ウィッグの気づかれやすいポイントはつむじや分け目のところです。 分け目からウィッグのベースネットが見えたり、つむじの毛の流れが不自然だと違和感を感じやすいです。 ルシア医療用ウィッグは、髪が地肌から1本1本生えてきたような風合いを再現し、つむじの毛の流れもふんわりと自然です。 一握りの熟練の職人しかできない最先端手植え技法を取り入れ、一つ一つ丁寧に作っています。

      医療用ウィッグは地味でスタイルのバリエーションが少ないと思われがちですが、 ルシアはセミーオーダー式なので、思い通りのスタイルを叶えることができます。  ご注文を頂いてから、40cmのロングウィッグからひとつひとつカットして仕上げますので、  スタイルのバリエーションは無限大です。  ウィッグ専門の美容師がお客様のご要望とベースウィッグの作りをチェックしながら、  あなただけのオリジナルスタイルに仕上げます。

      お客様へのアンケートでウィッグがずれたり、 脱がれやすいのではないかと心配したことがあると、48%の方が答えています。 装着の安定感は医療用ウィッグの重要な要素のひとつです。  ルシア医療用ウィッグは、独自の立体縫製を採用し、ベースキャップの構造を深く設計しているので、  まるで頭に吸い付くように心地よくフィットします。  フロント、両サイドのもみあげ、  襟足に滑り止めの装置をきちんと施しており、サイズ調整のアジャスターも備えているので、  どんな動きにも装着の安定感抜群です。

      医療用ウィッグは重くて暑いというイメージを見事にチェンジさせたのがルシアの新医療用ウィッグです。 髪1本の太さより薄いシルク素材と風通しのよい網目素材に、「一本植え」という手植え技法を取り入れているので、 驚きの軽さと通気性を実現しました。 一日中サラサラとした快適なつけ心地で気持ちよく過ごせることができます。

      毎日身に付けるものなので、洋服との摩擦や静電気で毛先がちぢれてきたり、 シャンプー回数の重ねにつれてスタイルがくたびれてきたりします。 ルシアなら定期的なメンテナンスでスタイルや傷んだ髪を何度でもきれいに修復することができます。 ダメージのすくない最高品質の人毛と人工毛を使用しているからこそできる魔法のようなメンテナンス力です。

      医療用ウィッグは肌着と同じくお肌に直に付けるものなので、 汗や皮脂で汚れやすくなります。高額だと洗い替えやスペアを用意することが大変なので、 一つで使い回すことが多いのですが、シャンプーをぎりぎりまで我慢したため、 お肌のトラブルにつながることもしばしばです。 ルシア医療用ウィッグは、お客様のお求めやすい価格でお届けしておりますので、 気軽に洗い替えやスペアの用意ができます。 お肌にも家計にもすべてにやさしい、今までの医療用ウィッグへの夢を叶えたのがルシア医療用ウィッグです。
      良いものを安くできた理由:
お客様の切実な声に応えるため、当社では生産メーカーの強みを生かし、 生産や流通コストを徹底的にカットし、高い品質にこだわりながら業界初の低価格に挑戦しました。