グレンチェック − よくある質問Q&A
GLENCHECKでは馬革や駱駝革、またバッグやジャケットといったさまざま商品を取り扱っております。 ここではそんな商品に寄せられたお問い合わせと回答を集めさせていただきました。


★革の手入れ方法

  • 色や商品によってのケアの方法は異なりますか?
  • 色落ちすることはありますか?
  • 雨に濡れてしまったら?
  • ジュース・油、その他の汚れがついてしまった場合は?
  • カビが生えてしまったら?
  • 濃色レザーは…?
  • ヌメ革の手入れを教えてください。
  • 保管や取り扱いで注意することは?


  • 長持ちするコツは?
  • 手入れ方法は?
  • バックをしまう時の注意点は?
  • 水にぬれてしまいました。


  • ★レザーウェアの手入れ方法

  • 日頃のお手入れはどうすればいいの?
  • 汚れが目立ってきました
  • 皺になってしまいました
  • 保管の仕方を教えてください



  • 天然素材である革は、少うほどになじんで、革としての良さが出てきます。合成皮革など、購入時から、使う程に品劣化が顕著に現れくる素材と違い、使い方次第ではまさに一生ものになりえる素材。それこそが天然皮革なのです。
    そんな一生ものともいえる天然皮革ですが、タンパク質からなる革にはデリケートな面もあり、長年にわたってお付き合いいただくためには、正しい使い方をと、手入れが必要です。

    ここではそんな革との付き合い方に関していただいたお問い合わせと、答えをご案内します。


    ●色や商品によってのケアの方法は異なりますか?

    淡い色などは汚れがつきやすいため、予防のための防水スプレーがお勧め。アパレルでは特に襟回り、袖口、ポケット口などは、汗などでも汚れやすい部分です。専用の汚れ落しを使うのも手ですが、着用の際、襟回りにスカーフやマフラーを巻いて汚れを防ぐのも予防のためのテクニックです。

    ●色落ちすることはありますか?


    レザーは吸湿性、通気性に優れ、その特長と表面の風合いを活かせる染色方法で仕上げているものが多く、完全な色止め囲うが難しい素材です。 水分に弱く、また気温、湿度、摩擦などにより、色落ちや他の物へ色移りする可能性があります。
    商品の染色方法や色などにより色移りの程度は異なります。
    また新しいスエードやヌバックは、ムダ毛が衣類へ付着することがあります。最初のうちはなるべく同系色のインナーを使うなどの工夫が必要です。

    ●雨に濡れてしまったら?


    雨に濡れた場合は、すぐに乾いた布で叩くようにして水分を拭き取り、風通しの良いところで陰干しします。
    バッグなどは詰め物を、アパレルは厚みのあるハンガーで形を整えておくと型崩れ防止になります。
    ぬれた革は熱に弱いため、直射日光やドライヤー、アイロンなどの熱で急激に乾かすと革が硬くなったり、縮みの原因になります。変形を避けるためにも形を整えて乾かしてください。
    一度中まで水分の浸透した革は革の油分が不均一になり部分的に硬くなる場合があります。
    その際には素材にあった種類のクリームを選び、柔らかい布で軽く刷り込んでください。 その際はクリームの付けすぎによる色落ちに注意をしましょう。

    ●ジュース・油、その他の汚れがついてしまった場合は?


    汚れは見栄えを損なうだけではなく、カビの原因にもなります。特に油、ジュースなどはシミの原因となるので、速やかに乾いた布でたたき取ってください。
    基本的には汚れを落とすクリーナーと保革のクリームをあわせて使用します。
    革の種類によってメンテナンスのためのクリーム等が異なるため、適切なものかどうか確認し、使用前に目立たないところで試してみることをお勧めします。

    ●カビが生えてしまったら?


    レザーはカビに弱く、変色の原因にもなります。梅雨時期には、天気の良い日に陰干しをし、湿気を除いて下さい。もしカビが出てしまったら表面はカラ拭き、スエードはブラッシングで取り除いて下さい。

    ●濃色レザーは…?


    濃色のものは色落ちしやすいので、コーディネートにご注意ください。
    レザーとニットなど、繊維との組み合わせも、色の激しいものはご注意ください。色落ちの可能性があります。

    ●ヌメ革の手入れを教えてください。


    柔らかで味のある材質ですが、しみになりやすいのがヌメ革の特徴です。使用前には防水スプレーで汚れなどの防止をしてください。汚れを落とす際には消しゴムタイプのクリーナーがお勧めです。

    ●保管や取り扱いで注意することは?


    長期で使わない場合には、手垢や汗などの汚れを除去しておく事でカビの発生を予防します。また天気のいい日に半日ほど陰干しし、水分を減らした後、柔らかい布で拭くかブラッシングして保管します。
    保存は湿気やほこりの少ないところに保管しましょう。その際はほこりを防ぐため袋に入れて保管するようにしましょう。ビニール等は湿気がたまり、カビの発生の原因となる場合があるため避けるようにしましょう。
    ナフタリンなどの防虫剤は直接触れると変色などの原因になる場合があるので注意が必要です。
    長期使用をしない場合も、時々日陰で陰干しをすることが必要です。

    ●長持ちするコツは?


    革製のかばんは、お手入れや保管の際の行きとどいた心配りが大切です。靴と同様、型崩れや痛みを防ぐために、時々休ませる必要があり、複数のカバンを交互に使用するのが理想的な使い方です。

    ●手入れ方法は?


    汚れの防止方法としては、防水スプレーをご利用いただくことが有効です。その際は革の材質にあったスプレーをご利用下さい。
    汚れやシミがついてしまった場合は皮革用クリーナーでふきとります。その際には革の種類にあったクリーナーか、事前によく確認をしてください。
    次に保革用クリームをやわらかい布につけ、入念にすりこみながら磨きます。この場合、クリームをつけすぎると色が衣服に染まることがありますので、少量を薄めにつけて下さい。みがき終わったら1〜2時間風通しのよい所へおき、中側まで完全に乾かします。そのあと清潔なガーゼか柔らかいネル地で長時間、軽くこすって仕上げます。

    ●バックをしまう時の注意点は?


    型くずれしないように中側に紙などの詰めものをして型を整えます。お手入れをすませた後、十分陰干しをして風通しの良いところにしまっておきましょう。

    ●水にぬれてしまいました。


    革の手入れ方法を参照下さい。



    ●日頃のお手入れはどうすればいいの?


    【表革】
    表革は乾燥すると傷みやすく、人間の肌と同じように油分がなくなると、ツヤがなくなります。定期的にメンテナンス用のオイルで油分を補給しましょう。

    【起毛革】
    スエードやヌバックは着用前の水分、汚れの予防を入念に。防水スプレーをかければ、水分だけでなく、汚れの予防にもなります。着用後はこまめにブラッシングしてホコリを払い、毛並みを整えます。

    ●汚れが目立ってきました


    レザークリーニングが可能な信頼のできるクリーニング店にご相談下さい。

    ●皺になってしまいました


    厚手の布を当て、低温で上から押すようにプレスをしてください。滑らせてのプレスは皺の原因となります。

    ●保管の仕方を教えてください


    肩幅にあった厚みのあるハンガーで日の当たらない風通しのいいところに保管をしてください。