春日部市は桐細工の街
江戸時代、日光街道の宿場町粕壁宿として発展してきました。
当時、武蔵野の台地に桐の木が多い事に気がつき 日光東照宮の造営に携わった職人さんの一部の人が 粕壁に住み着き桐細工、桐箪笥を作り始めた事が春日部市が桐細工の街として発展して来たゆえんです。
桐は日本の風土に最適な性質を兼ね備えています。
桐は火、湿気に強く衣類等のを保存するのに最適です。
ことぶきでは、桐は湿気に吸収し中身を程良く保存する性質をふまえ
桐の小箱にせんべいを詰め合せをしたご贈答商品をご用意いたしました。

桐箱入り 詰合せ 3,500円〜5,500円

1件中 11件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

1件中
1〜1件