作家紹介

CATEGORY

京友禅浸透染 扇子
扇面には京友禅浸透染の技法で染めた風合いのある綿生地を使用し、熟練の職人が丁寧に仕立てました。また、扇子の両側にある親骨の竹は染色した後に半艶のクリアー塗装を施し上品な仕上がりと併せて、欠けの防止にもなっています。
奈良県産蚊帳生地 かやのふきん
各界で活躍する作家がデザインし、奈良で生まれた蚊帳生地を、京都の職人が一枚一枚丁寧に染め上げた華市松オリジナルの「ふきん」です。通気性、吸収性、速乾性に優れ、使うほどに綿本来の柔らかさが増し優しい肌触りになります。


京友禅浸透染 手ぬぐい
なめらかで上質な肌触りの特岡の生地を使用し、京都の京友禅浸透染の技法で染めています。手ぬぐいには「特岡」と「総理(文)」の二種類がありますが、「特岡」は「総理」に比べて細い糸が使用され、きめが細かくなめらかな肌触りです。
京友禅浸透染 紅白手ぬぐい
綿を100%使用し、京友禅浸透染で染め上げた日本製の手ぬぐいです。祝い事に古くから使われる紅白二色の組合せは、ハレを表し祝いの席の紅白幕や紅白餅、紅白饅頭などの縁起物に用いられています。お祝いごとの贈り物にオススメです。


風呂敷・ファブリック
京友禅浸透染のファブリックです。包む、飾る、まとう。風呂敷はもちろん、テーブルクロスやインテリアの壁掛けなど、使い方は自由自在の布です。薄手の目の細かい綿生地を使用していますので、畳むとコンパクトになり、旅先でも重宝します。
ギフト・セット
内祝いはもちろん、ハッピーを引き寄せてくれるお守り代わりとして大変お喜びいただいております。受け取った方の喜ぶ顔が目に浮かぶ。そんなギフトを心を込めて、感謝の気持ちを肩ひじ張らずに伝えてみませんか。


かやのふきん かさねの彩り
「かさねの彩り」は平安期に生まれた十二単に代表される装束の表裏の色の組合せ法を由来にしています。古来より人々は四季折々の暮らしの中に多彩な色合いを感じ取り、日本特有の伝統的美意識を創り上げてきました。
ポチ袋・金封
大人が贈って贈られてうれしい、そんな上品さが漂う商品です。各界で活躍する作家がデザインし、上質な和紙で作られた金封です。年始のお年玉袋としてはもちろん、ちょっとしたお礼や心づけなどを入れるのにも重宝します。

ご注文の流れ

Copyright (c) 2015 華市松all rights reserved.