A.LANGE & SOHNE

 現在のランゲ・アンド・ゾーネのはじまりである。ウォッチオークションの花形として名声を轟かせ、常に時計愛好者からの熱い羨望の矛先でありつづけるブランド、ランゲ&ゾーネ。 1845年、腕利きの時計師として、ザクセンの首都、ドレスデンで活躍していたフェルディナンド・アドルフ・ランゲが、ドレスデンの南に位置するグラスヒュッデに、高級時計の製作を中心とする工房を開いたのが現在のランゲ・アンド・ゾーネのはじまりである。

 第二時世界大戦時、ドイツの東西分割の悪流に飲み込まれ、1950年ランゲ社は東ドイツの国営企業グループへと吸収されてしまう。
 しかし東西ドイツの統一により、1990年、当時のランゲ家当主ウォルター・ランゲは、グラスヒュッデにランゲ・アンド・ゾーネ社を見事、再建させたのであった。

  1994年には、約半世紀ぶりにランゲ・アンド・ゾーネの名が入った腕時計を世に送り出し、待望の復活を遂げたランゲ社は約半世紀封印されていた職人魂を闘魂した、新たなる製品を次々に発表。 画期的なアウトサイズの日付表示を持つランゲ1や、フュージ装備を併せもつ、トゥールビヨンモデルといった、世界最高標準を求める製品作りと着実な技術開発に着手し続けている。

ランゲ&ゾーネ

5件中 15件目

5件中
1〜5件

Copyright 2017 EVANCE Corporation. All rights reserved.