1. 輸入ブランド洋食器専門店2本の剣 >
  2. ブランド別 > 
  3. 日本の食器 > 
  4. 陶房ななかまど > 
  5. 土鍋 > 
  6. 陶房ななかまど とくさ紋 1人用土鍋

大きな画像を見る

石川県金沢市「陶房ななかまど」手作り炊飯土鍋 九谷 日本製

陶房ななかまど とくさ紋 1人用土鍋

価格 8,640円 (税込)

東京都は送料700円

このストアで20,000円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

86 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

860ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

860ポイント (10倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
344ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
430ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

86ポイント (1倍)

通常ポイント
86ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

◆生産国 日本(MADE IN JAPAN)
◆素材 陶器(伊賀の土)
◆直径 約18.7cm
◆幅(取っ手含む) 約23.2cm
◆高さ 約8.5cm(蓋含む12.2cm)
 ※(±1cm程度の個体差は仕様となります)
◆使用上の注意 電子レンジ・食洗機不可
◆ブランドBOXは付属しておりません

全て手作りの製品のため、重量や形状の歪み等の個体差、釉薬のすれ、針穴のような凹み、滲み、色とび、黒点、多少の傷や欠け、突起、ざらつき、濃淡差がある場合がございますが、商品製法上の仕様で不良商品ではございません。
上記理由の返品交換は承ることが出来ませんので、予めご了承くださいませ。

価格: (オプション代金込み)

残りわずか

数量

12/18〜12/22の間に発送予定

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

◆商品仕様

生産国日本(MADE IN JAPAN)
素材陶器(伊賀の土)
直径約18.7cm
(±1cm程度の個体差は仕様となります)
幅(取っ手含む)約23.2cm
(±1cm程度の個体差は仕様となります)
高さ約8.5cm
(±1cm程度の個体差は仕様となります)
高さ
(蓋含む)
約12.2cm
(±1cm程度の個体差は仕様となります)
ブランドBOX付属しておりません
使用上の
注意
電子レンジ・食洗機不可

ラッピング・メッセージカード・のしを見る


“至高の鍋を楽しむ準備”

陶房ななかまどは、石川県南部の金沢市で毎日の食卓を彩る炊飯土鍋
を中心に、様々な手作り土鍋、和食器を日々手作りで製造。
商品は一つ一つ手作りの温かさを肌で感じる事が出来る逸品。

土鍋は呼吸をしています。土が生きているように、土鍋も生きているのです。
まず土鍋は、ほとんどものが買ってきたままの状態では使うことができず、 
土鍋の目止め(*火を通し、水気を通さない準備)をする必要があります。
少し手間はかかりますが、その結果使い勝手をよくし長く使い続けることができます。

至高の鍋料理、鍋ごはんを楽しむために以下の下準備をしましょう。


初回のみ下記の手順で下準備します。  
(*次回から行う必要はありません)

1、一杯程度の冷ご飯、八分目までの水を土鍋に入れる

2、弱火でゆっくりとおかゆを炊く

3、沸騰後、焦げないようにかき混ぜ、
水を足しながらとろとろになるまで1時間ほど炊く


4、そのまま一晩おいた後おかゆをあけて土鍋を洗い、
風通しの良いところで1日以上乾燥させる



お手入れ方法

1、なべ底がぬれたままの状態で、火にかけない。

底がぬれたまま火にかけると割れることがあります。
土鍋は急な温度の変化に弱いので、熱くなった土鍋を急に水につけて冷ますこともしないでください。


2、空焚き、揚げ物は厳禁

土でできた土鍋は、あまりの高温には耐えられない為、 天ぷらなどには使用できません。


3、洗ったらよく乾燥させて収納

使い終わった土鍋はよく乾燥させることが長持ちの秘訣。
毎日使う場合はなるべく風通しのよい所に置くようにしましょう。
しばらくしまっておく場合、何日もかけて完全に乾かすことがポイント。

乾かさずにしまっていて、「いざ使おう」と思ったらカビが発生!!
なんてことは嫌ですね。


4、こげた時は?

しばらく水につけて置くと焦げが取れやすくなります。
それでも取れないときはタワシなどで弱めにこすってOKです。


トラブル発生?

Q、土鍋にひびが・・・!これってこわれたの?

A、いいえ、大丈夫です。

おかゆ(下準備参照)を炊いてあるので、
水がもれたり火にかけたら割れてしまう事はありません。
自然の土を使った手づくりの土鍋では普通に起こる現象。

それでも水がもれるようなことがあれば、
乾燥させてからもう一度おかゆを炊いてください。


Q、なんだか匂うかも?

A、使っているうちに、土鍋から焦げたようなにおいがしてくる事があります。

そんな時には水を八分目に煎茶や番茶などを一掴み入れ、
弱火でしばらく煮れば解決できます。
その後は完全に乾かしてから使用しましょう。

万が一カビてしまった時は、水を八分目まで入れ、
大さじ2〜3杯程度の「お酢かレモン汁」で
10分程度煮ると消毒になります。

その後は完全に乾燥させてください。



商品につきまして

全て手作りの製品のため、重量や形状の歪み等の個体差、釉薬のすれ、針穴のような凹み、
滲み、色とび、黒点、多少の傷や欠け、突起、ざらつき、濃淡差がある場合がございますが、
商品製法上の仕様で不良商品ではございません。
上記理由の返品交換は承ることが出来ませんので、予めご了承くださいませ。


Copyright (C) 2009 Far East Corporation. All Rights Reserved.