CITIZEN (シチズン)


CITIZEN/シチズン 腕時計

CITIZEN(シチズン)は日本が誇る三大ウォッチブランドの一つ。
1924年(大正13年)に懐中時計「CITIZEN」を発売し、これが「シチズン」ブランドの発端となった。 そして、1930年頃、急速に成長しSEIKOをもしのぐほどの腕時計ブランドとして君臨した。かつては腕時計の機械体(ムーブメント)の生産量世界第1位(グループ)を誇り、現在も国内最大手、世界シェアの3割以上を持つビッグブランドとしてその世界に名を轟かせている。
2005年(平成17年)の会社設立75年を記念して、新しくスローガンとして「CITIZEN Micro HumanTech(マイクロ・ヒューマンテック) もっと小さく、すごくわくわく。」を掲げた。これは、「マイクロ、それは私たちのドメインです」「ヒューマン、それは私たちの理念です」「テクノロジー、それは私たちの基盤です」という会社の3つの理念を形にしていこうという考えから付けられたものである。2007年(平成19年)4月、「シチズングループ」の純粋持株会社体制へ移行のため、社名を「シチズン時計」から「シチズンホールディングス」に変更し、新たに事業子会社として「シチズン時計株式会社」を設立した。
現在のシチズングループの時計製品はクオーツ式が主流であり、主にクロノグラフ外装や表面硬化技術(デュラテクト)、太陽光発電(エコ・ドライブ)・電波修正などの最新の技術を駆使した機能を備える実用的な製品を開発、販売している。


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
108件中
1〜20件