大豆を煮る
大豆 釜50年以上お世話になっている鉄釜を使ってとろ火で煮ています。少しでも焦げると釜全部の大豆が焦げ臭くなってしまい商品にならないので、焦がさないように4時間ほど釜の前で時折かき混ぜないといけません。焦がさずに混ぜる作業には熟練のコツが必要なのでおばあちゃん達のお仕事です。

煮上がり

大豆 煮込み煮えた後、少しの間蒸らします。煮た時に出る煮汁は豆乳といって、市販の「豆乳」とは少し違う物です。味は喉に引っかかるようなクセがありますが、美容(特にお肌)には良いようです。40年以上飲み続けているおばあちゃん達のお肌はつるつるですよ。弊社の女性従業員達には好評です。仕込み時期には弊社姉妹店の大原の里でもご希望のお客様にお出ししております。

煮汁をきる
大豆煮上がりここでしっかりと汁をきっておかないと、後で樽の中が水っぽくなってしまい商品になりません。この作業は大変熱いので火傷に注意です。きった煮汁(豆乳)は大変栄養価が高いので、捨てずに、大豆と麹を混ぜる時に一緒に混ぜます。

麹(こうじ)
麹味噌には欠かせない材料「麹」です。当店は米麹です。味噌の出来は麹で決まると言っても過言ではありません。この麹はどこに出しても恥ずかしくない一級品です。弊社の味噌が一味違うと言われるのはこの麹の存在が大きいです。麹の話はこちらへどうぞ。

揉む(混ぜる)
混ぜ潰した大豆(潰す行程のみ機械を利用しております)、麹、塩をまんべんなく混ぜます。ここは力仕事なので、おばあちゃん達と若い人達との共同作業です。

混ぜ終わり
混ぜ上がり混ぜ終わるとこんな感じになります。その年の大豆によって色が変わってきます。

樽へ投げ込む
樽混ぜ終わった味噌をソフトボールよりも大きいくらいに丸めて樽の中に投げ込みます。この作業をするのは味噌に空気が入り込まない嫌気状態にして発酵を均一に行わせる為です。
味噌熟成蔵へ
味噌蔵そうやって出来上がった味噌を敷地内の味噌蔵へ。温度管理など細心の注意を払って管理しています。1年から3年の間ここで寝かして出来上がりです。

お願い

【味噌の保存方法】
なるべく空気に触れないように密閉出来る容器などに入れて冷蔵庫で保存される事をおすすめします(風味を維持する為)。冷凍庫で保存されるお客様もおられます。
【味噌の賞味期限】
約6ヶ月です。 お味噌は本来保存食品ですが、開封後はなるべくお早めにお食べ下さい。
【漬け物の賞味期限】
約3ヶ月ですが、開封後はなるべくお早めにお食べ下さるようお願いいたします。(梅干しは6ヶ月。)
【味噌は生きてます】
味噌庵のお味噌は菌が生きたままの昔ながらのお味噌です。(添加物や酒精を加えたり加熱殺菌をして発酵を抑えている商品もあるようです。)ですから暖かい場所で保存すると発酵が進みふくれるので、冷蔵庫での保存をお勧めしております。
【漬け物の保存方法】
必ず冷蔵庫で保存していただきますようお願いいたします。

Copyright(C) 2008 株式会社 大原の里 All Rights Reserved