・白砂糖の害
最近では精製した物は体に負担が有ると言う事も広く知られており、
白米、小麦粉、白砂糖の「3白」は避けた方が良いと言われています。
「白砂糖」もしくは「上白糖」という白いお砂糖。
なにがそんなに良く無いのでしょうか?

絞ったサトウキビを煮詰めてできた「白砂糖」は、
精製過程で様々な化学薬品を使用して漂白し、
作られる段階でミネラル分が全く無くなってしまった、
自然界には絶対に存在しない化学物質と化しています。

白砂糖はどのように体に影響するのか。
白砂糖を取りすぎると、酸化により老化を早める原因になったり、
免役系が弱くなり、アトピー性皮膚炎、ニキビの悪化や、病気にかかりやすくなる。
メラニンよりも強いリポフスチンと言う物質が分泌され、
シミ、そばかすが出来やすくなり、
血糖値が急激に上がる事により精神不安定になったり、
体がだるくなり、疲れやすく、イライラしやすくなってしまいます。
カルシウムが含まれていない白砂糖は、
体の中で中和する為に体内の骨や歯のカルシウムを使ったり、
体内で消費する時にビタミンB1を奪い、ビタミンB1の欠乏を誘発します。
また、砂糖には習慣性、増加欲求性と言う性質が有り、
もっと食べたい!!と中毒に近い状態を生み出してしまいます。

白砂糖の害

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

営業日カレンダー

  • 2019年11月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
                 
  • 2019年12月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
  • 休業日