洗顔料 スキンケアの土台


価格 新着 レビューが多い  ランキング




コールドプロセス製法で手作りした無添加石鹸です。
人参石とユキノシタたっぷり配合でニキビにお悩みの方にお勧めです。
1,500円+税

海泥と、保湿力抜群のプロポリス&ハチミツで、古い角質を包み込んでツルツルの美肌に。ニキビを予防も。
1,800円+税

ヘア・フェイス・ボディ全身に使える石鹸です。
全7種類で気分 に合わせて楽しめる石鹸です。
838円+税


アルガンオイルをたっぷり配合しました。お肌のツッパリもなく、しっとりした洗い上がりです。
1,200円+税

20%の塩とセラミドを配合した、お肌トラブルだけでなく家族で使ってほしい洗顔石けん。
1,600円+税

思わず食べたくなるようなかわいいデザインです。肌の衰えを感じた時に最適です。
1,500円+税








石けん成分に2種類のクレイ(沖縄産海泥くちゃ+日本産火山泥)をプラスした弾力泡がメイクも毛穴汚れもゴッソリ落とします。
2,380円+税

泡で出てくる洗顔フォームです。弾力のある泡で洗い上がりさっぱり。オイリー肌の方に特におすすめです。
2,300円+税

リキッドタイプの洗顔料です。グリーンクレイの泡が古い角質をしっかり取り除いてくれます。
くすみが気になる方に。
3,400円+税







トリロジー バランシング クレンジング ジェル
4,400円+税

パウダータイプの洗顔ソープです。マリンミネラルがたっぷり、洗った後のお顔がツルツルです。
1,800円+税

ミネラルの力。シンプルなのにリッチな使い心地でスキンケア・ボディケアが楽しくなる粘土です。
800円+税












価格 新着 レビューが多い  ランキング


洗顔とは
  綺麗なお肌を保つための第一ステップ・・・それはお肌を清潔にすることです。

お化粧をされる方・日焼け止めを使われる方はクレンジングをした後、洗顔料でお肌の汚れを落としましょう。

毛穴が汚れや皮脂でふさがってしまうとにきびの原因にもなりますし、また、アトピーなどがある人は、汗やホコリなどアレルギーの原因物質が皮膚を刺激し、症状を悪化させることもあります。

一日の汚れをきれいに落としましょう。 一日の汚れには

1.クレンジング料やメイク汚れ

2.お肌のアカや余分な油分・汚れ

3.汗やホコリです。



洗顔の上手な使い方 夏、日差し、紫外線
洗顔料にも、固形石鹸、パウダータイプ、クリームタイプなど色々ありますが、基本はどれも一緒!よく泡立てることです。 泡立てネットやスポンジを使うと簡単に弾力のあるきめの細かい泡が作れます。

そして額、鼻にかけてのTゾーン→頬などのUゾーン→目元・口元の順に泡を乗せて、軽く汚れをなじませましょう。こするのはお肌にダメージを与えるので避けましょう。

洗い流す時はぬるま湯を使って、素早く洗い流します。クレンジングも洗顔もお肌への負担が大きいので、できるだけ素早く行いましょう。

また、洗顔料がお肌に残っているとトラブルの原因になりますので、しっかり洗い流しましょう。(特に生え際や耳からアゴ周りはすすぎ残しをしやすいので要注意!) ふき取りの際は、柔らかいタオルで顔をやさしく押さえつけるように水分をふき取りましょう。

なお、必要以上の洗顔はお肌に必要な皮脂まで取ってしまい、お肌のトラブルの原因にもなります。 洗顔は朝・晩で充分です。朝の洗顔は起きたときのお肌の状態によって判断しましょう。起きた時肌がベタついている時は洗顔料を使い、カサついている時はぬるま湯で洗いましょう。


選び方
お肌に合っていない洗顔料を使い続けるとお肌に負担をかけてしまいます。

洗顔料は顔全体で一番乾燥する部分(一般的に頬が一番乾燥するといわれています)がつっぱらないものを選びましょう。

必要な皮脂まで取ってしまうとお肌は皮脂が足りていないと勘違いして、さらに皮脂を分泌し、テカリやにきびの原因にもなります。

クレンジングや洗顔は必ず行わなければならないものですが、お肌への負担も大きいのです。手を抜かず自分にぴったりの洗顔料を見つけましょう。


クレンジングとは

・お肌にダメージを与えないようにしましょう。
→長時間のマッサージや熱いお湯などは控えましょう。何度もゴシゴシとこするのは×。

・洗い残しをしない。
→泡などがお肌に残っていると肌トラブルの原因になります。

・1日に2回まで
→お顔の皮脂を落としすぎたり、大切なセラミドまで洗い流してしまう恐れがありますので朝・晩の2回までにしましょう。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
63件中
1〜20件
むぎごころ ショップインフォメーション