1. e-kaguya >
  2. 革張りソファー張替作業
  革ソファーの張替作業

 剥がす
 最初に剥がす事から始まります。

 このように鋲などが打たれている場合は、1個1個抜きます。

 ソファーの張地は、タッカーという2本針で留められています。

 しっかりしたソファーは木枠もかたい木で作られています。

 硬い木枠に打ち込まれた針を丁寧に抜きます。

 簡単なタッカー打ち機で刺さるような木は危険です。
   1本1本、丁寧に抜きます。

 雑にすると破けて、ソファーの型が取れなくなります。

 オリジナルの図面がないから、パーツごとに綺麗に剥がします


 


  1台に千本以上抜かなくてはならない大変な作業です。

 木枠の異常などを確認しながら抜いていきます。

 パーツごとに印を付け作業図を作ります。

 裁断

 パーツごとにサイズを合わせて裁断します。

 縫製時、張込時の事も考えて裁断します。

 そこは職人の経験と技術です。
 
 縫製
 布や合皮を縫製することと全く次元が違います。

 何枚も重なりあった皮を縫うためには特殊なミシンが必要です

 針の大きさや糸の大きさ様々中からより近いものを使用します


 
積み重ねた経験と技術によって、たまには手縫いもします

 張込み

 端が1mmずれただけで、変な皺が出たりします。
 
 
オリジナルに忠実に調整しながら張り込みます
 
 
この時点で木枠やベルトの調整もできております
 本体の張込み作業は完了です。

 前からの確認、横から確認、後ろから確認
 座面や背前に皺が出ないよう座り心地の確認をします

 発注前に硬さのお好みを尋ね、調整しています。

 最終的な確認で、ウレタンと本体の融合の確認です。

 鋲を丁寧に打っていきます。

 最近は鋲もなかなか手に入らなくってしまいました。

 国内の取引メーカーとイタリアから直で取り寄せます。
 3人用完成です。

 革に縫製が少ない場合は大きな革が必要です。

 革は天然のものですから、傷や糞の跡があります。

 それらの無い綺麗な部分だけで作るから革が大量に必要です


 
 横や後ろもオリジナルに忠実に縫製、張込ます

 これが革ソファー張替職人の技です。

 破けにくい分縫製・裁断張込みは大変難しい作業です。


     
 お支払方法





クレジットカード/銀行振込/郵貯振替がご利用いただけます。

※クレジット以外のお支払手数料はお客様ご負担となります。

  


 

詳しくはこちら

  

返品・交換について



◆商品不良や輸送中の事故によるキズ・へこみなどは新品の商品と交換させて頂きます。
誠にに申し訳ございませんが、その際は右記連絡先へ、早急にご連絡頂きますようお願い致します。

◆お客様都合による返品・交換は、結果的に他のお客様に対してご提供価格のアップに繋がりますのでお受けできません、内容をよくご確認頂き、ご不明な点がございましたらお問い合わせを頂いた上で、ご注文くださいますようお願い致します。

 

詳しくはこちら

     

送料・配送方法について



送料は無料です。

運送会社についてはご指定はできません。
配送方法について、通常宅配便の商品を引っ越し便による室内お届けに変更する場合は別途費用が発生します。
通常便による玄関軒下渡しは、お届けするトラックや交通の都合上、稀にですがトラック駐車位置まで、玄関エントランスまでの場合がございます。

※北海道・沖縄県・離島地域へお届の場合は別途送料が発生します。
※一部の地域には、開梱設置サービスができません。メールにてお問い合わせください。

詳しくはこちら

  

お問い合わせについて



お問い合わせ先; イー家具屋                 営業本部 〒 佐賀県佐賀市八戸1丁目6-50 

電話 0952-28-4169 FAX 020-4664-9276


Mail  ;     info@e-kaguya.net



詳しくはこちら


 お探しの色・種類をお選びください