トップページ   買い物かご   商品一覧   お買い物ガイド   会社概要   お問い合わせ   よくある質問   プライバシーポリシー   ヤフートップ

大きな画像を見る

袋の中の空気と水分を吸い取るシーラー

在庫切れ

シーラー 卓上式 脱気脱水シールくん30cm幅 真空パック 一年保証

卓上シーラー脱気脱水&溶接式

メーカー希望小売価格:186,000円

価格 142,344円 (税込)

23%OFF(値引額:43,656円

配送情報

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

閉じる

配送方法とお届け指定日

への配送方法を確認

配送方法 お届け情報
佐川急便・西濃運輸

お届け日指定可

2019/07/28(日) 〜

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

閉じる

ポイント情報

2,846 ポイント獲得
2 倍)

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2ヵ月無料!

最大倍率もらうと11倍

12,846ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

12,846ポイント (11倍)

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
5,000ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
5,000ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

2,846ポイント (2倍)

通常ポイント
2,846ポイント (2倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

商品情報

食品工場や大手レストランチェーンなどでも使用されている「脱気脱水シーラー」を、驚きの低価格でご提供します。

この「脱気脱水シールくん」とポリエチレン製袋を使えば、密封したときにほぼ真空パック状態を作れますので、食品の保存はもちろん、精密機器など複雑な形をしたものを密封する際にも役立ちます。

使い方はとっても簡単。家庭用コンセントにつないで電源ボタンをオンにして、袋をセットしてボタンを押すだけ!吸気ノズルが袋の中の空気を吸いとって、袋をしっかりシール(密封)します。
また、空気と一緒に水分も吸い取ることができますので、水気のあるものをそのまま密封して水分を無くしてしまうこともできます。吸いとった水分は排水ポンプで本体の外に排水する仕組みになっています。

また、脱気脱水をせずに、ただ袋を閉じるだけのシーラーとしても使用可能です。

普通の業務用脱気脱水シーラーは、大手の生産工場では数百万円の設備投資をかけるような機械ですが、この卓上式脱気脱水シーラーはお手軽価格で、店舗用・ご家庭用としても簡単にご利用頂けます。すでに多くの法人・個人事業主様からリクエストを頂いております。

価格: (オプション代金込み)

現在売り切れです

再入荷をお知らせ

お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:detail-sinkuu

メーカー希望小売価格の詳細はこちらをご確認ください

閉じる

再入荷通知設定

この商品のレビュー・口コミ

絞り込む:

  • 5.0

    2018年02月15日 23:42

    mie*****さん

    高かったのですが、近所の料理屋さんが、…

    高かったのですが、近所の料理屋さんが、いつも真空パックを使っているので思い切って買いました。\nタッパーとかいらなくなって、冷蔵庫もすっきりしました。

該当するレビューコメントはありません

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

<寸法>…410×260×170mm
<機能>…脱気&シール/シールのみ
<重量>…13.5kg <定格>…100V/530W
<シール幅>…29cm <シール巾>…3mm
<溶接時間>…最大4秒 <保証期間>…半年間
<付属品>…ヒーター線&テフロンテープ(消耗品)×3、作業テーブル、排水ポンプ、本体カバービニール、真空ポリエチレン袋(サンプル)、保証書、取扱説明書
<お薦めの利用用途>
食料品(食肉/水産/惣菜/茶葉/コーヒー等)、精密機器の防湿・防塵、その他様々な密封に適します。
■消耗品(シールヒーター線×1)

約5000回使用毎に取替えを行なう部品です。 シーラー本体と同時にお買い上げ頂くと、送料無料となりお得です。
単体でのご購入の場合は、別途送料600円がかかります)


購入はコチラ

■消耗品(テフロンテープ×1)

約5000回使用毎に取替えを行なう部品です。 シーラー本体と同時にお買い上げ頂くと、送料無料となりお得です。
単体でのご購入の場合は、別途送料600円がかかります)


購入はコチラ



1:シーラーに品物をセット
 
2:シールバーを押し下げる
 
3:吸気&溶着中・・・
 
きれいに脱気溶着ができました♪
     

おすすめ商品

Q.どんな素材の袋が閉じられるのでしょうか?

A.ビニールやポリエチレン製の袋であれば何でも閉じることができます。シュリンクフィルムパックエアクッション(ぷちぷち)といった梱包用袋はもちろん、身近なものだとスーパーの袋や食品の袋(お菓子やお茶・お米などの銀色の袋)なども容易に閉じられます。厚みのあるものは、本体のツマミを回して熱時間を上げることで、大抵のものはシールできます。ただし一部例外としてシール出来ない袋もあります。(例:クリスタルバッグやOPパック、OPP袋など)またフードシーラーは専用のフィルムシートのみ使用可能となります。

Q.アルミ製の袋を閉じられるものはありますか?

A.アルミパックや不織布の密封には強い熱量が必要となります。「スーパーシールくん」か、「スーパー足踏みシールくん」を使うと閉じられます。

Q.食品などを脱気・脱水・密封できものはありますか?

A.はい、2種類あります。水気のないものや冷凍して水気を飛ばしたものをシールする場合は、「フードシーラー」 を、お惣菜や水産品など水気のあるモノをシールする場合は 「脱気脱水シールくん 30cm幅」 を、お使いください。

Q.「シールくん」と「カットくん」の違いを教えてください

A.「シールくん」は、その名の通りシールするもので、溶接(ようせつ)式と呼ばれるものです。シーラーで挟んだライン上で、熱によって袋を密封します。カットくんのように熱で切断することはありません。ただ熱によるラインがついて、密封されます。ある物を梱包するのに、それに合わせたサイズ袋を用意していて、あとはただ袋口を閉じればいい、という状態にとても適しています。「カットくん」と違って、閉じ巾(ラインの巾)がはっきり分かるので、安心感があるともいえます。
これに対し「カットくん」は、その名の通りカットするもので、溶断(ようだん)式と呼ばれるものです。シーラーで挟んだライン上で、熱によって袋を密封、切断します。切断されることで、袋の余り部分が切り取られる形です。熱で切断されたラインもきれいです。エアクッション(ぷちぷち)などを広げて折りたたんで、側辺を閉じて“袋を作る”という小技にも使えます。
詳しくは、各商品ページの写真画像をご参考ください。

Q.梱包に使う袋はどこで手に入るのでしょうか?

A.お近くのスーパーや100円ショップに売ってあります。エアクッション(ぷちぷち)などは日曜大工店や大型ストアーで購入されるか、無ければカタログをもらって直接お取り寄せすると手に入ります。また、当店でもシュリンクフィルムパックを6サイズ取り揃えておりますので、ご検討いただければ幸いです。

Q.卓上シーラーは初めて利用するのですが、扱い方は難しいのでしょうか?

A.とても簡単です。電源ケーブルをコンセントに差し込むだけで、すぐに使用できます。操作も基本的にはバーを降ろすだけで、大きな力も要りません。また当店のシーラーはすべてインパルス式(バーを降ろしたときだけ熱を発するタイプ)なので安全性にも配慮されています。ただしお子様などが使い方を誤って作動させると、事故につながる可能性もありますので、手の届かない場所に設置保管するようにして下さい。

Q.キッチンなど水周りや屋外で使うことはできますか?

A.できます。しかし水に濡れると本体が故障・劣化することがありますのでお気をつけてください。また、使用後は別の場所で保管するようにしてください。

Q.請求書や領収書がほしいのですが可能ですか?

A.もちろん可能です。品物をカートに入れて注文フォームに進んでいただくと、ページ下部に「配送日時などの希望入力欄」がありますので、そこに“領収書発行希望:宛名○○○○”と入力した上でご注文ください。※代金引換で購入いただく場合は、配達員がその場でお客様にお渡しする“送り状”が領収書扱いとなりますので、別途発行はいたしません。

Q.ヒーター線を長持ちさせるコツはありますか?

A.加熱終了後、10秒から15秒ほど圧着レバーを押さえ続けて下さい。上部のシリコンゴムが熱を吸収しヒーター線への負荷を軽減させます。また、溶断ヒーター線は機械の性質上、熱がこもりやすく負荷が大きいため、加熱時間をシール出来る最短の時間に設定して下さい。

トップページ   買い物かご   商品一覧   お買い物ガイド   会社概要   お問い合わせ   よくある質問   プライバシーポリシー   ヤフートップ

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。