GW10連休告知地震の影響により、北海道勇払郡厚真町(高丘・幌内)においては、荷物配送にお届け遅延が発生しております。2019/3/12時点
  1. スーツケースと旅行用品のgriptone >
  2. 海外旅行保険は必要か
 
海外旅行に出掛ける際、気になるのが保険。実は加入していない人も多いようですが、長期に及ぶほど不安になってしまいますよね。何かあった時にはもう手遅れ。保険に入っておけばよかった…とならないように、事前の準備が必要となりそうです。どのような補償を付けるのが賢い方法なのでしょうか。
まず、海外では急病やケガに見舞われた場合でも、入院費用などを確実に支払えなければ親切に手当てを受けられないと思ったほうがよいでしょう。
海外の病院では、お金を支払えるということが証明できないと診察さえしてもらえないことも。
そこで役に立つのが、海外旅行傷害保険です。保険に加入していることが明らかであれば、治療費の支払い能力があるとみなされます。
また、医療費の感覚も日本とは大きく異なり、驚くほど高い国が多いのが現状。
「備えあれば憂いなし」とは言葉の通り。しっかりと備えておけば、いざというときでも安心です。
改めて海外旅行傷害保険に入らなくても、手持ちのクレジットカードについている場合も。それなら手続きなど手間がかからなくて便利。

しかし、それだけでカバーできるのでしょうか?

海外旅行傷害保険付きのだいたいのカードは、30万円〜200万円の補償がついています。ゴールドカードなら、約50万円〜300万円。年会費無料のカードでも、海外旅行傷害保険が付いているものが実はかなりあります。
海外旅行傷害保険は事故での死亡補償を除いて、クレジットカードに付帯されている補償の範囲なら、実際にかかった費用分まで全額を支払ってもらえる場合がほとんどです。そして、それは何枚でも同じなので、1枚の補償が少なくてもクレジットカードを数枚持っていれば、トータルの補償は大きくなるので心配要りません。
ただし、クレジットカードによって制約が異なり、複数のカードの補償が合算されない場合もあるので要注意。自分のクレジットカードの補償内容について事前によく確認しておきましょう。

それから、クレジットカード付帯の保険には海外サポートサービスが付いていない場合もあります。病院の手配や立て替え払い、保険金請求の書類作成などが必要になったときに頼れるサービスがあるとないのでは大違い。緊急事態に備えて、保険会社の海外旅行障害保険に別途で加入しておくのも賢い方法といえそうです。
クレジットカードに付帯された保険は、特別な補償は付いていないものがほとんどです。例えば、航空機で手荷物が遅れた場合の損害や航空機遅延費用、入院一時金など。
もし補償が足りないと感じたら、保険会社のバラ売り保険と組み合わせるのがオススメ。
基本の治療補償を除いて、死亡補償から救援者費用、携行品損害など、必要な補償だけをピックアップできます。しかも、インターネットやカウンターですぐに手続きが済ませられるので簡単。
手持ちのクレジットカード付帯の補償内容をしっかりチェックして、不足分だけを追加オーダーしてみてはいかがでしょうか。
海外で病院にかかった場合、実は日本の健康保険(国民健康保険、社会保険、組合保険など)が使えます。

その場では治療費を全額立て替えなくてはなりませんが、支払いの領収書や医師の診断書、治療費の明細書など必要な書類を提出し、帰国後に手続きを取ると3割負担の対象となります。

ただ、海外で治療を受けたときは高額になることも多く、実際には戻ってくる金額は7割より少ないことも。それでも手続きをしなければ全額自己負担することになってしまうので、利用できるものはしておきましょう。
事前に保険の内容を知っておけば、いざというときに慌てずに済みます。現地で何もないに越したことはありませんが、後から困ることがないように万全にして出掛けましょう。
 

copyright 2005 griptone co..ltd. all rights reserved.