↑↑↑ ご好評につき期間延長決定!! TELくれた皆さん、ご安心を♪
【期間限定 安心お得送料】対象商品は 5月6日 のご注文まで!!

  1. ナカサダイレクト >
  2. エンドユーザー様への直販について

エンドユーザー様への直販について

【DIYの定義とは?】

まずDIYとは何ぞや?ですが、英語のDo It Yourselfの略で「自分でやる」という意味。
自分でできることは自分でやろう・やってみよう ってことです。
自分で施工すればお金が節約でき作業の時間や予定も自由に設定できて良いこと尽くめですね。
しかしこの「やろう・やってみよう」からの拡大解釈のそのまた拡大解釈なのか、
知人の成功例を目にし、ならば自分もという勇気・負けん気なのか?
有力ブログ・SNSの「不安だったけどどうにか完成。やってみると意外に簡単。あなたもどう?」のコメント影響なのか?
何故か「誰でも」や「簡単」がくっついて、「誰でも簡単にできるから自分でやろう」という意味合いに変化、
そんなイメージで捉えてしまってる風潮を感じます。
確かに簡単にできそうな印象を与える言葉ですし、できそうヨッシャ!って勇気まで湧いてくる響きです。
でもこれ、ちょっと誤解なんです。
DIYとは?に、確固たる定義や難易度の指標・施工可能不可能の明確な境界線などありませんが、
少なくともモノによって誰でも可能とか簡単とういうことではありません。

次に当店商品ページ内に記載の『DIYで施工OK!』という表記についての考察です。
プロ・アマの最大の違いは生計維持手段(商売)としてるか否かです。
当店ではプロの方の資材調達・商業活動のお手伝いはもちろんの事、それ以外の方でも材料確保ができれば
自分で施工する・あるいは施工依頼先があるので材料の手配先のみを探している方にもご利用しやすい
商品ページ・販売体制を敷き、永きに亘り皆さまにご活用頂いております。
ところが有難い事に近年その反響は当店の予想・計画を遥かに超え、身の丈以上の拡販化!と、
共に・・・意外な弊害を生んでしまいました。
先に記載した、そうともとれる誤解『 DIY = 誰でも簡単に取付られる!』という似て非なる解釈で暴走、
いつの頃からかDIY概念が、すっかり変化しきってしまいました。

当店が本来対象としていた人向けに記載した施工性の難易度をアピールする「簡単施工」「DIYでOK!」の言葉が広く認知され、閲覧力を持っページに成長すると共に多くの一般エンドユーザー様の目にも映り、
それがヤル気スイッチオンの助長を招いてしまいました。
DIYで頑張る皆さんを応援してきた当店としては目指し薦めてきた結果で、とても良い事なのですが、
その反面で率直にとらえてしまい苦い想いをされた経験者様からは、
個人差ある難易度の差を隠蔽した誇大表現でキャッチコピーに翻弄されたと感じるユーザー様も。

さて、ここからです。
そこで一般消費者(エンドユーザー)様へ向けて、当店が考えるDIYの定義をお伝えします。
購入にあたって検討の材料にもなると思いますので是非ご一読をお願いします。

当店が指し示す『DIYで施工可能!』とは、専門業者(プロフェッショナル)に施工依頼をせず、
資材調達先さえ確保できれば自分(アマチュア)で施工可能な人
ということを表しています。
言い換えると、物が手に入れば後はいか様にでもできる人、もっと言い換えれば、たとえ想定外な事が発生しても持ち前の道具と創意工夫で臨機応変に乗り切る、それがDIYだ!と認識されている人が『DIYで施工可能!』の対象のお客様と考えております。
もちろん、不安や心配事が未知数 VS でも自分でやりたい との葛藤の中で、
「自分でやると腹くくった!」なんて方もおられるでしょう。
多少の茨の道は承知の上、最終上手くできたときには何とも言えない嬉しさ・達成感でゾクゾクする。
これがたまらなく楽しくて楽しくて・・・

そんな感じでDIYということを認識されている方をナカサが商材・情報を提供しサポートする、
これマラソンで例えるなら、ずっと伴走するのは非現実的なことですが、給水所で待ってますよって感じでしょうか。

実際に当店をDIY店としてご利用頂いているお客様の生業(なりわい)や背景をアバウトに分析すると、
(下記を後述で、前者とします)
・工業関連の会社様、または従事されている方
・会社の総務部・工務部に所属し、手先が器用で何かと重宝されている
・前職が本業またはその関連業で基礎知識あり。現在は納入の伝手が無い
・納屋・ガレージが「オレの書斎」で、道具集めが趣味
・以前業者に依頼した自宅リフォーム中に「これなら自分でやれるかも」に気付いた方
・施工を手伝ってくれる仲間がいる
・DIYで試行錯誤を楽しみ、達成感を味わうことを趣旨にしている
・方法いろいろ、過程もさまざま、でもゴールはひとつ。取説・手順書は参考程度これがやり方の人
・自称、便利屋
・かーちゃんにイイとこ見せたい

と、こんなお客様が多いように思います。
上記のような人の場合、問い合わせ・打ち合わせで話していると空間イメージ力に優れている印象を受けます。
頭の中で浮かんできた画像が3Dで回転させられるので洞察力が高く最初は想定外だった事も
当店が少しアドバイスを投げかけると、あとは連鎖が始まりサクサクと理解、大体の筋道を掴んでしまいます。
創意工夫精神が旺盛でケースバイケースの切り替え対応が素早い。
もしも無人島に放たれ、衣・食には途方に暮れそうだが住だけは何とかできる気がする。そっち派の人。
では、そうでない人は・・・

これもやはり共通点があります。
少々ネガティブ系の訳合になるのでササッと。
(下記を後述で、後者とします)
・開口一番、(DIYが)「私でもできるでしょうか?」と尋ねてこられる方
・業者に頼んだら高くつくから。 それだけがDIY選択の理由の方
・商品ページをご覧になられていないご様子で既出の情報を読解頂けない。
・「親切丁寧にサポートしてくれると思ったから電話したのに・・・」と、終始ご立腹の方

この共通点を先の例えで申しますと、手を握って伴走して欲しい。給水所で待ってるなんて役に立たない。
と、お考えの様・・・。
そう思っていない方々にはちょっと失礼な例えだったかもしれませんが、
少なくとも当店が考えるDIY定義にはミスマッチな出会いかと思われます。

話が若干脱線しますが当店のサポートは、接客というよりはレクチャーです。
接待感は最少に、講義型解説
です。
サービス精神旺盛に、買って買ってぇ〜感出したり旨い話でその気作戦、これはは無いです。
扱う商品特性上、やりたくてもできませんし、危険です。
寧ろこれが本来のお客様の目線で仕える・お供する ってやつではと、強く自負しております。
ま、関西(大阪)なんでイメージも相まって全国的には口調が怖いと感じる方もおられるようでごめんなさい。
  (脱線 おしまい)

さてあなたは前者・後者、どちらに属してますでしょうか?
もしあなたが後者なら『DIYで施工可能!』これは無理かもしれません。
そして当店も人の子でして、前者にはサポートの内容も濃度も自然と手厚く、しかし後者にはどうしても、どうやっても、テンション上げきれません。
前者タイプの場合、業者さんでも知らない・気付いてないポイントをアドバイスすることができます。
こうなるとアドバイスは商品の選定にまで及び、より的確な商品の提案とご提供が可能になります。
勿体ぶった表現しますと、商材特性を熟知した者しか知らない完成度の高い技と知恵の伝授。
そしてこれこそが、当店が本当に主旨としているサポート内容 なのです。

さてさて、当店のご利用を検討中のDIYチャレンジャー「自分でやる」お客様、今一度当店が掲げるDIY定義をご理解し、商品の選定・DIY施工の可否(もちろん購入先も含めて)を再考されてみては如何でしょうか?
住宅関連商品は一度設置すると延々とそこに残るものばかり。
【失敗したくない】誰もが思うことですから・・・

▼ 商品のお問い合わせはぜひお電話で! ▼

毎日現場に出て、接客・提案・見積・商談・手配・施工・そして次の営業にとフル回転、
そんなあなたを当店が貴社の建材係となりサポートさせて頂きます。
当店が扱う商品の特性上、電話で聞くのが一番です! 多忙の合間にサクサクっとお電話下さい。
現場納まりのため・クライアントのため、当店に何ができるか、時には喧嘩腰の本気モードで頑張ります。
また、アフター営業・お得意さま回り・プラスワン営業に必勝商材のご提案も実施しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。 
 プラスワン営業についてはこちらからどうぞ。(ちょっと長いですよ)→ → →
また、日曜大工・DIYで頑張るエンドユーザー様も積極的に当店をご利用下さい。
たくさんのお客様からご利用頂き、正直当店も皆さんの器用さ・ヤル気と勇気には感服しております。
自分でやり遂げるってワクワクするし、なんたって達成感に満ち溢れ楽しいものですよね!
しかし中には「自信ないけど私も電話で問合せしてもいいの?」とご遠慮気味なお客様もおらます。
そこで、自分で頑張ってやってみたいけど少し不安だなぁと思案されているエンドユーザー様向けに、
こんな記事をご用意致しました。
 当店にお問合せ頂くその前にぜひ一読下さい。(ちょっと長いですよ)→ → →

▼ 当店のヤフーサイトからご注文頂く、すべてのお客様にお知らせ ▼



決済ページの合計金額は仮合計です


 ●仮合計のワケ その1 : 比較検討に極力ページ移動を無くしました。
同商品の色違い・サイズ違い・付加機能付きなど、類似品の検索不便解消是正のため、選択肢加算方式を採用しております。
該当する加算(減算)額は当店で注文内容を確認後、正確な合計額に訂正し、確定メールでご連絡しております。

 ●仮合計のワケ その2 : まとめ買いお得送料開催中!
当店では只今、宅配便も商業物流便も全商品対象で『まとめ買いお得送料』適用中のため、送料自動計算を停止しております。
当店で注文内容確認ののち、定義に則ったページ上に記載の送料を合算した正確な合計額に訂正し、確定メールでご連絡しております。
注)確定までの仮合計中の送料欄は、モール側の仕組みの兼合いで【0円】や【---】で表示され様々です。


この施行にあたり、ヤフー経由のご注文は当店が注文受付と確認作業を経たのち正式な合計額を確定メールでご連絡をする事と致しました。
ヤフーのシステムには、当店公式サイトのような選択肢加算の自動計算機能を有しておらず、また送料計算のバリエーションが浅く複雑な取捨選択が出来ないため意図としない高額送料提示になってしまうことを避ける必要があり、ヤフー経由からのご注文はカートを一旦仮合計のまま通過させ、当店で適正化再処理しショッピングモールのシステム脆弱性を回避しております。
選択肢加算額の有無や適用送料は各商品ページで確認出来るため、仮合計中でも最終合計額において認知外・想定外な事態は発生致しませんのでご安心下さい。 (特殊構成依頼や一部の配送地域・個別対応の配送方法を除く)
しかしながらこれに伴い仮合計中の総お支払額算出は、お客様に暗算のお手数をお掛けする事となってしまい申し訳ございません。

尚、決済方法ですが、どの決済を選択されても確定時訂正額による影響や不都合は一切ございません。
但し、ポイント払いをご利用の場合、ヤフー側のシステム変更により注文送信以後のポイント増額が対応不可のため1円程度請求額を残し、決済方法を選んでご注文下さい。 これにより正式合計額との差分がご希望決済方法にて処理可能となります。

ご存知のお客様からは高い称賛を頂いている鉄板策で、ショッピングモールのカートシステム脆弱性回避の有効策ですが店舗側の業務効率が悪く通販事業において少数手法で、そのため初見のお客様も多々あり、一瞬?的な戸惑いを感じることも有るかと思います。
懸念点がある場合、ご注文前に当店に電話(06-6908-0840)で確認・お問合せのご一報を頂けましたら幸いです。

▼ 注文増加に伴う当店からのお知らせ ▼

 只今当店に注文が集中しており、効率化のため 増員体制・スピード重視・・・   と本来なら対策をするところですが、
注文混雑時は猫の手を借りるのではなく 『お客様にお待ち頂く』 という苦渋の決断を敢えて選びました。
優先すべきは品質と対応の高さなので、注文殺到時であっても対応・運営方針は通常時と同等を徹しております
のでご安心下さい。
 現在さらに注文増加傾向にあり納期遅延(既に一部の商品で発生)が予想されるため、これを極力回避する臨時対策として、

●メールでのお問合せ回答サービスを停止し電話受付に限定、受付順に当店より折り返し電話で連絡を致します。
●お問合せ時にはPCが閲覧出来る環境下を必須とさせて頂きます。(商品ページ記載のお買い物番号のご確認もお忘れなく)
●注文処理の通常進捗に膠着内容(選択肢の不備や注文後の送付先変更の依頼など)がある場合、翌日の確定反映となります。
●出荷後(配送伝票番号発行後)の配送状況追跡は、直接運送会社配達店にお問い合わせ下さい。


 上記の臨時対策4点にご理解ご協力をよろしくお願い致します。

▼ 店長からお知らせ ▼

【注文順変更の了承で、送料を店長が負担します】のお知らせです。 現在多数のご注文を頂き誠にありがとうございます。
注文数増加に対応する臨時対策の試験運用結果、一定の効果と好評を得ましたので常設対策とすることになりました。

お客様の中には『お急ぎでない』方もおられるかと思います。
そこで、今の受注状況を行列に例え、「送料を半分店長が負担するので後ろに回ってもらえますか?」に同意頂けるお客様は、
注文前にTEL 06-6908-1500
 にご連絡下さい。 了承番号を発行し、確定メールで送料を半額値引き謝礼致します。
この対策により注文数・商品種など事前の全体把握が可能となり運営効率が上り、他の(急ぎの)お客様にも当店にもメリットが生まれます。
ご賛同頂けるお客様、注文前のみの限定となりますがどうぞご遠慮なくお申し付けとご協力を下さい。
お電話の際は「行列対策の件」とスタッフにお伝え下さい。 対象のお客様は法人・個人事業主様の事務所・倉庫納品の場合です。

※一部商品やその都度時々の状況で対象外や制限を設けておりますので、電話連絡を頂いた際に合わせてお知らせ致します。

N-YS-02    お得送料開催中! 窓工房 ナカサ 店長よりお知らせ   商品ご購入前に必ず一読しご確認ください。  ←← ここをクリック