1日目


捏ね AM4:00

前日の夕方に数日後の天候まで予測して塩水をたてる。
麺の出来具合はほとんどこの捏ねで決まるといっても過言ではありません。
長年の経験と知識を基に水と塩の量を加減しながらしっかり時間をかけてこねる。

複合(団子踏み) AM4:40
ばらばらの団子をひとつの大きな団子にまとめ、帯状に切り出す。



板切り(イタギ) AM5:00

帯状に切り出した麺を薄く引き伸ばして丸める。何度も何度も重ね合わせていくうちに徐々に粘りを増しコシが増していく。

巻きいれ AM6:00
油返し→ほそめ→こよりと順番に時間をかけ徐々に細くして巻きいれていく。


かけば(掛け巻き) PM12:00

熟成後、よりを掛け二本の棒(管)に8の字に巻き、乾かないように熟成箱(フロ)に入れ、さらに熟成させる。








小引き(こびき) PM16:00

熟成した麺を約60cmの長さに引き伸ばし、それを再度熟成箱(フロ)に入れ、翌朝まで熟成させる。

2日目

門干(かどぼし) AM7:30
前日に熟成箱で寝かされた麺を少しずつ延ばしながら乾かし、麺を上から・下から長い箸で麺がくっつかないようにさばく。さばきながらさらに麺を伸ばし、約2mまで延ばす。延ばした後、さらに箸を入れる。
門干しされた麺をハタといわれるそうめんをかける台に付けこみ徐々に時間をかけかわかしていく。


小割(こわり) PM13:00

乾燥させた麺を裁断機で19cmの均等な長さに切りそろえ麺線をそろえる。








結束 PM15:00

出来上がった麺の表面を研磨して50gに結束し箱詰めする。






私たちが心を込めてお造りしております。