2018年新作、GTD Cross Forged CBアイアン 12月発売予定!





2018年モデルのCross Forged CBアイアンは
中級者からプロ迄がターゲット!


そもそもはマッスルバック的なコントロール性に安定感をプラスするはずで
開発された、わりと上級者向けのモデル。
前作のThe Forged CBに比べ、ヘッドがほんの少し小ぶりになりました。

写真は最終完成品のひとつ前のプロトタイプなので、
実際の製品は、これよりほんの少しオフセットが少なめになります。(写真ではわかりづらいほど)
番手は#5〜#10(PW)の6本セットですが、オプションで#4も販売。(ヘッド定価は未定)
ロフトはまだ非公開ながら、前作よりはストロング度合いが減るかもしれません。





バックフェースは、ゲージデザイン時代からの得意技、軟鉄鍛造のフルCNCミーリング。
細かく芸術的な造形ながら、よくみれば、打点として使う部分の肉厚さや、左右のキャビティポケットなど、
実に合理的に設計されたデザインです。

実際にプロトタイプを打ちました。
前作のThe Forged CBキャビティアイアンに比べると、キャビティは浅め。ヘッドは小ぶり。
ソールもほんの少しだけ薄くなりましたが、打点部はけっこう肉厚なので、
プロのようなダウンブローから、払い打ちまで、すんなり対応します。
ミスヒットの許容度は少しだけシビアになりましたが、そのぶん打感は分厚いです。
インテンショナルな意図にも反応しやすく
いわば、「めちゃめちゃ楽に打てるマッスルバック」のような感じです。
決して「難しいアイアン」ではないですが、プロでも使えそうです。

詳細なスペックや価格などは、わかり次第、追記いたします!







↑52°の下に48°などのウェッジを入れる人のために、PWと表記せず#10アイアンまでのラインナップです。

2前作、GTDForged CBアイアンも2018年、ひきつづき販売!
シルバーフィニッシュのNS950がまだ1セット残ってます。

GTDアイアン Iron

4件中 14件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く