たくさんの思いと夢が凝縮したほんとうに旨い飛騨の酒。
ひとつひとつの丁寧な作業で極上の味わいを造る。

 1720年代(享保年間)に、今の岐阜県郡上市より飛騨の地に移り住んで、酒造りをはじめたと言われています。 元禄時代より幕府の直轄地であった飛騨地方は、酒造りが盛んな地域でした。 小作米と豊かな水を利用して、農閑期にあたる冬に酒造りをしていたのです。 後に、老田の造る酒は評判となり『鬼もころすような・・・』と比喩されていきました。
 平成3年に高山の中心部から、自然豊かな清見村(現:高山市清見)に醸造場を移転。使用する水は飛騨山脈の豊富な伏流水。使用する米は地元飛騨産の『ひだほまれ』をはじめとする酒造好適米。工場内は、高さが3階にまで届くほどの大容量のタンクがいくつも並び、温度センサーなどの最新装置により、24時間管理されています。
取扱い商品はここをクリック
日本酒は蔵元直送のため、各蔵ごとのお支払となります。あらかじめご了承ください。

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年2月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
  • 2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.