茨城県立太田第一高校という創立110年を迎えた伝統校が我が高校の母校。父親が太平洋戦争の銃弾と荒波をかいくぐって帰国して生まれた団塊世代第一号が我らの学年。その還暦を祝い合う同窓有志会を2007晩秋、阿武隈の山の宿を貸し切って実施した。私も幹事団の一員だった。他の幹事二名が仲間のために宿の女将と決めた記念品があった。 小首をかしげた可愛いフクロウだった。ふくろうは「不苦労」、福籠(福を籠にたくさん詰め込む)、福老(豊かに年を取る、不老長寿のお守り)幸せを呼ぶ鳥、また、知識や知恵、優れた判断力をもつイメージの鳥です。 海外では「学芸と知性をつかさどる鳥(ギリシャ神話)」 「先見の明を持つ賢い鳥(イソップ物語)」 などのほか、西洋では「知恵と信頼のシンボル」、韓国においては、「招福の神」です。
私も、我が家の居間に置いて、朝に夕にお目にかかっていましたら私の人生に大きな変化が現れました。それも次から次に良いこと・嬉しいことが相次いでいます。まずはクマコという捨て犬との出遭い、彼女との朝の散歩1時間と両親への墓参は私の健康法にもなりました。(川又薬局ホームページトップ画面中ほどの「クマコ物語」に詳しく書いています)。クマコと巡り合った我が娘は配偶者に恵まれて2009年早春、私どもに初孫が誕生した。友との友情の輪はますます深まり、かつ広がって、「人生これからだ!」の歌も誕生、60歳から90歳という人生第三期の新たなマイドリームも芽生えた。また黄門さまの健康茶・双和元気湯もリニューアル発売になりました。
昔、幸せの黄色いハンカチという映画がありました。人と人との純な愛、人生というものの崇高さを描いた名作だった。私が住み創業410年を突破した私ども川又薬局がある茨城県北は、実は日本列島最古の地形といわれ、古くから金銀銅宝石の山の上に位置し、生態系も南限北限境目の立地にあります。 大きな幸せをもたらす「幸せの茶色いフクロウ」を縁ある皆様にもお裾分けしたい、今幸せな方はより一層のご多幸と健康を手にして欲しい、と思い、手づくり生産数に限りあるにもかかわらず、作家の熱いご協力を得て限定頒布させて頂きます。「焼き木」という世界に類例を見ない、日本初の手作り手法の貴重な「焼き木フクロウ」は、必ずやあなたと、あなたの親しき人々に信じられないような幸せを運んでくれる幸せの茶色いフクロウです。茨城県北の森に棲む創作作家があなたへの祈りと気を作品に傾注して制作しています。

当主のお裾分け・「幸せの茶色いフクロウ」

6件中 16件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

6件中
1〜6件