1. HIRYU >
  2. 野菜 > 
  3. じゃがいも キタアカリ 1kg 無農薬・無化学肥料・冷製スープレシピ付き! 千葉県産・還元力(抗酸化力)-20mV

大きな画像を見る

ホクホク食感のジャガイモ

じゃがいも キタアカリ 1kg 無農薬・無化学肥料・冷製スープレシピ付き! 千葉県産・還元力(抗酸化力)-20mV

千葉県産の無農薬じゃがいも(ジャガイモ、じゃが芋)です。
栗じゃがいも(クリジャガイモ)とも呼ばれる、ほくほく食感の“きたあかり”という品種です。
男爵芋(男爵ジャガイモ)よりも甘みが強いのが特徴です。

価格 500円 (税込)

東京都は送料890円

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

5ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと10倍

50ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

50ポイント (10倍)

期間固定Tポイントを含む

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
20ポイント(+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
25ポイント(+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

5ポイント (1倍)

期間固定Tポイントを含む

通常ポイント
5ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

数量

09/22〜09/26の間に発送予定

商品をカートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

千葉県産の無農薬じゃがいも(ジャガイモ、じゃが芋)です。
栗じゃがいも(クリジャガイモ)とも呼ばれる、ほくほく食感の“きたあかり”という品種です。
男爵芋(男爵ジャガイモ)よりも甘みが強いのが特徴です。
煮くずれしやすいため、煮物よりもポテトサラダや粉ふきイモがオススメ!

無農薬・無化学肥料栽培なので、残留農薬の心配もなく、安心して皮ごと食べられます。
ジャガイモとトマトで作る冷製スープのHIRYUレシピ付き!
GI値が低く血糖値の上がりづらいメニューなので、糖尿病の方や糖質制限、ダイエットなどをしている方にもオススメです。

抗酸化作用があり、栄養もたっぷり!
活性酸素が増えている現代人に嬉しい野菜です。

無農薬、有機栽培、オーガニック、自然栽培などのお野菜を探している方の毎日の食事におすすめです!

閉じる

再入荷通知設定

この商品のカテゴリ:

  1. 食品
  2. 野菜
  3. じゃがいも

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明



1kg¥500 (すべて税込表示価格)
3kg購入で¥1,500→ 6%OFF SALE ¥1,410(@¥470/kg)
5kg購入で¥2,500 → 12%OFF SALE ¥2,200(@440/kg)
10kg購入で¥5,000 → 24%OFF SALE ¥3,800(@380/kg)


日本で1番栽培されている野菜であり、タキイ種苗の調査している「好きな野菜」ランキングでも、トマトに次いで第2位に選ばれているジャガイモ。
非常に人気の高い野菜(イモ類)ですが、その中でも特に人気の、ホクホク系のジャガイモの代表品種である"キタアカリ"が入荷しました。
表皮の色や形は男爵とよく似ていて扁球形でゴツゴツしています。
果肉は黄色く、肉質は粉質で、男爵よりも甘みの強いのが特徴です。

日本のジャガイモ生産量は2015年で240万t(農林水産省統計)。
有機JAS申請されている農地面積の割合は、日本では全体の0.2%以下です。
農薬も化学肥料も使用しない面積となると0.1%以下だと考えられていることから計算すると、無農薬・無化学肥料のジャガイモは2,400tしかないことになります。
また、アメリカの環境保護団体「EWG」が毎年調査している「残留農薬が多い野菜・果物ランキング」で、ジャガイモは第11位に選ばれています。
HIRYUのジャガイモは、農薬や化学肥料を一切使用していません。
自然の恵み、何より土づくりを大切にし、「身土不二(自然と人間は切り離せない関係にあること)」の考えのもと、栽培しています。
残留農薬を心配せずに、栄養たっぷりな皮ごとお使い頂けます。

※ジャガイモの緑色になっている部分や芽にはソラニンなどの天然毒素があるため、しっかりと取り除く必要があります。



ジャガイモは、カリウムビタミンB6ビタミンCが豊富であるほか、ファイトケミカルは抗酸化力を持つカロテノイド、フラボノイド、カフェイン酸を含み、また、独特な塊茎貯蔵タンパク質パタチンを含みます。
ジャガイモに含まれるビタミンCはデンプンに囲まれているため、加熱調理によって壊れにくいといわれています。
パタチンは、非特異的に脂質を分解する活性をもつ酵素で、中性脂肪も分解し、また、抗フリーラジカル活性をもつため、体内の酸化を防ぐことが期待されます。
但し、パタチンの生理機能を得るためには、出来るだけ加熱調理をしないでジャガイモを摂るようにしましょう。
ジャガイモは世界中で非常に人気のある食材で通年を通して身近にある野菜なので栄養素や健康への影響について詳細に調べ尽くされているように思いがちですが、研究の世界ではジャガイモに含まれる有用栄養素・成分に関してまだ明るみに出ていない現在進行中のこともあります。
例えば、イギリスの科学者によって、ジャガイモ中に血圧降下の潜在効果が期待されるクコアミンという物質が含まれていることが分かりましたが、研究例が少ないため、これから研究例が蓄積されていく中で、信憑性の高い情報になるでしょう。
HIRYUでは、ジャガイモの調理法について、アクリルアミドの生成を防ぐために調理温度119℃以下で、出来るだけ油で揚げたりせずに、すりおろしたジャガイモ汁をスープやスムージーにしたり、蒸す・ゆでる・煮るを基本として味噌汁の具材や酵素玄米薬膳カレーづくりに使用することをおすすめします。
健康に関して悩みや疑問を抱えている方で、具体的かつ生物学的に理想的な食事の摂り方の理論から実践方法までを詳しく学びたい方は、食療食学セミナーを開催しておりますので是非ご参加ください。



酸化とは、体内細胞の水素イオンを奪い、老化、病気を促進させます。
還元とは、酸化した細胞が水素イオンを得て、元の細胞に戻るので、老化、病気を改善します。
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定する事ができます。
これを酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential)、略してORPといいます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスになるので酸化物質が多い事を意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多い事を意味します。
例えば、水道水の場合ORPは+500〜+700mV程あります。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオンを補う為です。
健康の為の基準値である血液のORPは+250mV以下です。
血液を酸化させずに還元する為には+250mV以下の食事が健康の秘訣です。
HIRYUのキタアカリ(新じゃが)を個体別に3回ORP測定した結果は、0mV、-9mV、-20mV、すべて非常に還元力のある結果となりました。
新物や新鮮なものはファイトケミカルやビタミンなど抗酸化力のある栄養が多いので還元力が高くなります。

ORPやpHについてもっと詳しく知りたい方はこちらを☞CLICK


GI(グライセミック・インデックス)値とは、ブドウ糖50gを摂取してからの血糖値(血液中のブドウ糖濃度を示す値)を2時間測定し、血糖変動曲線を描くグラフ面積を100%とした場合に被験食品のグラフ面積が何%あるかという数値であり、糖尿病や糖質制限、メタボリック症候群など気にされる方の健康目安の指標です。
ジャガトマト冷製スープ1食分120gのGI値測定を行ったところGI値2となり(低GI食品)、血糖値上昇曲線は全く上がらず、血糖値が急劇に上がるようなことはありませんでした。血糖値コントロールを気にされている糖尿病の方が安心してお召し上がりいただける抗酸化力の高いスープです。糖尿病患者が食事で最も気を付ける必要があることは、血糖値スパイク(血糖値の急激な上昇及び急降下による血糖値上昇曲線上に現れる険しい山)を起こさない食事を摂ることですが、ジャガトマト冷製スープ1食分120g(43kcal)は血糖値上昇曲線に影響を及ぼしませんでした。抗酸化力が高く、サラサラと飲みやすく、血糖値を上げないこの冷製スープは、カリウムや抗酸化物質を豊富に含み、ナトリウム過多で栄養不足の酸化物質が多い食事に陥りがちな現代人に非常にオススメです。

GI値やGL値の情報についての注意
GI値は、血液中のブドウ糖濃度を示す血糖値が直接反映されるものなので、総体的な食事をした被験者の血糖値を測定するのが理想です。
しかし、ご家庭でその都度測定するのは不可能な事から、主食となる炭水化物の割合が多い米類・パン類・麺類などに目安となる数値を設定し、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの予防に役立てる事を目的としています。
炭水化物含有量が少ない野菜などは、これらと比較するには適当でない事から、GI値×炭水化物量÷100で計算するGL値(グライセミックロード)もありますが、調理方法や複数の食材の組み合わせ、食べる順番でも血糖値は大きく変化しますし、低GI値の食品であっても、摂取量が多ければ血糖値が上昇します。
ブドウ糖と同時に水分を摂取すると小腸へ素早く移動するので血糖値が上昇しやすくなる事や、直接吸収されるブドウ糖に対して代謝経路が多く、血液中濃度がブドウ糖の500分の1ほどしかない果糖を始め、ショ糖、麦芽糖、乳糖などブドウ糖に変換されない糖質や脂質がGI値やGL値に対象とされていない事、運動量や代謝速度の違い、そして何より数値はガイドラインであり本人の測定数値ではない事などありますので、情報が拡散されているGI値の一覧表を見る時は、必ず引用元はどこなのか、人種や食品の性質が違う海外データではないかなど、よく確認する必要があります。


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。


当店は化学物質過敏症やアレルギー、病気をされているかた向けに、有機JAS認証済であっても許容農薬や化学肥料を使用していない農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。

おすすめ商品

ご利用ガイド

お支払方法
お客様のご都合にあわせ、
銀行振込(前払い)、代金引換、クレジットカードをお選びいただけます。

詳しくはこちら

ご注文内容の変更
発送後のご注文変更はお受けできません。
変更のある場合はお早めにご連絡をお願い致します。
プライバシーポリシー
こちらをご覧ください。
お届け方法
クロネコヤマトまたは佐川急便にてお届けいたします。
送料など、

詳しくはこちら

ご連絡先
〒277-0021
千葉県柏市中央町2-32 太康ビル
TEL:04-7163-8399 FAX:04-7186-6393
メール:hiryu_shopping@yahoo.co.jp
お問合せフォームはこちら
ホームページ:http://hiryu.biz/