難聴について

難聴の種類は大きく分けて3つあります。
下記の耳の構造の図を参考にご説明いたします。

耳の構造

1.伝音性難聴

外耳と中耳の障害によって起こる難聴のことを伝音性難聴といいます。
これらの部分は音を内耳に伝達する働きをするのですが障害が起きてしまうと音が伝わりにくくなります。
治療によって治る可能性はありますが、補聴器が役に立つ難聴と言えるでしょう。

難聴レベル 軽中度まで
代表的な病気 鼓膜の奥の中耳に、液体が溜まってしまう滲出(しんしゅつ)性中耳炎や、慢性的な炎症が起き鼓膜に穴が開いてしまう慢性中耳炎などがあります。

2.感音性難聴

感音性難聴は伝音性難聴と違い、音を感じる部分の障害です。
内耳やその奥の蝸牛神経、脳の障害で起きますが、大半は内耳の障害と言えるでしょう。
感音性難聴の原因で多いのは加齢によるものです。
現段階では治療法は無く、補聴器は役には立ちますが、正常な状態にはならないでしょう。

難聴レベル 高度な難聴
代表的な病気 加齢による難聴として高音域から聞こえが悪くなる症状があります。
他には仕事などで大きな音の環境にいることで騒音性難聴やロックやコンサートなどで強大な音の環境にいることで急性音響性難聴などあります。
また、突然に聞こえが悪くなる突発性難聴もあります。

3.混合性難聴

混合性難聴とは、伝音性難聴と感音性難聴が混在している難聴です。
障害の比率により、混合性難聴であっても違った性質になります。

難聴レベル 高度な難聴
代表的な病気 慢性中耳炎や耳硬化症などあります。

このように代表的な3つの難聴がありますが、聞こえがおかしいと思ったら耳鼻咽喉科の医師に相談してください。