1. 雨畑硯(29)天然硯 【桐箱入り】天然石の風合いが楽しめる
飯島紙店 〈iijima-e-shop〉
−こだわりの書道専門店−  
掘り出し物を見つけてください♪      
  1. 飯島紙店 e-shop >
  2. 硯(国産・雨畑硯) > 
  3. 雨畑硯(29)天然硯 【桐箱入り】天然石の風合いが楽しめる

雨畑硯(29)天然硯 【桐箱入り】天然石の風合いが楽しめる

  • 価格 216,000円(税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 2,160ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと10倍

    12,160ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    12,160ポイント(10倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    5,000ポイント(+4倍)
    詳細を見る
    ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
    5,000ポイント(+5倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    2,160ポイント(1倍)

    通常ポイント
    2,160ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

数量

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

雨畑硯(29)天然硯 【桐箱入り】天然石の風合いが楽しめる

閉じる

再入荷通知設定

商品説明

天然石の形を活かした
味のある逸品です。
石の目も大変美しいです。
なお且つ、
『ねずみあし』
という、
雨畑硯では最高クラスの
硯にある模様が見られます。
この『ねずみあし』
のある石は大変貴重ですので、
「これは!」
と思われた方は
お求めになる良い機会であると
思います。
また、
桐箱入りなので
ギフトにも、もってこいです。




ここで、雨畑硯(あまはたすずり)のご紹介。


雨畑硯は、
江戸時代の元禄年間に
富士川の支流である早川の上流において
その河原で黒一色の石を見つけた先人が
これを加工し
硯として使用したのが始まりであると伝えられています。


以来、
雨畑硯の名声は中国硯にも勝る良石として
文人墨客の間でもてはやされてきました。

こんなにも多くの人々に
この雨畑硯が愛されてきた理由は何でしょうか?

それはこの硯の特徴が、
硬すぎず、柔らかすぎず
墨をおろすのに適度な鋒ぼう
(簡単に言うと大根おろしをおろす時に使う
 おろし金の凹凸みたいなものです。)
に富み、墨おりが大変良いことにあります。

このことについて、
硯匠の 雨宮 峯硯さんは

『石が灰岩のように柔らかい石ですと
使っていくうちに硯がへこんできてしまいます。
つまり、石まで削っていることになるんですね。
また石が硬すぎますと、
極端にいえば、ガラスの上を墨でこすっている
ような状態になり、
なかなか墨がすれないといったことになってしまいます。
その点、雨畑の石はちょうどよい硬さの石ですね。』

とおっしゃっています。


硯匠の
『雨宮 峯硯』さん
をご存じないという方に
このこだわりの職人さんのご紹介をいたします。


雨宮 峯硯さんは、
代々硯職人をされている彫りもとの後継者のお一人で
この彫りもとさんとは、当店としては祖父から
三代にわたってのおつきあいです。

この雨宮 峯硯さんがすごいのは


2009年の『現代の名工』


に厚生労働省から認定されていることです!
すごいことですね!


『現代の名工』
硯匠の『雨宮 峯硯』さんのお話によると、
どんな硯も、のみだけで彫りあげていくそうです。
仕上げに使う”砥石”は一つ数万円〜数十万円だとか。
職人さんの道具ってすごいですね。
ちなみにノミを作る職人さんも減ってきているとのことです。
何から何まで貴重な雨畑硯ですね。


先日、
雨宮 峯硯さんの工房を訪問した際に、
お仕事の様子を見せていただきましたので、
その時の写真をアップしておきます。


書道をやっていれば、
誰もが手にしたい硯の一つある雨畑硯。
さらにその中でも、
『現代の名工』
雨宮 峯硯さんにいたるまで、
連綿と継承されてきた
珠玉の硯匠の技で造り込まれた雨畑硯。
この匠の技の結晶である雨畑硯を手にする感動を
味わってみませんか?


硯サイズ
縦×横×高さ(mm)
155×120×24

おすすめ商品