必要ですが、ピンポイントやメンタル用なら胸の地肌「みぞおち」に付けられる

ペンダントが、常時地肌に付けられて宜しいでしょう。ペンダントに内蔵した8種類のパワーストーンの重量は、ペンダントの革紐が

首にかかる負荷を限界手前で調整しておりますので、一日中地肌に付ける事で最大の効果が期待できます。


※地肌で無くペンダントを服の上にぶら下げる場合は、エネルギーが地肌に届くまでに減衰します。


※六芒星は、研究者の間ではピラミッドパワーと同等に評価されております。

物質の原子核では、クオーク同士を「グルーオン」と呼ばれる力が3角形で結束しています。

この事から数学の3進数(3の倍数)六芒星が、宇宙幾何学の基礎と考えられます。



六芒星は、研究者の間ではキルリアン写真に撮られて、立体のピラミッドパワーと同等に評価され、平面ピラミッドとして携帯向きであるだけでなく

オルゴナイトプラスは、ドーム形状又は平面なので地肌に当てても刺さりませんので、肌に当てても安心です。

単なる電気エネルギーが宗教・国旗・善悪と相関関係が無い様に、キルリアン写真に撮られたこのエネルギーも宗教・国旗・善悪とは相関関係はありません。

エネルギーを如何に利用するかは、人間に委ねられています。

HouyaSystem All Rights Reserved

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。