GW10連休告知地震の影響により、北海道勇払郡厚真町(高丘・幌内)においては、荷物配送にお届け遅延が発生しております。2019/3/12時点
  1. スーツケースと旅行用品のgriptone >
  2. 事故に遭わない為に
 
楽しみにしていた海外旅行では、解放感もいっぱい。そのため、つい油断が生じがちです。事故や天災に巻き込まれるなど、たとえば日本では起こり得ないことが起こることも。海外では取り返しのつかない事態に陥りかねません。自分の身を護るのは自分しかいないという意識を常に持つことはもちろん、事前に現地の情報収集をしておくことで回避できることもあります。
現地の交通事情や災害が起こった後などではないか、などをチェックしておくほか、緊急時にどこへ連絡を入れるのかを把握し、連絡先を控えておきましょう。
具体的には現地の日本大使館、海外旅行傷害保険に加入している場合はサポートデスク、車を借りている場合はレンタカー会社など。また、パスポートやクレジットカード、航空券などの番号のメモを常に携帯しましょう。




近年、慣れない道路標識や旅の疲れが溜まったままの運転などで、レンタカーのトラブルが急増。
海外では交通規則が違うことも多いので、歩道や横断歩道を歩いていても交通事故に巻き込まれることが。

運転するときだけでなく、歩いているときも油断しないように。
また国によっては、車を運転中に発砲や侵入といったケースもあり得るので、車間距離は十分にとり、ロックは必ずかけましょう。
特に夜間の運転や信号などで停車した時には要注意です。
自然災害においては、地震が起こったら机など硬いもので頭や体を護る、危険な場所には近づかないなど、日本にいるときと同じように考えてよいでしょう。
ただ、避難方法などは万が一を考えて確認しておくと良いと思います。

災害が起こったときのために、家族には宿泊先や連絡先をきちんと伝えておきましょう。また、出来る限り旅先からも定期的に連絡を入れておくと心配をかけずに済みます。
交通事故を起こしてしまったら、まずは警察へ連絡しましょう。レンタカーを借りている場合は、レンタカー会社にも連絡を入れます。

旅行傷害保険に加入している場合は、近くのサポートデスクにかけて、医師の手配やその後の法的手続きの仕方など対応を仰ぎましょう。

海外では謝罪することで責任を問われることもあるので、言動にも注意が必要です。

また日本大使館でも相談には乗ってもらえますが、制約により支払いの立て替えや交渉などサポート的なことはできないと考えたほうが無難。

事故などで救急車を呼ぶときは、あれこれ考えずにすぐに行動を。その場合は保険会社の指示などを待っていると初期治療が大きく遅れてしまうため、臨機応変に。

出発前に旅行先の医療事情についてもある程度把握し、万が一のときにも落ち着いて対応したいものですね。
交通、医療、法律など様々な事情が異なる海外では、常に緊張感を持って行動することを心がけましょう。いざというときを想定しておけば、焦らずに行動できるはずです。
 

copyright 2005 griptone co..ltd. all rights reserved.