ZIPPO(ジッポー)


ZIPPO(ジッポー)  腕時計

誰もが知るオイルライター『ジッポー(Zippo)』
ジッポー(Zippo)は、世界大恐慌のあおりを受け、空前の大不景気の中、1932年にペンシルバニア州ブラッドフォード で誕生した。 開発者【ジョージ・グランド・ブレイズデル】が、『安く性能がよく、丈夫で長持ちするライター』をコンセプトにその製作を手がけ、 現在でもその意志は受け継がれている。 1933年の第1号発売以来、基本構造にはほとんど変化がなく、誕生当時からの品質の高さを裏付ける結果となっている。 そのケースの素材は真鍮(ブラス)が基本であり、表面にクロムメッキなどが施される。 その他、デザイン性などにより、多く金属(シルバー、ゴールド、チタンなど)が使われ製造されている。 ジッポー(Zippo)の普及には、アメリカ軍が大きく関わっている。 第二次世界大戦中、「どこでも、どんな状況でも点火できる器具」が求められ、 それを実現したライター、そらがジッポー(Zippo)である。 長い歴史と世界的な普及率の高さからオイルライターの代名詞となっている。


ドリンク

7件中 17件目

7件中
1〜7件