スニーカーの伝統的かつ、代表的な製法である、バルカナイズ製法。現在、国内でこの製法により「モノづくり」ができるのは、わずか数社となっています。 生産設備の維持コスト等を理由に、そのほとんどが、生産の拠点を東南アジアなど海外へと移しているのです。 スピングル・ムーヴは、2002年の発売以来、バルカナイズ製法で、クラシカルなシンプルテイストを基調に、随所にクラフトマンシップが生きている革靴感覚の安定性や歩き安さを兼ね備えた靴つくりを自慢として日本国内の企画・生産に、こだわり続けています。
  1. 1
  2. 2
27件中
1〜20件