アルマテラ アガベシロップ

アガベシロップとは

アガベとはメキシコ合衆国中心に広がる植物で約250種類以上有るといわれています。
テキーラに代表されるお酒の原料に使われたり、繊維が利用されています。
日本では観葉植物として多くの種類が見られます。
その中でもアルマテラのアガベシロップはユネスコの世界遺産にも登録されているメキシコ合衆国ハリスコ州テキーラ村を中心に栽培されている、リュウゼツラン科アガベ属ブルーアガベ(学術名BLUE WEBER TEQUILANA)から作られています。
250種類以上あるリュウゼツランの中でもシロップが製造されているアガベは多くありません。
昔、山火事の際に焼けたアガベのピニャ(根茎)から甘い香りがしたことからアガベが糖分を持っていて熱を加えると甘くなることを偶然発見したとも言われています。
このアガベの甘さが近年海外の研究者によって血糖上昇の穏やかな甘味料であることが解明されてから糖尿病患者や肥満などの健康問題が増す日本、欧米など先進国において人気は急速に高まってきています。
アガベ


安心安全の有機認証を各国で取得
厳選されて100%オーガニック アルマテラのブルーアガベシロップは日本での有機JAS認証をはじめアメリカ、EU,ドイツなどでも有機認証を取得しています。畑から原料の加工、ボトル充填まで全て有機認証を取得しており徹底した品質管理を行っております。


驚きの低GI値だから血糖値が上がりにくい インスリン コントロール

一般的な甘味料はGI値が高いのに対して、アガベシロップは血糖上昇指数が「21」とリンゴより低く、適度に穏やかに血糖値をあげることから、理想的な甘味料として注目されています。
また砂糖の1.3倍の甘さもあることから使用量が25%ほど少なくて済みますからカロリーも控えられます。
現代の健康志向を重視したライフスタイルに適した甘味料として、様々な分野で注目されています。

驚きの低GI値だから血糖値が上がりにくい インスリン コントロール


加藤が80%と高くショ糖がほとんど含まれていない。

GI値が低い理由として果糖が80%と高くショ糖がほとんど含まれていません。さらに自然な成分であることから脳の必須栄養素であるブドウ糖も10%含んでおり、オリゴ糖も含まれています。このことがアガベシロップ特有のすっきりとした甘さの理由でもあります。
但し、ご注意頂きたいのはカロリーが他の自然な甘味料と同様にありますので摂り過ぎに気をつけ控えめに美味しい甘さを楽しむことが、健康的で豊かな食生活を送るポイントです。
また、水溶性食物繊維も約3%含んでいます。

砂糖の1.3倍の甘さ。カロリー25%オフ

アガベシロップは万能調味料としていろいろな場面でご使用いただけます。
意外なことに和食、お醤油との相性がとても良いのです。水飴を使って作る和食があるように、アガベシロップを使うとつやがあり本格的な和食になります。癖がないのでアガベシロップで作ったお料理はとても上品な味になります。
ぜひ普段のお料理に使ってみてください。

【アルマテラ/ALMA TERRA】

2件中 12件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

2件中
1〜2件
むぎごころ ショップインフォメーション