* * * * * 画材、額縁、雑貨の「風の門」* * * * *
 
画材、額縁、コピックを掲載し、商品が素早く探せる様に工夫しております。(額縁、ロールキャン等はサイズ別でも検索可能です)
コピックスケッチ、チャオは、多くの種類があり、ご希望の商品をお探しください。 通常3〜4日でお届け可能。
ホルベイン油絵の具、アクリル絵の具、水彩絵の具、アーチスト色鉛筆等の各種画材あります。 クレサンジャパン の張りキャン、 ロールキャンバス、木枠、木パネル、包張りキャンバスもお安く揃えております。
大額、ラーソンジュールの額縁、アルテのポスターフレーム、オリジンのアルフレーム(サイズ別選択可)も特価でご提供しています。
イーゼルは、クレサン、ターレンス、ホルベインの商品を廉価で、ご用意しております。
コピックスケッチ、チャオを、お手軽価格で。スケッチは、全色(358色)、144色(72A+72B)、72色(A,B,C,D,E)、36色、24色、
24色イラストセット、12色セット(旧タイプ全種)、コピックベーシックセット(36、24、12A,B,C)をご用意しました。
お納めは、お手頃価格のケースなしセットと、ケースあり(Tooラベルなし)をご用意し、36色、24色、12色ケースで、お納めしております。
 コピックチャオは、全色、144、72A、72B、36A、36B、36C、36D、36E、24、12、12色スタートセットをご用意しております。
*ユアーズサイトでポイントを使用してコピックのお買い物ができます
   
  1. 画材 額縁 コピックの風の門 >
  2. サイズ別デッサン額
水彩について 優しさあふれる風合いと、美しい発色が魅力の水彩画。難しいようなイメージがありますが、実は初心者でも簡単に始めることが出来ます。 水彩画を描くときに使用するのが水彩絵の具です。水で溶いて使うのが特徴で、その起源は古代にまでさかのぼります。テンペラ画、フレスコ画、アクリル画、日本画等で用いられています。 水彩絵の具には、「透明タイプ」と「不透明タイプ」があります。2つのタイプの違いは、水溶性樹脂や顔料の配合量です。透明タイプは水溶性樹脂の量が多いので、塗った表面がフラットになります。一方、不透明タイプは水溶性樹脂が少なく、デコボコとした表面になります。 半透明タイプと不透明タイプの主な特徴をご紹介します。 ■ 透明水彩(ウォーターカラー) その名の通り透明感のある発色が特徴。 水の量を調節することで、濃淡、塗りムラ、にじみ等の多彩な表現が可能です。色を塗り重ねることで、どんどん違う色に変化していきます。かといって色がにごることもなく、透明感のある美しい発色になります。 風景や人物、生物をリアルに表現したいときに向いているでしょう。塗り重ねのコツを覚えれば、色彩豊かな絵が描けるようになります。 ■ 不透明水彩(ガッシュ) 不透明調の発色で、塗りムラが出来にくいです。 水の量が多くても不透明なままなので、鮮やかな発色をキープします。下に塗った色を覆い隠すため、失敗しても色を塗り重ねることで修正が簡単に出来ます。ポスターカラーも、この不透明タイプに含まれています。 失敗をおそれることなく、自由にのびのびと描きたい方にぴったりです。 ■ 半透明水彩 半透明タイプと不透明タイプ、それぞれの特徴を兼ね備えています。 水の量を多くすると透明調に、少なくすると不透明調になります。1950年にサクラクレパスが開発したもので、小中学校の教材として用いられています。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7