大きな画像を見る

フロウンうんち英単語帳No.1

価格 1,404

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

14ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

140ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

140ポイント (10倍)

期間固定Tポイントを含む

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
56ポイント(+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
70ポイント(+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

14ポイント (1倍)

期間固定Tポイントを含む

通常ポイント
14ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

フロウンうんち英単語帳の3部作は、大学入試に必要な英単語8,000語のうち、基本の3,000語を仕上げるための教材です。
 今回のNo.1(『黄単』)は、はじめの960語
 先日改訂第2版を出したNo.2(『青単』)は、その次の923語
 そして、そのあとの約千語のNo.3については、現在出版準備を急いでいるところです。

大学入試の英語に必要な、単語は8,000 イディオムは800 文法事項は500程度
 たとえば、文法事項にしろ、イディオムにしろ、覚える単語の数に比べたら、破格に少ない数でしかないのです。文法事項を覚える気持ちで単語を覚えようとしても、その量の大きさにただただ圧倒されるだけです。考えてみてください。覚えなければならない単語の数は、基本語3,000。イディオムは800前後、文法事項は500程度です。単語の場合は、さらに、これに派生語が加わります。そうすると、その数は7,000から、8,000程度だといわれています。そうなれば、最後までたどり着くことが、いかに困難かがわかります。こういった理由で、ほとんどの人が単語帳に挑戦しながら、いつも挫折を繰り返しているのです。

販売期間:2016/4/25 0:00〜2019/2/20 0:00

違反商品の申告をする

商品コード:nn5pfj8h2n

支払い方法

  • カード
  • Y!マネー/預金

あんしん取引が適用されます

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

商品説明

目次
 ■まえがき
 ■本書の特徴
 ■本書の勉強の進め方
 単語1〜201
  コラム1 前に向かって進め進め
 単語202〜401
  コラム2 東大生のノートは美しくなくてもいい〜勉強計画の立て方
 単語402〜658
  コラム3 少し休憩 ストーリーを楽しもう
 単語659〜801
  コラム4 途中であきらめなければ、何事も達成できる
 単語802〜960
  コラム5 合格するために大切なこと〜性格は変えられる!
 ■あとがき
 ■INDEX

以下「まえがき」より抜粋…
 まずは、とにかく、意味を一個だけ覚えてください。そして、早急に最後の1ページにたどり着いてください。  最後の1ページまで着いたら、あなたは予想もしなかったほどの満足感を味わうことになります。自分はやればできる人間だったのだと自分に対して自信を持つことができます。
 この本を手にしている人の中には、「そんな自信はとうの昔に置き忘れてきたよ」と思っている人が いるのではありませんか?もし、そんなあなたなら、この本はあなたを再生させる手がかりになる一冊かもしれません。
 勉強でも、仕事でも、自信をもって行うのと、そうでない気持ちで行うのとでは、大いにその結果は異なるものになります。

 この本に出会ったあなたが、あなたの夢に一歩でも近づいてくれたら、こんなにうれしいことはありません。
               リトルアメリカ教育センター  塾長 眞上 久実

著者について

眞上 久実(まがみ くみ)
1974年大分県生まれ。大分県立中津南高等学校在学中からリトルアメリカ教育センターで学び、浪人まで過ごす。 1998年慶應義塾大学を卒業。
 リトルでの愛称はQ先生。
 現在、大分合同新聞の子供向け新聞『合同ジュニア』の英語ぺージ『英語でGO!DO!』の監修も行っている。
 趣味はキャッチボールと食べること。2児の母。 (著書) 「フロウンうんちイディオム帳」 、「フロウンうんち英単語帳No.2(改訂第2版)」(いずれもリトルアメリカ教育センター刊)

ストア情報

リトルアメリカ教育センター

(0件)

個人

「英語は絶対勝つ!」この自信があなたの人生を開く  偏差値15アップを目指す学習塾『リトルアメリカ教育センター』  リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。  英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。  リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。1995年には、大分校、中津校2校体制になり、2007年からは理系教科も学習できる体制となり、現在に至っています。  英語をやるのは、「かっこいいから」とか、「旅行に行ったときに役立つから」ではありません。 「英語ができたら、人生でめちゃくちゃ得をするから」 「自分がしたい仕事を選ぶときにすごく役に立つから」 せっかくお金と時間をかけて勉強するなら、これからを生きていくための道具として身につけて欲しいと思います。  リトルでは、実際にそのお子さんが理解できるならば、たとえ小学生であっても、具体的に大学入試の配点表を見せて説明することもあります。 「まだ子供だからどうせわからない」と子供扱いをするのではなく、小学生も高学年になれば(中学生ならなおさら)大人として 「自分の人生をどういう風に生きていきたいのか」 を話していったほうがいいと私たちは思っています。 たとえ、その場で100%理解できなくても、そういうことを考える中で子供は大人になっていくのではないでしょうか。

最近チェックした商品

商品を閲覧すると履歴が表示されます