eスクエアの看護必要度評価コースとは?

eラーニング

eスクエアの看護必要度評価コースとは、看護必要度の基礎から各評価項目まで自分のペースで学習できるeラーニング教材で、院内研修に積極的な病院(医療法人寿芳会 芳野病院様)と共同で、効果的・効率的な学習を目指し、看護必要度評価に精通した看護師さんたちの意見を反映させて設計、開発したコースです。学習の効果を高めるため、簡単にメモがとれるようにサブノート(学習用の補助ノート)を添付しています。

eスクエア 看護必要度評価コンテンツは一般病棟用の重症度、医療・看護必要度評価コース(看護必要度の基礎知識、A〜C項目を網羅)と日常生活機能評価コース(看護必要度の基礎知識と日常生活機能評価票)の2コースを平成30年度版に対応させました。今まで看護必要度を学習した人も新年度版で学習し直す必要があります。

eスクエアの看護必要度評価コースの特徴

eラーニング

eスクエア 看護必要度評価コースでは分かりづらい看護必要度の項目の定義、選択肢の判断基準等を分かりやすく解説しています。各学習単元は【定義】→【解説】→【確認テスト】で構成されており、【定義】だけでは分かりづらい看護必要度の項目の定義、選択肢の判断基準、留意点等をビデオ、写真、図表を多く用いることで分かりやすく解説しています。【定義】【解説】では、字幕表示が可能なナレーションを併用しており理解を助けています。また、それぞれの単元は5分以内で学習が完了するように設計されており、ちょっとした隙間時間にも学習ができます。

eスクエアの看護必要度評価コースの修了テスト

eラーニング 理解度を確認する修了テストは、看護必要度の基礎知識、A項目、B項目およびC項目の全てにわたっています。【修了テストA〜C】は20問の固定問題です。【修了テスト(看護必要度I)】は看護必要度の基礎知識、A項目、B項目およびC項目の全試験問題データベースからランダムに20問抽出して、出題します。【修了テスト(看護必要度II)】看護必要度の基礎知識、B項目の各試験問題データベースからランダムに20問抽出して、出題します。【修了テスト(地域包括ケア)】は地域包括ケア病棟で評価するために必要な、看護必要度の基礎知識、A項目およびC項目の試験問題データベースからランダムに20問抽出して、出題しています。また、模擬患者さんの一日をビデオで再現し評価を行う【応用テスト】もご利用いただけます

看護必要度

6件中 16件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

Copyright (C) 2016- AXIS CO.,LTD. All Rights Reserved.