狐月庵
台灣茶藝館 狐月庵で極上の台灣茶を本場の作法で楽しむ

当店では店主が直接台湾に行ってお茶を仕入れて来ています。
今回はその台湾中部南投県のお茶農家さんについてご案内をさせて頂きます。

そのお茶農家さんは台湾の中部にある南投県にあります。
台湾で有名な台湾茶である凍頂烏龍茶の産地『鹿谷郷』。凍頂山のある自然豊かな場所です。

台北から行く場合、台中までは新幹線がありますが、台中駅からが遠いので台北から車をチャーターして行くのがオススメです。
片道大体3-4時間程度です。
台北への帰りは混むので帰りは+1時間位でしょうか。

お茶農家さんのお名前は許さん。
出会いは2017年の事でした。
店主の父親の知り合いの台湾人の方の更に知り合いが許さんでした。
その頃、台湾茶を日本で販売したかった店主は、知り合いにお茶農家さんが居ると聞きすぐに台湾まで行きました。
そして、台北に到着。次の日の朝、車をチャーターし鹿谷郷に向け出発しました。
思いのほか混んでいて到着したのはお昼前だったと思います。
お昼ご飯も食べずに許さんにお茶を頂きました。

驚きました!それは台湾でも飲んだことの無かった味でした。
話を聞いたところ、許さんの茶葉は台湾で最大級の烏龍茶コンテストで入賞をしている茶葉という事。
今迄様々な凍頂烏龍茶を飲んでいましたが、これほどまでに違うとは衝撃でした。

その場で日本で販売をしたいという事を告げたところ、快く応じてくれました。
その後は細かな打ち合わせや茶葉の加工場など案内をしてくれ、なんと晩御飯までごちそうになりました。
筍料理で聞くところによると、鹿谷郷は筍の産地でもあるとの事。
あまり日本で筍を好んで食べていませんでしたが、鹿谷郷の筍は柔らかくて、甘くて、とても美味しかったです。
それ以来、台湾に行くたびに筍を食べる様になりました。
皆様も是非、台湾に行かれる際は筍を食べてみて下さい。
みずみずしくてとても美味しいですよ。
ただ、マヨネーズを付けて食べる事が多いのですが、台湾のマヨネーズはとても甘いです。
甘い筍に甘いマヨネーズなので、個人的には日本の酸味のあるマヨネーズで食べれればもっと美味しいと思います。

話を茶葉に戻しまして、鹿谷郷の許さんですがコンテスト入賞の他、台湾のファミリーマートで販売している烏龍茶のペットボトル用の茶葉を提供しているとの事。早速、台湾のファミリーマートで買ってみました。
日本で販売している烏龍茶と違い、ペットボトルの中に茶葉がそのまま入っています。
味が濃いのかと思いましたが、そんな事はなくとても美味しい烏龍茶でした。
青心烏龍茶と阿里山金萱茶の2種類が販売していました。
台湾に行かれる際はファミリーマートで購入してみてください。

また、珍しい凍頂烏龍茶の焼酎用の茶葉も提供しているという事です。
早速台湾に行った時に買ってみました。
名前は『八田』台湾で有名な八田興一さんの名前に由来するそうです。
販売している『一同發財有限公司』さんは色々と茶葉を試していましたが最終的に許さんのところの茶葉を選んだという事です。飲んでみたところ、飲んだ後に烏龍茶の味が口の中に広がるすっきり感がとても美味しいです。
台湾に行った際は是非、こちらも購入して見てください。

その他、皇室の方がお忍びで購入に来られたというお茶屋さんなどでも仕入れております。
そちらはまた今度、紹介をさせて頂きます。


狐月庵

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年4月

    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
  • 2020年5月

    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.