FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー
  • FDM-S2 SDRレシーバー

FDM-S2 SDRレシーバー

5点1件の商品レビュー

イタリアELAD社製SDRレシーバー FDM-S2です。FDM-S1の成果をもとに新たに開発されました。コンパクトで高性能。

¥70,800税込 /

全国一律送料1,000円

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

SOLD OUT

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 「SDRレシーバー」については、最下段をご覧ください。

主要定格
■受信周波数範囲:
9KHz~52MHz (Undersamplingにより、74-108MHz、135-160MHzも受信可能[性能は若干低下します])
■設定可能な仮想受信機数:最大4
■電波形式: CW,USB,LSB,AM,SAM,FM,ワイドFM(ステレオ可),DSB,RTTY,DRM,RDS
■ADコンバーター:16bit, 122.88M/S
■受信感度:
HF: 9kHz-52MHz MDS: -132dBm @14MHz, Clipping lev -8dBm
FM: 74-108MHz sensitivity 2uV未満 12dB SINAD @98MHz, Clip lev -3dBm
VHF: 135-160MHz MDS -137dBm @145MHz, Clipping level -19dBm
■背面のEXT IOピンを接地させることにより、受信動作をミュートさせることが可能。
■録音・再生機能
■アンテナ端子:SMA端子 x 2 (HF用、VHF用各1。M型ではありません。ご注意ください)
■寸法・重量:110(W) x 40(H) x 90(D) 突起物除く。360g
■付属品:USBケーブル、電力補助のためのYケーブル、SMA-BNC変換コネクタ x2、ゴム足、収納袋、FDM-S2インストール手順日本語クイックガイド(当ショップ作成)

受信した放送を聞くための専用ソフトウェアのFDM-SW2が付属しますが、他、フリーのSDRソフトであるSDR-Radio V2、HDSDR、Studio1などがこのFDM-S2をサポートしています。USBバスパワーで動作しますが、ノートPCでのご使用の場合はセルフパワーのハブ経由で電力を補うことをお勧めします。

FDM-SW2を用いた場合、以下のようなことが可能になります。
■SDRコンソールのTMate2が使用可能。
■DXクラスタ、EIBIデータベースの情報を取り込みが可能。
■CATコマンドとしてFT-897をエミュレート、Ominirigの使用が可能。
■デュアルチャネルコーディックにより、離れた周波数の同時受信(写真4枚目)。

FDM-S2と各種関連機器とのバンドルセットを本店にてご紹介しております。合わせてご利用ください。

SDRレシーバーとは
ラジオでもない、通信型受信機でもない新しいタイプの受信機です。PCとUSB接続し、デジタル処理で受信信号を処理します。SDRとはソフトウェア無線技術(Software Defined Radio)の略です。
CD登場から30年余り。デジタルオーディオの世界で行っていることが、周波数が3桁上がって無線の世界でも行うことができるようになった。そう受け取っていただければと思います。受信した電波をアンプで大きな信号にし、すぐにデジタル変換、以降、デジタルの世界で処理します。PCオーディオと同様にソフトを用い、パソコンで聞きます。良いDAC・スピーカーをご用意いただければ、高音質で放送を受信できます。

輸入品につき、マニュアルは英文のみです。ソフトウェアともメーカーサイトから最新版をダウンロードできます。