Jita
JITAコレクションオフィシャルYahoo店
 
  1. JITA >
  2. ファッション > 
  3. イカット

イカット
18000余りの島々からなるインドネシアには、200以上の異なった言語を話す民族が住んでおり、それぞれの地域性、独自性によるイカット布が受け継がれてきました。 それぞれの民族にとってこの布は衣類としては勿論の事、冠婚葬祭時の儀礼用としても、大きな役割を果たしてきました。豪華な布を所有することは社会的地位をあらわし、先祖代々受け継がれ、家宝として大切に保管されてきました。 現在、機械生産されたものは、多く出回っておりますが、ここにご紹介させていただくものはすべて手作業で作られたイカットです。綿を紡ぎ、紡いだ糸を機にかけ、糸をすこしずつ括り天然染料で染め、それを乾かした後、括った糸を解くという作業を何度も繰り返し最後に織り上げて模様を描き出します。長い工程を経て織られるイカットは数年かかってやっと一枚を織り上げることができる貴重なものです。

今や、手に入りにくい本物イカット
お部屋でのイカットの使用例

壁に掛けたり、棚上などのクロスやテーブルクロス、ベッドカバーなどに使って頂けます。
木の棒やイカットハンガーなど使って壁に吊るすと雰囲気のあるお部屋になります。

インドネシアの伝統的手織り布

インドネシアの伝統的手織り布であるイカットはマレー語のしばる又はくくるという意味です。イギリスでは布の完成品又はそプロセスを現す言葉として使われました。モチーフを縦糸にもほどこす縦織り、モチーフを横糸にほどこす横織り、縦糸横糸の両方にモチーフをほどこし織りながらモチーフを整えて生み出していくダブルの3種類の織り方があります。全てのくくりとそれに続き染色作業は糸が織られる前に行われます。民族の信仰などにより、島や村ごとに特徴のあるデザインと織りがあります。
ヌサ・トゥンガラ列島の島々(フローレス島、スンバ島、レンバダ島、ティモール島)はインドネシアの伝統的手織り布(イカット)が有名です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
75件中
1〜20件