グラサ・デ・コトナリ2005【ルーマニア・甘口の貴腐ワイン】
  • グラサ・デ・コトナリ2005【ルーマニア・甘口の貴腐ワイン】
  • グラサ・デ・コトナリ2005【ルーマニア・甘口の貴腐ワイン】

グラサ・デ・コトナリ2005【ルーマニア・甘口の貴腐ワイン】

5点2件の商品レビュー

伊勢丹新宿店 Vins et Voyages〜世界を旅するワイン展〜において7位の売上を記録しました!

ワインの名声
「この高貴なるワインはモルドバ(ルーマニア北東部)国王の飲み物だ。飲みすぎると毒だが、これを飲むと心にパワーを肉体に美をもたらす。」ルーマニアの著名小説家ミハイル・サドベアヌの引用(1936)

「ワインの女王」としばしば呼ばれるグラサ・デ・コトナリは、ルーマニア国内外で最も高貴で甘いワインとして飲まれています。
グラサ(grasa)は"肥えた"という意味をもつルーマニアの固有品種でハンガリーの貴腐ワイン"トカイ"に使われるフルミントに近い品種です。

2005年ヴィンテージは、2007年に比べ甘みが強く熟成により酸味が穏やかになり、よりブドウ本来の味を楽しむことができます。

ルーマニアの等級表示原産地管理呼称の最上級であるRom. D.O.C.C.ワイン

¥2,100税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 収穫は貴腐若しくは干しブドウ状になるまでまつ。色は緑がかった黄色。時が経つにつれ緑青がかった黄金色に。琥珀色になることもあり、秋のブドウの木のつるを思い出させる。
アロマはドライアプリコット、または蜂蜜を連想させる。 複雑な味は、レーズンの甘さとアーモンドの濃厚な風味をブレンドしたウォールナッツの果肉を思い出させる。オーク樽で2年以上熟成の後、ワインセラーにて二次熟成する。

ヨーロッパの王侯貴族にも愛された伝統の産地
コトナリワイナリーについて

隣の国ハンガリーのトカイのフルミント種に近いグラサ、タミオアサといった自品種をつかったワインは、 貴腐ワイン特有の風味で長い間人々を魅了してきたワインです。

コトナリワイナリーはヨーロッパのブドウ栽培地域の北限に位置しますが、南向きのなだらかな斜面と適度な日照によりブドウ生産に適しているとされ、その恵まれた環境下で培われた醸造技術はルーマニアの伝統として長い間大切に伝えられてきたものです。