松葉がに・ほたるいか水揚げ量日本一の山陰浜坂港発!毎日漁港へ目利き一筋!かにの山米
かにの山米トップページへかにの山米・会社概要かごの中身を見る。お支払い・送料・お届け・同梱・返品についてYahoo!ショッピング トップページへかにの山米 トップページへ
◆台風19号・即位の礼に伴う影響について◆

台風の影響により、現在、宮城・福島・栃木・東京(多摩地区)・長野は延着・荷受け規制がかかっている地域がございます。
つきましては、そちら方面の荷に関しましては、通常に戻り次第、順次出荷させていただきますので、よろしくお願い致します。

10/21〜24の期間中は、首都圏へのお届けが通行止め等により遅延発生の可能性がございます。
予め、ご了承のほどお願い申し上げます。




★只今、開催中のセールはこちら

おすすめギフト

御歳暮

本日のおすすめ 魚介セット

自然食品館

亀の手

あゆ

松葉早期予約
川ガニ ハタハタ
ニシン ブリコ醤油漬け
のどぐろ醤油漬け ハタハタ漬け
のどぐろ おからパウダー
エゴマ あごだし
朝とれ
|

名前

松葉蟹『松葉がに』とは『ずわいがに』のオスのことで、山陰地方の呼び名です。北陸地方では『越前がに』と呼ばれたり、その地方で呼び名が異なります。
そのうち、『松葉がに』・『越前がに』は身入り・味ともに絶品で珍重されています。 メスの呼び名も様々で、ここ兵庫県では、『セコガ二』や『子持ガニ』と呼ばれ、他県では『親ガニ』・『セイコガニ』・『コッペガニ』などと呼ばれています。

生息地

冷水を好み、日本海をはじめオホーツク海、ベーリング海など広くに分布します。日本海では水深200m〜400mの所に生息します。

漁法

この辺では底曳き網漁法で、網を曳きながら海底の蟹を捕ります。浜坂港は、底曳船が20隻(内7隻は大型船)あり、他の港と比べると多く、松葉蟹の水揚げ量も日本一となっています。

漁の期間

毎年、11月上旬に解禁となり、3月下旬で終了します。(メスのセコガニは1月10日頃で終了します。)

オスとメス

普通、みなさんが思い浮かべる『松葉がに』はオスで、甲羅の幅が8〜16cm位あります。言うまでもなく、身の味は絶品で、しかも『かにみそ』も最高でまさに冬の味覚の王者です。
それに対し、メスはかなり小さく甲羅の幅が7〜10cm前後しかありません。この辺では『セコガニ』や『子持がに』と呼ばれ、塩茹でして、身よりは『外子(甲羅の外側の子)』と『内子(甲羅の内側の子)』を食します。特に内子は量も少なく、美味で日本海の珍味のうちの一つです。また、生のセコガニを刻んで、大根の千切りなどといっしょに味噌汁などに入れれば、とてもいいダシがでて、とても美味しいです。

栄養

栄養も豊富でタウリンや亜鉛を多く含有していますので、視力回復や疲労回復、貧血、高血圧、動脈硬化、味覚障害、肌荒れ、抜け毛などに効果があります。しかも低カロリーでダイエットにも向いています。

松葉がに
初競りの様子

毎年11月の6〜8日ごろに松葉ガニは解禁します。解禁日の前夜に底曳き船が出発し、漁場に向かいます。解禁日の夜中の午前0時に網が入れられ、その日の昼前には戻ってきて、午後より松葉がにの初競りがおこなわれます。解禁日は、市場内は仲買人や関係者をはじめ、取材の方や観光客など大勢の人でにぎわい、市場一面に敷き詰められた松葉蟹をめぐって、おおいに盛り上がります。


Copyright(C) 2019 yamayone All rights reserved .