表札の取付方法
□□ 表札を取り付ける場所の汚れを拭き取り、良く乾かしておきましょう □□

●必要なものを用意しておきます。
(1) 表札
(2) 取付用ボルト(付属品です)
(3) マジック・マーカーなど印を付けるもの
(4) ドリルなどの穴をあけるもの
(5) マスキングテープ
(6) 接着剤
(7) 水平機・レベラー類
(8) 養生テープ

        

表札の裏にタップ穴があいていますので、
添え付けのボルトをねじ込んでください。

※このボルトの位置が、壁に穴を開ける
位置となります。
穴を開ける位置にマーカーで印を付けます。

※画像の様にレンガや目地のある壁の
場合はその目地にあけるようにします。
ドリルで穴を開けます。

※取付用のボルト(付属品)はステンレス6mmですので、どりるの刃は径6.5mm以上でお願いします。
表札を付け、位置を決定します。

まだ接着剤はつけません。水平器で水平か確認しましょう。
マスキングテープで表札位置を記します。

※取付の際、接着剤がはみ出た時に、壁の汚れ防止にも役立ちます。
一旦表札を外し、壁に接着剤をつけます。

※お奨めの接着剤
   ヘンケルジャパン社 メガパワーマルチ110
表札の裏にも接着剤をつけます。

※タップ穴付近とボルトの根本にも付けておきましょう。
強く押し当てて表札を取り付けます。

※壁と表札を擦り合わせるように強く押しつけるとより強度が増します。
養生テープで固定します。

※1日そのままで置いておいて下さい。後、養生テープを外します。

※1日である程度硬化しますが、最終硬化には5〜7日必要ですので、動かさないようにしましょう。

必ずお読み下さい。

製品について
表札は、陶磁器に白釉薬層・上絵釉薬層・セラミックカバーコート層の三層構造からなり、 高温焼成により陶磁器と一体となり耐水性に優れ、酸性雨・直射日光にも色あせせず、 表面は光沢を失いません。
用途
○表札 ○新築祝・お誕生記念・記念品 ○メモリアル ○ピクトサイン  等
モニター上の色合い
※商品画像はすべてサンプルを作成した表札を撮影しておりますが、モニター上での色と実際の色合いは多少異なります。
注意事項
※上絵釉薬での着色のため特に赤やピンク・グリーンはくすみが出ます。これは、インクではなく陶磁器用の上絵釉薬で着色している為、一般に使われるプリンターやコピー機での発色とは異なります。ご了承下さい。 ※一品一品手作りしております。800℃の高温焼成の為、色むら・ピンホール・ながれ等が出る場合がございます。ご理解いただける方のみご注文いただきますよう、お願い致します。
お手入れ方法
焼成された表面はガラス化しており、カッターやコインでは傷つきません。 万が一、マジックインキ等で汚れた場合はシンナー等で拭き取ってください。 但し、陶器ですので、落としたり強い衝撃で割れる事もあります。取付の際はお気をつけ下さい。

Copyright © 2011 Itomasa Inc. All rights reserved.