梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット
  • 梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット
  • 梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット
  • 梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット
  • 梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット

梛(ナギ)の葉ペンダント&梛の押し葉のセット

5点1件の商品レビュー

古来より魔除けと夫婦円満のお守りとされた「梛(ナギ)の葉」の、ペンダント1個と押し葉2枚のセット。
「み熊野ねっと」管理人がひとつひとつ手作りしています。

¥2,380税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 ●セット内容
梛(ナギ)の葉ペンダント1個
梛の押し葉2枚

梛の葉ペンダント
●原材料
梛(ナギ)の葉(ウレタン樹脂コーティング)×2枚、
紐(綿100% / 茶色のまだら)、糸(綿100%)、
カッパーワイヤー(銅 / 色は3種類 ヘマタイト・ヴィンテージブロンズ・ノンターニッシュゴールド)

●大きさ
梛(ナギ)の葉=5cm前後、紐=約70cm(調節可能)

ご注文前にご了承いただきたいのは、梛(ナギ)の葉は樹脂コーティングしていますが、やはり木の葉ですので、葉っぱの色は時間とともに変化していくということと、コーティングも時間が経つにつれ剥がれることがあること。また、力がかかると壊れる恐れがあるということ。

特に、胸許にペンダントトップを置いていると、ふとした拍子に葉っぱを潰してしまう恐れもありますので、できれば紐を短めに調節して身につけてください。

もし壊れてしまった場合には、梛(ナギ)の葉は魔除けのお守りとされてきたので、何かの身代わりになって葉っぱが壊れたのだと考えていただければ幸いです。

梛の葉ペンダント単品のご注文はこちら

梛の押し葉
●原材料
梛(ナギ)の葉、トレーシングペーパー、OPP袋

●大きさ
4cm×6~7cm程度
梛の葉は1枚1枚、形や大きさが異なります。

古来より、葉の丈夫さから男女の縁が切れないためのお守りとされた「梛(ナギ)の葉」。

源頼朝と北条政子も、梛(ナギ)の葉を2人で1枚ずつ持ってお守りにしていたと伝えられます。

その葉を押し葉にし、日本の伝統作法「折形(おりがた)」で包みました(紙はトレーシングペーパーです)。

包んだ紙の裏には熊野の神使である八咫烏(ヤタガラス)のスタンプを押しています。スタンプは田辺市在住の「なお」さんに作っていただきました。

ご夫婦や恋人、友だちの間でそれぞれ1枚ずつお持ちになってはいかがでしょうか?

OPP袋の中に入れたままの状態で、普段持ち歩かれるお財布や名刺入れなどの中にどうぞ。


夫婦円満のお守りとされた梛(ナギ)の葉

熊野のご神木、梛(ナギ)の木はマキ科マキ属に属する常緑高木です。温暖な土地に生育する木で、熊野の他には、四国、九州、沖縄、台湾などに分布します。

一見広葉樹のような幅広の葉をしていますが、針葉樹です。マキ科マキ属は世界に100種以上ありますが、日本の梛(ナギ)がもっとも有名で美しいといわれます。

梛(ナギ)の葉には縦に細い平行脈が多数あり、主脈がありません。その独特の構造のため、梛(ナギ)の葉は、縦には簡単に裂くことができますが、横にはなかなか千切れません。

その葉の丈夫さから梛(ナギ)にはベンケイナカセ、コゾウナカセ、チカラシバ、センニンリキなどの別名があり、その丈夫さにあやかって男女の縁が切れないようにと女性が葉を鏡の裏に入れる習俗がありました。

また梛(ナギ)の葉は裏も表も同じようなので、夫婦で持っていると裏表のない夫婦生活が送れるとか。源頼朝と北条政子も、梛(ナギ)の葉を2人で1枚ずつ持ってお守りにしていたと伝えられます。


魔除けのお守りとされた梛(ナギ)の葉

梛(ナギ)の木は熊野のご神木です。

その葉は、金剛童子(阿弥陀如来の化身とされた仏教徒の守護神)の変化身だと考えられ、袖や笠などに付けることで魔除けとなり、熊野詣での帰りの道中を守護してくれるものと信じられました。

熊野を詣でた参詣者は、熊野三山よりそれぞれ熊野牛王法印というお札と梛の葉をいただいてから、帰途の旅に出立しました。

また熊野信仰を庶民に広めた熊野比丘尼という女性宗教者は、熊野牛王法印や梛の葉を配って人々に熊野信仰を広めました。

1枚の木の葉に熊野の神様は宿ると信じられたのです。


掲載雑誌など

・『Sweet 特別編集 占いBOOK2017』(宝島社)で、梛の葉ペンダントと梛の押し葉をご紹介いただきました。