神棚の事なら「神棚の山丸」オリジナルの高級神棚板ワンランク上の箱宮神棚が人気です。
「神棚の山丸」トップページ 「神棚の山丸」の決済方法です! お買い物かごを見る! 「神棚の山丸」の会社概要です! 「神棚の山丸」プライバシーポリシー 「神棚の山丸」へメールでお問い合わせ!
神棚の山丸、キーワード オリジナル神棚板コーナーへ オリジナル箱宮神棚コーナーへ 神棚セット コーナーへ 木曽ひのき神棚コーナーへ


  1. 神棚の山丸 >
  2. 神棚について・神棚の...
★ 神棚の祀り方 ★

神棚の山丸が厳選の神棚・神具をお届けいたします。




↓↓ 神棚について・神棚の祀り方 ↓↓


■神棚 について■
神棚をまつるのは家を新築したときや、事務所をオープンしたとき等々が多いと思います。
自宅・会社にいながら神社への参拝をすると同じ意味をもつ、いわば自宅・会社の小さな神社です。
神棚をお参りすることで、毎日の生活への感謝の気持ちや願いごとを、御神札(お札)を通して神様
にお伝えし、日々そのご加護をいただいております。
神棚は家庭における祭祀の中心的な場所として、気持良く礼拝できるような場所にお祀りしましょう。
■お祀りに必要な物■
地方により多少異なりますが一般的には
神棚本体(お社)・白皿(米、塩)・瓶子(御神酒)・榊立(さかき)・神鏡 等が必要なものです。
その他、ローソク、灯籠、鳥居、賽銭箱を置く場合もあります。
■神棚 の祀り方■
【設置場所】
 神棚は明るく清らかなところで、南向きか、東向きがよいでしょう。
 アパート・マンションなど神棚の上に上階部屋があり神棚の上を人が通る場合は、神棚の上(天井)
 に「雲」と書いた紙を貼り神棚の上が空であるとしてお許しいただきます。
【お神札の祀り方】
(三社造り)
 お神札は中央に神宮大麻(天照大御神)、向かって右に氏神さま、向かって左に崇敬する神社の
 お神札をお祀りください。
※下図の説明を参考にして下さい。
(一社造り)
 横に並ばない場合は、手前より神宮大麻、氏神さま、崇敬する神社のお神札を重ねてお祀り下さい。
※神棚に入りきれない大きなお札(ご祈祷でいただいた木札や箱札など)は、神棚の外側に
 たてかけるようにしてお祀りします。
【拝礼について】
 神棚には、米・塩・水などをお供えして拝礼します、榊は枯れないように注意しましょう。
※毎日換えたいのですが、榊・米・塩・水・お神酒は準備できる範囲でかまいません。
 御神酒・季節の初物・お土産等は、その都度お供えし、感謝をこめて、のちほど頂戴します。
 拝礼の作法は、二拝・二拍手・一拝です。
【お神札の納め方】
 一年間お守りいただいた古いお神札は、感謝をこめて、氏神さまに納めましょう。
【米・塩・水・榊・御神酒のお供え方】
※下図の説明を参考にして下さい。



お神札の寸法です(ご参考にして下さい。

【桧材の種類】
■木曽桧
 岐阜県北部から長野県の木曽山系の国有林で産出された国内最高級桧。
 年輪が非常に細かく白色の木色が特徴で特有の香りがあります。
 ※樹齢300〜400年

■東濃桧
 岐阜県・東濃地区で産出された桧で植林された桧では最高クラス。
 年輪が細かく木曽桧には劣るものの上級の桧です。
 ※樹齢50〜60年

■美作桧
 標高千メートル級の山々が連るなだらかな中国山地の南斜面に位置しており、
 良質の木材を産出する母体となっております。
 ※樹齢30〜50年

神棚について・神棚の祀り方

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く