乳液 クリーム お肌が呼吸できる保湿。


価格 新着 レビューが多い  ランキング


乳液


伸びがよく、香りが心地よいです。柔らかめのクリームで、重くなくお肌を落ち着かれせくれます。

5,400円+税


敏感肌・デリケート肌の方にお勧めの乳液です。
なめらかでのびが良いので、化粧下地にも最適です

4,000円+税


よりエイジングに働きかける成分を配合し、透明感のある素肌に導きます。
ノバラ・ラベンダーの香りがとても良いです。

7,000円+税









イランイランとグレープフルーツの最高な香りのエイジングケアバーム。
少量でとてもよく伸びるので、たっぷり使えます。

4,200円+税


アルガンオイルとミツロウのみでできた、かなりしっとりクリーム。
乾燥肌・乾燥が気になる季節にお勧めです。

3,000円+税


べたつかずさらっとした使い心地の軽めのクリーム。
べたつきが気になる季節やオイリー肌のにお勧め。
カモミールなどの心やすらぐ香り。

3,500円+税


ロザピン、ゴジベリーの素晴らしい植物有効成分が肌を健康的にしてくれます。
スパチュラ付き。

6,200円+税


はちみつやプロポリスのもつ力がお肌トラブルを抑えます。家族で使えるたっぷりサイズ。

2,800円+税


こっくりとしたクリームで、しっとりお肌に浸透します。
ローズの香りにも癒されます。

3,800円+税






価格 新着 レビューが多い  ランキング


乳液 クリームとは
  乳液・クリームとは化粧水をつけたあと、その保湿成分が蒸発するのを防ぐために、蓋をするものと言われていましたが、現在はお肌に油分や美容成分を届ける基礎化粧品だと考えられています。



洗顔の上手な使い方 夏、日差し、紫外線
乳液はさらりとしていて伸びがいいもの、クリームは少し重くさらにしっとりさせるもの、といったイメージがあります。

乳液はクリームより油分が少ないため伸びがよく使い心地がさらっとしています。

乳液とクリームはご自身の合うものをどちらか一方お使いいただければと思います。両方使う必要はございません。
選び方
基本的には化粧水→美容液→クリームor乳液の順番で使用されると思います。そこで化粧水で保湿、さらに美容液で美容成分を補い、最後にクリームもしくは乳液で油分などを補います。

化粧水と美容成分で十分保湿したのであれば、軽く乳液で油分を補給してあげればよいと思います。足りないようであればクリームで補う必要があると思います。

乳液もしくはクリームでもテクスチャーや成分も見て、ご自身に合うものをお選びください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
93件中
1〜20件
むぎごころ ショップインフォメーション