☆お中元絶賛受付中!!数に限りがありますので、お早めにご注文ください。
 新商品も続々アップしていきます。ご期待ください。

  薩摩太良院(旧:大麦屋)は、伊佐伝統のさつまいも水あめと、これを用いた・キャラメル・チョコレート・プリン、及び伊佐米を使ったグルテンフリー和洋菓子の開発・製造・販売を行っています。
 またその他地域特産品を用いた食品・製品の開発・製造・販売を行っています。


<当社代表あいさつ>

  私は幼い頃から、祖母の見よう見まねでお菓子を作ってきました。そして大人になって管理栄養士の資格を取り、またバイオ工学の技術者になり、東京大学大学院、神戸大学大学院、京都大学ips細胞研究所で研究の最前線にいました。
  親の介護で度々伊佐に帰省するようになり、高齢化で故郷の灯りが一つ一つ消えて行く寂しさを感じるようになった時ふと、幼いころ祖母が作ってくれたさつまいも水あめのことを思い出しました。
大麦の芽の緑。石臼の音と独特の香り、さつまいもの煮える音。それはまさにバイオテクノロジーの原点と言える製法で、その隠れた記憶ゆえに、自分がバイオ技術者を志したことに思い至りました。
  「もう一度食べたい。そして作ってみたい。あんなに美味しく面白い製法を途絶えさせてはいけない。また他にも、故郷鹿児島には、美味しい特産品や面白い素材が沢山ある。それらを、栄養・調理と科学の視点で生かして、世界中の皆さんに喜ばれる食品や製品を生み出せないか」と考えるようになり、数年を経て会社を立ち上げました。
  日本の地方には、まだ多くの人に知られていない素材や製法が、ひっそりと受け継がれています。そんな素晴らしい素材を掘り起こし、新しい視点を加え、製品として開発して日本へ、世界へ送り出せないかと、当社は日々研究と試行錯誤を繰り返しています。


<当社はこんな会社>

「ふるさとの恵みを世界へ」
  九州・鹿児島の最北県境に位置する伊佐地方は、東に霊峰霧島連山を望み、その山麓に川内川を挟んで広がる高地の盆地です。川が運ぶ豊かな土壌の平野には米が、山間部のシラス台地にはサツマイモ他多くの農産物が育ち、焼酎の一大産地としても有名です。
  また、世界的高品位の金や銀を産する、現在日本で唯一の金鉱山のある町でもあります。
 この土地に古くから伝わる、大麦麦芽の酵素の力を用いてサツマイモや米を糖化して作る、水あめがあります。母から娘へとひっそりと受け継がれてきた、今は殆ど作る人のいなくなったそのコクのある素朴な味を、当社は復活させました。
 そしてもうひとつ。この地方の一番の特産物である「米」「米粉」を使った新たな食品開発にも挑戦し、伝統製法に新しい視点を加えて、小麦粉を全く使わない新しい和洋菓子を作り上げました。
 さらに美味しく、新しい商品の開発に日夜いそしんでいます。そしていつか、ふるさとの特産品として、世界に紹介したいと考えています。


<当社の原点>

  管理栄養士であり、バイオ工学の技術者として東京や関西で長年研究の最前線にいた代表。親の介護のため伊佐に帰省するうちに、幼い頃祖母が作ってくれたさつまいもいも水あめの味を思い出しました。
それは素朴でコクがあり、その製法はバイオテクノロジーの原点とも言えるものでした。「あんなに美味しく製法も面白いものを、途絶えさせてはもったいない。また故郷鹿児島には素晴らしい食材がたくさんある。それを最大限に生かして新しい視点を加え、世界中の皆さんに喜ばれる食品や製品を作り出せないか」そう考えるようになり、会社を立ち上げました。
 日本の地方には、まだまだ人に知られていない素晴らしい恵みや、有用な製法がひっそりと受け継がれています。
そんな素晴らしい素材を掘り起こし、新しい視点を加え、地域の特産品を生み出そうと当社は考えています。


ご利用ガイド

またまた賞を受賞!
【2017かごしまの新特産品コンクールにて、県特産品協会理事長賞を受賞しました。】
よしもと47シュフラン2017お菓子・スイーツ部門金賞受賞に続き、あの「薩摩太良院 銀河坑道プリン」が鹿児島県特産品協会理事長賞を受賞しました。かごしまの新特産品コンクールで高い評価を得た銀河坑道プリンをぜひ、ご利用ください。「銀河坑道プリン」は、細部まで真心を込めて、お届けしますので、発送まで7日〜10日頂戴致します。
今年のさつまいも・・
  今年もさつまいも収穫の時期がやってきました。今年は、紅はるか主体で2トン超の収穫予定です。11月に収穫し、天日干し後、甘さを増したさつまいもで太良院あめを造ります。

 ドローン映像で大麦の種まきをお楽しみください。

<おまけ>大麦の種まき
お知らせ
 【大麦や】は「株式会社大麦や」様の登録商標であり、「株式会社大麦や」様と当社は全く関係がございません。
太良院あめって?
 「太良院あめ」は、原料となるサツマイモや大麦を育てることから始まり、すべて手づくりのさつまいも水あめです。 当社代表が伝統製法に新たな視点を加え、懐かしくて新しい商品づくりを目指しています。  「薩摩太良院」は、そんな鹿児島県伊佐市の本城地区で昔から受け継がれてきた伝統の製法を復活させたさつま芋の水飴「太良院あめ」をお楽しみいただける菓子ブランドです。  その太良院あめとその水あめを使った商品の魅力、そしてふるさとの魅力をを皆様に知って頂きたくて、映像にまとめてみました。  ぜひ、映像をご覧ください。時間は2分30秒程度です。 薩摩太良院紹介
伊佐棚田の新米販売
  今年も新米の季節がやってきました。伊佐はまさに今稲刈りの季節です。薩摩太良院(旧大麦屋)協力農家の方が丹精込めて作られているお米です。棚田のお米で量はそうたくさんはありませんが、今年も無理言って分けてもらいます。伊佐のお米は古くは薩摩藩の米蔵や天皇献上米という知る人ぞ知る美味しいお米です。貴重な美味しい棚田のお米をお楽しみに。販売までしばらくお待ちください。
ドローン映像で棚田の稲刈り風景をお楽しみください。

伊佐場の木の棚田 稲刈り1
伊佐場の木の棚場 稲刈り2
伊佐場の木 棚田 稲刈り3
  

copyright(c) 2016 omugiya all rights reserved.