補聴器と集音器の違い

補聴器は医療機器に認定されており、非課税となります。
補聴器と名乗るものはJIS企画などに基づいて厚生労働省に届出許可を得ており医療機器番号があります。
また、補聴器を販売される際に管理医療機器販売管理者の設置と保険所に届け出が必要になります。

現在はデジタル補聴器が主流で周波数単位(低い音〜高い音)まで細かく調整できる機種が多いです。
従って装用者の聞こえ方に合わせて、聞こえが良い周波数帯は抑え、聞こえが悪い周波数帯は増幅するというように細かい調整が可能になります。
また、騒音などを抑制してくれる騒音抑制機能や不快なピーピー音を抑えるハウリング抑制機能が搭載された商品が多くなっております。

 ・・・ 補聴器 本体一覧

一方集音器は医療機器ではありません。
届け出や認定を受ける義務がありませんので、集音器は値段が安い粗悪な商品なども数多くあります。
しかし快聴生活ではデジタル集音器で高性能な商品を厳選しておりますので、重要な会議の時だけ、講義や授業中だけなど、短時間聞きたい時に便利な商品になります。

 ・・・ 集音器 本体一覧