ストゥポル・ムンディ オリーブ油

ストゥポル・ムンディ オリーブ油

5点1件の商品レビュー

酸度0.1%台の、まさにオリーブのジュースと呼ぶにふさわしいオリーブ油。
フルーティで繊細、まろやかな風味はイタリア料理はもちろん、和食とも好相性です。

原材料:食用オリーブ油
内容量:250ml(229g)

¥2,700税込 /

東京都は送料1,200円

このストアで20,000円以上購入で送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 イタリア屈指のオリーブ油のスペシャリスト、ブレンダーであり、スローフード食科学大学などで講師も務めるクリスティアーノ氏が、イタリア全土の100以上のオリーブ油生産者から、その収穫年で最上の品を厳選してブレンド。

通常、オリーブ油の酸度はラベルに表記義務がないのでなされませんが、酸度が0.2〜0.8%におさまっているものが、エキストラヴァージンオリーブ油として認証されています。
オリーブ油を酸化させないよう、いかに絞るかがフレッシュさの要ですが、まず、オリーブの実を収穫する段階において、手作業で実を傷つけないよう櫛を使い枝から実を優しく摘み取ります。
その後、数時間以内にオリーブはペースト状にされ、遠心分離機にかけて水分、固形物、油分に分けられます。その油分がオリーブ油です。
ペーストにした段階で熱を加えると、同じ量のペーストからでもオリーブ油をより多く採取することができます(油分は熱で溶ける性質があるため)が、熱を加える事でオリーブは酸化し、フレッシュさは失われてしまいます。
より美味しく、新鮮なオリーブ油を提供するため、全工程で熱が加わる事がないように徹底されたクオリティの高さ。味わいがそれを証明しています。

こうして出来上がったオリーブ油の酸度は0.1%台で、エキストラを超えた素晴らしくフレッシュな味わい。イタリア料理以外でも、湯豆腐にこのオリーブ油と粗塩だけ、サラダのドレッシングにお醤油と合わせたりと、和食とも調和する穏やかな味わいと香りです。

開封すると酸化が進みますので、もったいないとしまい込まず、フレッシュな味わいのうちに使い切ってください。