商品紹介

かぼちゃん農園について

八ヶ岳山麓の自然が生んだ美味しさ

東京から約2時間、八ヶ岳の裾野にある富士見高原。季節ごとに色鮮やかな山野草が咲き競う、標高1000mの大自然のなかに「かぼちゃん農園」はあります。

日本一の赤いルバーブの産地である長野県・富士見町で、国内有数の年間出荷量を誇る「かぼちゃん農園」は、赤いルバーブの専門農園として約2,000株を栽培。

“欧米でルバーブが古くから食卓の必需品とされてきたように、日本でも暮らしのなかに根付いてほしい”という想いから、赤い生ルバーブはもちろん、赤いルバーブジャムや業務用ルバーブピューレなどを製造、販売しています。

かぼちゃん農園地図

新鮮な朝どりのルバーブを全国へ直送

新鮮な朝どりのルバーブを全国へ直送

「かぼちゃん農園」は、有機肥料を主体とした減農薬の栽培で長野県エコファーマーの認定を受け環境にやさしい農業を行っています。赤いルバーブは富士見町特産品として地元から愛されるだけでなく、朝どりの新鮮なルバーブを全国各地に直送しております。また、収穫体験には、県内外からたくさんの人が訪れます。

「かぼちゃん農園」のルバーブは、都内のスーパーマーケットやデパートでお取り扱いを頂いているほか、有名パティスリーでケーキやタルトに使われるなど、パティシエからも絶大な信頼が寄せられています。

秋には、真紅のような深い色合いになる赤いルバーブ。

茎の先には、楕円形の大きな葉が広がります。

ルバーブについて

春の訪れを告げる野菜、ルバーブ

ルバーブは、シベリア南部原産のタデ科の多年生植物で、「青いルバーブ」と、「赤いルバーブ」があります。赤いルバーブは高原地帯でないと栽培できない希少種で、セロリーやレタスなど高原野菜の産地として名高い富士見高原の気候に、まさに適しているといえます。

欧米諸国では広く栽培されていますが、特にイギリスでは、春の訪れを告げる花がスノードロップなら、春の訪れを告げる野菜はルバーブといわれるほど。自宅の庭に育つルバーブの茎を摘んで、そのさわやかな酸味と鮮やかな色合いを楽しむのです。

雪解けの頃に芽生えるルバーブは、春から秋にかけて収穫されます。春のルバーブは、酸味が強くみずみずしさにあふれていて、秋になって気温が下がると赤い色が際立ち、酸味もやわらかくなります。春のみずみずしさと、秋の赤。年に2回の旬があることが特徴です。

春の訪れを告げる野菜、ルバーブ

独自交配の新種「ふじみるびー53」

日本での栽培は、昭和初期にカナダ人宣教師が長野県・野尻湖畔にある国際村を訪れた際、当時の貧しかった農家を救うため、カナダから持ち込んだルバーブの栽培を、野尻湖畔のまち、信濃町の農家にすすめたのが始まりとされています。

「かぼちゃん農園」は、青いルバーブと赤いルバーブの栽培だけでなく、この信濃町産の青いルバーブと従来の赤いルバーブを独自に交配。希少なルバーブの新種「ふじみるびー53」は、香りがよく風味と歯ごたえがあり、酸味が優しく、加熱すると美しいルビー色になるのが特徴です。

独自交配の新種「ふじみるびー53」

会社概要

  • 社名

    株式会社 かぼちゃん農園

  • 住所

    〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見9052 【地図】

  • 代表

    代表取締役 五味 一典

  • 設立

    2013年12月(創業2004年4月)

  • 資本金

    300万円

  • 主な取引企業

    ナショナル麻布、三浦屋、日進ワールドデリカテッセン、
    東急百貨店、シニフィアン シニフェイ、八ヶ岳倶楽部、
    長野県観光機構、東京青果 など

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年8月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

Copyright(C) 2020 KABOCHAN FARM

プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.