GW10連休告知地震の影響により、北海道勇払郡厚真町(高丘・幌内)においては、荷物配送にお届け遅延が発生しております。2019/3/12時点
 
現地に着いてから、体内時計が狂って特に眠さがつらくなるのが時差ボケ。思考能力も低下するため、時差ボケによるアクシデントも少なくありません。
そんな事態を防いで旅を楽しむために、時差ボケを少しでも軽くする方法を知っておきましょう。
時差ボケの症状としては、昼間眠くなり、夜は眠れないといった症状が主です。他に精神作業能力の低下、疲労感、胃腸障害、頭痛、眩暈、不安などが挙げられます。体内リズムの問題と睡眠不足によるものの2つが原因です。

時差ボケは、行き先によってつらさが違ってきます。東南アジアやオセアニア方面などでの1〜2時間の時差の場合はあまり時差ボケを感じないはず。

しかし、行き先が欧米などの場合は時差が大きいため、体への影響も強くなります。1時間の時差を調整するには1日かかるといわれるくらいなので、旅行先によっては1週間以上も時差ボケ状態なんてことになりかねません。

日本からハワイやアメリカへ向かうことを東行きフライト、ヨーロッパ方面へ行くことを西行きフライト と言います。人間の体内時計は1日が約25時間なので、東行きは体内時計の調整がしにくく、時差ボケの症状が強くなります。それに比べて西行きは、体内時計の調整がしやすいので、症状が軽いことが多いようです。
【出発前】
現地の時間に合わせて行動するなど、出発前から体を慣らして対策することができます。1週間くらい前から少しずつ起きる時間や食事の時間などをずらしておくと、到着後も体がラクです。
日常生活で時間をずらすのは難しい場合が多いので、出来る範囲で行ってみてくださいね。

また、睡眠不足は、時差ボケの症状を強くします。出発前はいろいろと忙しいでしょうが、なるべく睡眠時間を確保するようにしましょう。

【機内】
時差ボケは疲労が溜まると余計につらくなるので、現地へ向かう飛行機の中では映画を見たりしないで、とにかく眠ること。
飛行機では騒音でなかなか眠れないことも多いので、耳栓や音をシャットアウトするヘッドホンをするなど、眠りを妨げない工夫を。アイマスクも忘れずに。リラックスできる服装でいると眠りに入りやすくなります。
フライトのすべてを睡眠時間に費やす必要はありませんが、後半は睡眠時間に当てると良いでしょう。


朝や昼に現地に着いてすぐ眠ってしまうと時差ボケが解消されない傾向があり、旅行を楽しむためにはやはり機内の睡眠がカギとなりそう。

ちなみに普段お酒を飲んでから眠る習慣がある人も、高い場所では気圧が低く酸素も少ないので酔いが回るのが早く、睡眠にも悪影響を及ぼすことがあるので、飛行機に乗っているときは飲まないほうが無難です。

国際線では、到着地の時間に合わせて食事が出てくるので、この時少しでもよいので、食べておきましょう。胃腸には、第2の体内時計があり、食事することでこの体内時計が、現地の時間に合ってくるからです。 また、機内はとても乾燥しているので、水分補給も忘れないように。脱水状態でいると、時差ボケの症状が強く出てしまいます。

【現地では】
時差ボケ解消は、生活パターンを無理やりにでも現地の時間に合わせるのが良い方法。昼間は日光を浴びたり、散歩やスポーツなど体を動かすのが効果的です。運動している間は眠気を防げ、夜はぐっすりと眠れるはず。

どうしても眠くて昼寝をする場合は、長くても30分程度に。それ以上眠ってしまうと、夜になって眠れなくなり悪循環が生まれます。

夕方以降に飛行機が着いたときは、現地の時刻に合わせて眠るようにしましょう。目がさえて眠れない時は、ぬるめのお風呂に入ってリラックスしたり、夕食のときに適量のアルコールを飲んだりするとよいでしょう。

また、現地で運転する場合も到着日は避けましょう。本来眠っている時間に運転するのは判断力も鈍っているため非常に危険です。

そして夜眠れなくなってしまっても、睡眠薬はやめておきましょう。旅行先で慣れない薬を飲むと体調不良になりまねません。自分の力で自然に解消していくのが最も体にやさしく、早く元気に動けるようになる方法といえそうです。
現地の時間に逆らわず、順応しようと気をつけていれば時差ボケは自然に解消されます。旅行の前から意識するだけでも、体の感覚は変わってくるでしょう。
 

copyright 2005 griptone co..ltd. all rights reserved.