マイセン 金彩小花

名実ともに陶磁器の最高峰

マイセンは陶磁器の最高峰と呼ばれ、 一線を画す完成された造形を持ちます。
その中でも最高級のシリーズ、金彩小花。
ティーカップソーサーのカップは6つの小窓に分けられ、可憐な小花が散りばめられています。

豪華な金彩は19世紀中頃、キューンによって開発された【グランツゴールド(光沢金)】といわれ、
窯を開けた時点で既に光沢のある金になるマイセン屈指の秘蔵絵具が使用されています。
造型や金の塗り、絵付け等、極度の技量を要する大変貴重な逸品です。



金彩 金彩小花

16件中 116件目

ブランド
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

16件中
1〜16件

Copyright (C) 2009 Far East Corporation. All Rights Reserved.