伝統七百有余念、後鳥羽上皇の御晩鍛冶、即ち、刀匠の元祖とも言われるのり則宗が、作刀に菊の御紋を頂き、その下に横一文字を彫った事から、通称「菊一文字」と言われる様になりました。
その卓越した技術を基に長崎において名刀「菊一文字」と言われたその名を屋号とし、料理用、生花園芸用等諸刃物を扱い、刃物なら「菊一文字」と言われ現在に至っています。

名刀だからこそ歴史上広まった 沖田総司の愛刀は菊一文字・・・
新選組の一番隊組長沖田総司が「菊一文字」を愛刀としていたとされています。
しかし幕末期において、則宗の刀は既に国宝的な扱いを受けており大名ですら入手は難しく、到底沖田総司が手を出せる物ではないと思われます。
これは子母澤寛などの伝記により「沖田の刀は“菊一文字細身のつくり”」とされていたことから広まったものです。 

おすすめ商品

刺身包丁 出刃庖丁 菜切包丁

刺身包丁

価格:86,000円(税込)

出刃庖丁

価格:129,600円(税込)

菜切包丁

価格:86,000円(税込)