お仏壇の選び方

お仏壇はご先祖をお祀りするところと同時に、 ご本尊をお祀りするところです。

人が亡くなったから必要というものではなく、祈りの 象徴であると同時に精神的なよりどころなのです。

お仏壇に手を合わせることは、今を生きられるのはご先祖のお陰 という感謝の気持ちや思いやりの心を養うことになります。

お仏壇は、亡き人と語らう場所となり、ご家族の幸せと繁栄を祈り、素直に心を開いて自分を見つめ直す心の支えの場所となります。 そして、いつの日かあなたも入ることになるのがお仏壇です。


お仏壇をご購入される時は

(1)ご尊家の宗派をご確認ください。

(2)唐木仏壇・金仏壇・家具調仏壇・上置き仏壇のいずれにされるかをお選びください。金仏壇をお選びの場合は、宗派をお間違いないようにしてください。

(3)安置する場所によって、高さ・幅・奥行きを考えます。

(4)玄関・廊下・2階に安置される場合、階段などを通過できるかという点も重要なポイントです。

(5)また仏間がある場合、お仏壇と仏間の壁の間は約10〜15cm程度は
空けるようにしてください。扉を開けるために必要なスペースであり、そのスペースがないと扉が「前へ習え」の開ききらない状態になってしまいます。

(6)仏壇購入は高価な買い物です。何軒かネット仏壇店を見てまわり、値段を調べてからご予算を立てください。仏壇の価格は高いものから安価なものまで幅広くございます。

仏壇は何度も買い替えるものではなく、一生に一度の買い物です。良いものであれば、何世代にもわたって家族に引き継がれていきます。仏壇店と相談しながらしっかりとしたよいものをお選びください。

 ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

金仏壇のお買い求めに当たって
1、金仏壇の種類

  各宗派のもともとの仏壇は金仏壇でした。しかし「真言宗は唐木仏壇」というように 変化してきております。 現代では、金仏壇は 1、浄土真宗お西 2.浄土真宗お東 3.浄土宗・真言宗・天台宗・日蓮宗など他宗用 に大きく分けられます。
今では他宗の金仏壇は他宗用として一括されるのが現状です。

2、総粉(そうふん)工法・彫粉(ほりふん)工法
総粉工法は、すべてを金粉で施しますので、大変沢山の金粉が必要です。ですので最高級の仏壇 といわれています。仕上がりは落ち着いた神々しい輝きです。
彫粉は欄間などの彫り物にだけ金粉を使用しているものを指します。同じく高級なお仏壇です。

3、金仏壇の形
金仏壇は一般的にご本尊を安置する須弥壇上の宮殿の形が、それぞれの本山の形を模しており 家庭の中のお寺です。お仏壇はご先祖をお祀りするところでと同時に ご本尊をお祀りするところです。  宗派によって形が違うのは本山の形を模しているからです。

もう一つ形が違うのは、仏壇の生産地によって異なります。日本には通産大臣が指定する伝統 工芸品に認定された金仏壇産地が十七あります。山形・三条燕・新潟・長岡・飯山・金沢・ 七尾・尾張・三河・彦根・京都・大阪・広島・八女福島・鹿児島川辺です。

欄間の形がその違いをよくあらわしております。京型は欄間が枠の中に入っています。 大阪型・広島型などは欄間がそのまま外に出ています。

金仏壇 欄間 京型の欄間です。欄間が漆の枠に入っております。

金仏壇 欄間 大阪・広島仏壇などによく見られる欄間です。

各地域の仏壇を取り揃えておりますのでご相談ください。

4、大きさ

金仏壇の大きさは「代」という単位が用いられますが、当店では判りやすくcmを 用いて表記しております。

お仏壇は、仏間に合った大きさのものをお選びください。 特に横幅に10センチから15センチのゆとりを持たせてください。

扉を135度に近い角度まで開けられる状態がベストです。

唐木仏壇のお買い求めに当たって

1、唐木仏壇の工法
唐木材料は、今日では伐採制限もあり高価な材料です。 ですから総無垢材仕上げですと 大変高価なものとなります。
  また、総無垢は自然素材ですので反りが発生する事もあり、違った木材を芯材として、その周辺 に唐木材を張り付けることで反りを防ぎます。

一般に唐木仏壇の場合は、練り製品と、張り製品の二種類がありますが、練り製品の場合で
六ミリから七ミリの厚みの唐木材が使われます。

仏壇の戸軸の前部分にだけ唐木材が使われているものを「前練り」、前部分と戸軸内側に唐木が使用されているものを「二方練り」、さらにこれに加え扉を開くと目につく側面に 唐木をつかったものを「三方練り」、戸軸芯材を唐木材で囲んだものを「四方練り」と呼びます。



練り工法

張り製品(杢)の場合は、つき板と呼ばれる、やや厚めの紙ほどに 加工したものを芯材に接着して使われます。

 また、最近では、唐木材の木目を塩ビなどにプリントした「調」製品も多く生産されています。 お求め易い価格となっていますが、永く使用したいという方には適さないかもしれません。

素材や工法にこだわった製品を、お買い求めになりますよう、おすすめいたします。

ちなみに唐木仏壇は宗派は問わず、お手入れも比較的簡単です。



家具調仏壇のお買い求めに当たって
 
すっきりとしたデザインでお部屋のインテリアとして安置できるお仏壇が家具調仏壇の特長でしょうか。

材質もこれまでのお仏壇の木材とは異なり、家具で用いられる材質のものを 使っているのも特徴です。



最近では洋風建築の家にぴったりする家具調仏壇のご購入が増えています。



家具調仏壇によく使われる木材として、ナラ、ウォールナット、ローズ、メープル オーク、タモ、アッシュなどがあります。それぞれの木材の特徴を生かし、モダンな 仏壇に仕上げております。

家具調仏壇は宗派は問いません。お手入れも比較的簡単です。

当店では、小型仏壇(上置きタイプ)と、台付き(大型)仏壇のタイプがございます。

最近では和・洋の特長を兼ね備えた仏壇も揃えておりますので、お問い合わせください。

 

小型仏壇のお買い求めに当たって
小型金仏壇

このような小型仏壇もございます。

ご家庭の仏間の大きさに合うお仏壇をお求めください。今は従来からの定番のものや、家具調のもの、そして写真のような小型金仏壇、さらには黒檀・紫檀に杢象嵌入りのものもございます。

ご遠慮なくご相談下さいませ。

お仏壇の選び方

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く





お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換がご利用いただけます。

※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。




ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

年中無休:10:00〜18:00 (但し、お盆・年末年始を除く)

メールでのお問い合わせは、いつでも受け付けておりますが、日・祭日のお返事は翌営業日になることがございます。
※原則、日曜・祝日はお休みをいただいております。


●配送は日本郵便、もしくは佐川急便でお届けいたします。

●お仏壇等大きな商品は家財引越し便、もしくは小型仏壇の場合は日本郵便でお届けいたします。

●ご注文確認(前払いの場合はご入金確認後)の7日後発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。

●また、時間指定もうけたまわります。
指定できる時間帯は[午前中] [13:00-15:00] [15:00-17:00] [17:00-19:00] [19:00-21:00]です。
ただし、家財引越し便の場合は、地域により日時指定ができませんのでご了承くださいませ。






お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。


商品到着後7日以内。ただし、返品対象は不良品および注文商品と異なる商品を納品した場合で、商品未開封・未使用の場合に限ります。 あらかじめ弊社までご連絡ください。 返品の送料・手数料については、初期不良の場合は当社が、それ以外のお客様都合による返品につきましてはお客様にてご負担いただきます。



株式会社 熊野古道仏壇センター
〒643-0032
和歌山県有田郡有田川町天満583-2
TEL : 0120-220-719 FAX : 0737-23-7290
E-mail : 迷惑メール防止のため、「お問い合わせ」からのアドレスにてご連絡下さい。