1. HIRYU >
  2. 野菜 > 
  3. 還元力(抗酸化力)のある無農薬野菜セット 酵素玄米菜食レシピ付き! 還元力測定済・放射性物質検査済

大きな画像を見る

現在1人がカートに入れています

還元力の高い無農薬の野菜を10品詰め合わせたセットです

還元力(抗酸化力)のある無農薬野菜セット 酵素玄米菜食レシピ付き! 還元力測定済・放射性物質検査済

全国の旬の野菜を10品詰め合わせた、飛竜オススメの宅配ボックス。

もちろんすべて、無農薬・無化学肥料の厳選した野菜たちです。

野菜は、そのとき旬の野菜やお勧めの野菜を飛竜で選んでお送りします。

今旬のお野菜をお楽しみください。

珍しい野菜よりも、普段使いやすい野菜を中心にお送りします。


価格 3,200円 (税込)

東京都は送料1,290円

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

32ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

320ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

320ポイント (10倍)

期間固定Tポイントを含む

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
128ポイント(+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
160ポイント(+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

32ポイント (1倍)

期間固定Tポイントを含む

通常ポイント
32ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

ヴィーガンレシピを希望しますか?

数量

09/22〜09/26の間に発送予定

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

国産 無農薬野菜だけを詰め合わせた野菜セット。

全国の生産者さんたちが大切に育てた農薬不使用、化学肥料不使用の野菜です。

甘みの強いにんじん、しぼり汁に抗癌作用の強いじゃがいも、皮でお茶を作るのがおすすめな玉ねぎなど、飛竜おすすめの野菜を10品お送りします。

無農薬野菜だけでお料理を作りたい方、無農薬野菜の味をいろいろ試してみたい方、普段から無農薬野菜しか食べない方。

また、癌(ガン)やアトピーなどで食事療法をされている方にもぜひ食べて頂きたい、無農薬野菜セット、有機野菜、オーガニック野菜のセットです。

■箱サイズの目安 約45.0cm×29.5cm×22.0cm(10kg箱)
※サイズはあくまで目安になります。

閉じる

再入荷通知設定

この商品のカテゴリ:

  1. 食品
  2. 野菜
  3. 野菜詰め合わせ

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する




公開されている商品情報は一例です。
販売状況と入荷状況に準じて、商品は変更されています事を御理解の上、御注文願います。
以下商品タイトルをクリックすると各商品ページを閲覧する事ができます。

かぼちゃ1/2玉
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP-130mV、pH7.00、糖度13.9%、放射性物質検査済

原木生しいたけ 100g
静岡県産 無農薬・無化学肥料 原木栽培
ORP−35mV、pH6.39、糖度13.6%、放射性物質検査済

じゃがいも(キタアカリ)500g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP-20mV、pH6.38、糖度5.3%、放射性物質検査済

ピーマン 300g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP-7mV、pH5.81、糖度4.3%、放射性物質検査済

小松菜 200g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP+12mV、pH6.48、糖度7.8%、放射性物質検査済

玉ねぎ 500g
神奈川県産 無農薬・無化学肥料
ORP+19mV、pH5.53、糖度8.4%、放射性物質検査済

ボニータトマト500g
山梨県産 無農薬・無化学肥料
ORP+39mV、pH4.65、糖度6.8%、放射性物質検査済

泥付き人参 500g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP+53mV、pH6.59、糖度7.6%、放射性物質検査済

ごぼう 500g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP+84mV、pH5.86、糖度18.2%、放射性物質検査済

里芋500g
千葉県産 無農薬・無化学肥料
ORP+186mV、pH6.36、糖度7.7%、放射性物質検査済

※各野菜の詳しい情報は、クリックして商品ページをご覧ください。



HIRYUでは青果の酸化還元電位を測定しており、その測定結果では、かぼちゃは還元力(抗酸化力)トップクラスの野菜です。
また、3つ揃うことで抗酸化力の相乗効果を発揮するビタミンA・C・Eが豊富です。
かぼちゃのタネは、炒って食べると前立腺肥大の防止や喉の痛みにも効果があると言われています。安心な無農薬かぼちゃのタネをご利用ください。

食べる薬とまで言われるほど様々な薬効の期待される椎茸は、免疫力を上げ、化学療法や放射線療法の副作用を取り除き、強力な抗腫瘍・抗ウィルス・抗菌・抗炎症・血中コレステロール低減、血圧降下、血糖値低減、低血糖抗酸化作用をもちます。
さらに最近では、椎茸エキスに虫歯菌の繁殖抑制効果があることがわかりました。
酸化食品である加工食品や精製食品を多く摂る方は口内環境がわるく、虫歯菌たちが活発になりやすい状態ですので、HIRYUの原木椎茸を食べて口内菌を改善し、大切な歯の健康を守りつつ、体を還元して病気しない体づくりに努めましょう。

でんぷんが抗酸化ビタミンCを覆っているため、ジャガイモ中のビタミンCは加熱調理しても壊れにくい特長があり、また、ジャガイモに含まれる「パタチン」という独特なタンパク質が脂質を分解する酵素作用をもち、更に抗フリーラジカル活性(抗酸化活性)をもつため、体内の酸化を防ぎます。
皮を除いてしまうと、でんぷん質だけになり、血糖値が上がりやすくなるので、皮ごと丸ごと食べる習慣にしてみてください。

ピーマン100gには、体内でビタミンA に変換されるβカロテンを1日の摂取目標量の約50%、ビタミンCを1日の摂取目標量の約80%含むだけでなく、ビタミンEも多く含むため、ビタミンACE(抗酸化作用の強力な3つのビタミンをまとめてビタミンエースと呼びます)の相乗効果を発揮し、非常に強力な抗酸化作用を示します。
さらに、抗酸化力をもつファイトケミカルが24種類見つかっており、心血管疾患、肥満、血糖調節に関連する疾患を含む慢性疾患のリスクを軽減することが期待されています。

「天然のマルチサプリ」と呼ばれるほど様々な栄養素を豊富に含んでおり、βカロテン、ビタミンC、鉄分、葉酸、カルシウムなど美容と健康に効果のある成分が多い、女性に嬉しい野菜です。
特にカルシウムは牛乳以上に含まれており、野菜の中でもトップクラスです。
またホウレン草に多く含まれるシュウ酸が小松菜にはほとんどないため、新鮮なものは生のまま食べられると言われています。

意外と知られていませんが、実はタマネギに含まれている総ポリフェノール量は、ニンニクやネギなど同じアリウム属の野菜よりも高いだけでなく、トマトやニンジン、赤ピーマンよりも高いことが分かっています。
毎週タマネギを数回摂取すれば、いくつかの種類の癌のリスクを統計的に低下させるのに十分であろうと考えられており、結腸直腸癌、喉頭癌、および卵巣癌の場合、週200mlから1400ml分のタマネギの摂取でリスクを軽減することができると期待されます。

「抗酸化物質の宝庫」と言われるトマト。
3つそろうことで抗酸化力の相乗効果を発揮するビタミンA・C・Eのほか、有名な抗酸化物質であるリコピンを豊富に含んでいます。
リコピンは油と一緒に摂取することで吸収率が増すことは広く知られていますが、2018年5月に発表された最新の研究では、そこにニンニクと玉ねぎを加えることでさらにリコピンの吸収が良くなることが判明しました。
また、夏はビールなどお酒の消費が多くなる季節でもありますが、生搾りトマトジュースや生のトマトサラダを先に食べてからお酒を飲み始めることで、アルコール分解率が30%上がるというデータもあります。
タキイ種苗の調査している「好きな野菜」ランキングでは9年連続1位にトマトが選ばれており、効果・効能だけではなく味にも優れた、子どもから大人まで広く人気の高い野菜です。

"カロテン"という言葉の語源にもなっている人参は、その名の通りβカロテンがトップクラスの野菜です。
アメリカ国立癌研究所は、天然の抗酸化物質として癌予防に有効な野菜40種類を3群に分けたピラミッド「デザイナーフーズ計画」を公表し、その1群にニンジンが選ばれており、1日6mgのβカロテンの摂取が癌予防になるとしていますが、この条件を満たすために必要な1日のニンジン摂取量はたった100g未満でよいことになります。
また、ドイツの医学博士マックス・ゲルソンが考案した、癌などに効果のある食事療法"ゲルソン療法"にも人参は必需品であり、人参ジュースが広まっています。
HIRYU式酵素玄米菜食では、酵素玄米御飯だけでは足りないβカロテンを、毎日少なくとも100gのニンジンを摂ることによって補給することを推奨しています。

ゴボウを水にさらしたり、牛蒡茶にすると茶褐色になりますが、これは汚れではなく、抗酸化作用があるポリフェノール(タンニン、フェノール、クロロゲン酸)です。
苦みやえぐみの原因であるアクとも呼ばれ、水にさらしてアク抜きをすることも多いですが、最近の調理方法では抗酸化作用のあるポリフェノールが流出してしまうのでゴボウのアク抜きをしない事をすすめている傾向にある反面、ポリフェノールはキレート反応により鉄分の吸収を阻害するとあります。
ゴボウの栄養素で言えば、ポリフェノールもさることながら、骨をつくるカルシウムとマグネシウム含量が多い事に注目し、HIRYUではタワシで洗った後に、切ったゴボウを更に軽く洗い、ポリフェノールを酸化させずに即調理に使用しています。

里芋の栄養と言えば、ヌメリ成分に多く含まれています。このヌメリ成分は、ムチン(糖タンパク質)、マンナン(多糖類)、ガラクタン(多糖類)、という成分で、脳細胞の活性化、癌細胞の抑制、免疫力の向上、動脈硬化予防があるとされています。そして、他の食材と比較して圧倒的に含有量が多いのが、余分なナトリウムを排出し、高血圧やむくみを防止してくれるカリウムです。 抗酸化作用のあるビタミンEも豊富であり、また食物繊維もたっぷり含まれているため消化も良く、大腸癌の予防にも効果があります。 胎児の正常な成長に効果のある葉酸は、貧血にも効果のある女性に嬉しい成分です。また、皮にはポリフェノールの一種のリグナンというファイトケミカルが含まれており、抗酸化力に優れ、生活習慣病や老化の予防に効果があります。 煮物なども皮ごと食べられますが、少し食べづらい場合には素揚げすると食べやすくなります。せっかくの無農薬なので、ぜひ栄養豊富な皮ごと食べてみて下さい。


商品説明




糖質制限食をされている方にもおすすめの低GI食
精白米は「米が白いと書いて粕(かす)」と読む通り、ビタミンやミネラルなど95%の栄養素を失った殆どがデンプン質です。
デンプンは体内で分解され、エネルギーとなりますが、余分なブドウ糖は脂肪になり、過剰な摂取は病気の原因となります。
その健康目安の指標とするのがグライセミック・インデックス(GI)値です。
GI値とは、ブドウ糖50gを摂取してからの血糖値を2時間測定し、血糖変動曲線を描くグラフ面積を100%とした場合に被験食品のグラフ面積が何%あるかという数値であり、64%以下は低GI、65~82%は中GI、83%以上は高GIに区分されます。
パン(フランスパン93、食パン91)や麺(うどん85、ラーメン73、パスタ65)、ジャガイモ91など主食とされる炭水化物はすべて糖質に変換されるので、どうしてもGI値が高いので太りやすく、更に日本人は膵臓のβ細胞機能が弱い傾向があり、インスリンを分泌する能力が欧米人の約半分とされる人もいるので、高GIの過食が続くと、血糖上昇の度合いに合わせ、ほぼ比例して分泌されるインスリンが枯れてしまい、糖尿病を始め色々な病気を発症させてしまいます。
HIRYUが推奨する酵素玄米菜食は、急激な血糖値上昇・降下による血糖値スパイクを引き起こさないので、糖尿病や糖質制限中の方にも継続していただける食事内容です。

無農薬の新鮮な旬の野菜や果物でなければならない理由
「ゲルソン療法」で有名な、「ガン食事療法全書」の著者であり、医学史上の大天才と呼ばれたドイツの医学博士のマックス・ゲルソン(1881-1959年)は、農薬や除草剤、化学肥料など化学物質は解毒作用を担う肝機能を低下させるとし、これらを使用しない新鮮な旬の高カリウム・低ナトリウムの野菜を食する事をすすめています。
しかし、有機JASの場合、許容農薬の使用が認められています。
無農薬表示の場合、栽培の曖昧さがあります。
隣接している生産者が農薬を使用していれば農作物は汚染されます。
放射性物質や光化学スモッグ、中国からのPM2.5や黄砂など環境汚染による化学物質も農薬同様です。
農薬・化学肥料・除草剤など化学物質が使用されたか否かを消費者が判断することはできません。
残留農薬検査項目は800以上あり、検査確認するのも非現実的です。
HIRYUでは、酸化還元電位を測定することで安全性を対策しています。
化学物質が使用された農産物は酸化イオンを含有するので酸化傾向にあります。
酸化とは、細胞の水素イオン(電子)を奪い、老化、病気を促進させます。
還元とは、酸化した細胞が水素イオンを得て、元の細胞に戻るので、老化、病気を改善します。
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定する事ができます。
これを酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential)、略してORPといいます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスになるので酸化物質が多い事を意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多い事を意味します。
例えば、この日測定の水道水の場合ORP+630mVの酸化傾向にあります。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオン(電子)を補う為です。
健康の為の基準値である血液のORPは+250mV以下です。
この基準値以上であれば酸化、以下であれば還元といいます。
血液を酸化させずに還元する為には+250mV以下の食事や入浴が健康の秘訣です。
HIRYUでは、青果物入荷の度に、酸化還元電位、水素イオン濃度指数、放射性物質検査を行い、その測定結果の写真を公開し、還元力が確認された健康効果の期待できる野菜や果物を提供しています。
●還元力のある野菜はこちらをCLICK
●還元力のある果物はこちらをCLICK
●浴湯を還元するスパソルトはこちらをCLICK
●洗顔の際に肌を還元するビューティソルトはこちらをCLICK



水素イオン濃度指数も測定しています。
酸化とは、水素イオンを失い、酸素と化合した結果です。
酸性とは、水素イオンを与える事ができ、酸素と化合できる酸の性質です。
溶液中にどれだけ水素イオンがあるかを測定(水素イオン濃度指数)する計量法が、pH(ペーハー)になります。
水素イオン濃度が最も高いpHは0の酸性から、水酸化物イオン濃度が最も高いpH14のアルカリ性までの数値があり、pH7が中性になります。
pHが1上昇するごとに水素イオン濃度が10分の1になり、水酸化物イオン濃度が10倍になります。
例えば、ORP+224mV(pH2.30)のレモンとORP+224mV(pH5.87)のレモンの個体差があるとします。
pH値の差3.57(log10X=3.57のときX=3715)は、水素イオン濃度の差は3715分の1、水酸化物イオン濃度の差は3715倍になります。
よってORP値が同じ場合、pH値が低い方が還元力[抗酸化力]が高い事を意味します。
HIRYUでは農作物を個体別に3回pH測定し、水素イオン濃度を確認してから販売しています。

「酸化と還元」「酸性とアルカリ性」による食の診断
大切なのは、摂取する食べ物が病気の原因物質である活性酸素を還元できる「水素(電子)」をどれだけ多く含み、結果である「酸化還元電位(ORP)」が体内の生理液の平均基準値+250mV以下であるかです。
私達のカラダは、良いものも悪いものもすべて体内で中和されてpH7.35~7.45、ORP−200mV~+250mVの血液となり、恒常性が保たれ、カラダの組織や細胞が作られます。
このバランスを崩すと病気の原因になります。
例えば、胃酸や血液はストレス状態になると還元力から酸化力に変わります。
月経中の女性の血液もORPが上昇します。
環境の悪化に伴い、多くの酸化物質に囲まれて生活している現代人は、積極的に還元物質を多く含む(還元力の高い=ORP値が低い)食事を摂ることが恒常性維持のために重要であり、体内で活性酸素を増やしてしまう「酸化食品」を控えることが健康を守るうえで大切です。


ベジブロス《vegetable(野菜)+broth(だし汁)》
野菜の部位で最も抗酸化物質を含んでいるのが葉や皮、そして生長点です。
生長点とは茎や根の先端にあり組織細胞が分裂する部分です。
農薬が使用されると避けられるこれら部位には、栄養素が多く集中しています。
例えば、100gの大根にはおよそ120mgのビタミンCが含まれていますが、大根葉を切捨てると28mgしか残りません。
長葱の場合は、100gにおよそ85mgのビタミンCが含まれていますが、青葱の部分を切捨てると24mgしか残りません。
白菜の場合は、100gの白菜にはおよそ89mgのビタミンCが含まれていますが、緑葉の部分を切捨ててしまうと30mgしか残りません。
このように、本来野菜の栄養が多い葉や根など生長点を捨ててしまうと栄養は相当量を失う事になります。
3組に1組が不妊に悩み、6組に1組が不妊治療されている事の原因が生長点(種なしや1代雑種のF1種など)を失った食品を摂取する事が原因ではないかと懸念されるようになりました。
また、旬でない野菜や果物も栄養価が下がります。
例えばホウレンソウは冬が旬です。
糖を分解してビタミンCをつくりますが、夏は気温が高いので呼吸が活発になり、糖はエネルギーに消費されるのでビタミンCの生成量が少なくなります。
ベジブロスは無農薬なのでこれら部位をしっかり使います!
沸騰しているお湯に野菜クズを入れて20分ほど煮だし、粗熱をとってから濾して出汁をとり、食前のスープや酵素玄米ご飯の炊飯に御利用下さい。
●野菜クズをためるには、鮮度と栄養を損なわないエンバランス丸型容器で保存
●ベジブロスの保存にはエンバランスピッチャーを御利用頂ければ1ヵ月以上保存可能です。


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。


当店は化学物質過敏症やアレルギー、病気をされているかた向けに、有機JAS認証済であっても許容農薬や化学肥料を使用していない農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。





おすすめ商品

ご利用ガイド

お支払方法
お客様のご都合にあわせ、
銀行振込(前払い)、代金引換、クレジットカードをお選びいただけます。

詳しくはこちら

ご注文内容の変更
発送後のご注文変更はお受けできません。
変更のある場合はお早めにご連絡をお願い致します。
プライバシーポリシー
こちらをご覧ください。
お届け方法
クロネコヤマトまたは佐川急便にてお届けいたします。
送料など、

詳しくはこちら

ご連絡先
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32 太康ビル
TEL:04-7163-8399 FAX:04-7186-6393
メール:hiryu_shopping@yahoo.co.jp
お問合せフォームはこちら
ホームページ:http://hiryu.biz/