今でも江戸時代の名残を残し、堂々とした存在感を誇る「島原城」で有名な島原市。
まさしく「城下町」という名前がピッタリ(本当に「城内」という住所が存在します)なこの街には、市内のあちこちから湧き出る豊富な湧水を使った水路が街中にある事でも有名な場所です。

この「水の街しまばら」には、この豊富に湧き出る冷たい天然水を使った「夏の風物詩」と呼ばれる地元スイーツが存在します。 その名は「かんざらし(寒ざらし)」。
柔らかく茹でた白玉だんごを湧水でつめたく冷やし、かつて高級品だった「きざら(中双糖)」と「はちみつ」を使ったサッパリした味のシロップに浮かべたもの。

100年以上も前から島原市に存在している名物として、暑い夏の日に食べる地元スイーツとして、地元民はもちろん、観光客に絶大な人気を誇っています。



島原観光の途中で食べる、冷たい「かんざらし」。
その美味に惚れ込み、旅行から帰ってきてからも「あのかんざらしが食べたい、贈り物にしたい。」と思われる方が多いようです。
しかし、この美味なるかんざらしの欠点は「地元に行かないと食べられない」というところ。

かんざらしに入っている白玉の原材料である「白玉粉」は、その性質上、出来上がった白玉だんごを常温で保管していると、わずか1日で硬くなり食味・食感が悪くなってきます。
また、古くから「かんざらしは飲食店などで提供するもの」という認識も強く、今まで「郵送でお送りする商品では無い」というのが根強くありました。

近年では、冷凍便でお届けするかんざらしも出てきましたが、常温で保存できるかんざらしは存在せず、贈り物として使いたい方の要望にお応えできる物がありませんでした。

そんなかんざらしの欠点を克服し、新しい「島原土産」としての「かんざらし」を開発したメーカーが出てきました。
そのメーカーは、地元島原市に生まれ育ってきた「稲田氏」が立ち上げた「玉乃舎」さん。

長年の研究の末、なんと「常温便」で送れる「日持ちするかんざらし」を作りあげたのです!



わずか1日で硬くなってしまう「白玉」。
この性質を向上させるため、稲田氏が向かったのは「工業技術センター」と菓子原料のメーカーさん。

専門家の指導のもと、数十回に及ぶ試作と研究を繰り返したのち、地元の愛野産モチ米「ヒヨクモチ」を原料にした白玉粉を絶妙なバランスで配合した、特別な白玉粉が完成したのです。

この白玉粉に合わせる水は、さらにこだわりました。
島原市内に流れる水の源流を求め、その一つである「舞岳」という山の奥深くへ。
実はこの場所は、知る人ぞ知る隠れ湧水スポット「舞岳湧水」。休日ともなれば、長崎県内外から名水を求めて多くの方がやってくるポイントでもあるのです。
そんな「舞岳湧水」を使い、地元の「かんざらし」を作り慣れている主婦の方々が、なんと手作業で丁寧に作り上げている白玉だんご。 優しく、ほのかに柔らかい食感で、まさしく島原の歴史を感じさせる味わいなのです。

白玉だんごだけではありません。
シロップに使う「はちみつ」は、今では大変貴重となってしまった国産、それも地元吾妻産はちみつで、日本でも有数の「ハゼの木」が咲き誇る季節に集められたはちみつを使用。
天然水を合わせることで、サッパリとした飲み口のシロップが完成しました。
 
↑古い井戸を持つ古民家を改築した「玉乃舎」さんの入り口。ちょうど「あじさい」が咲く時期でした。


↑原料の白玉粉は、地元愛野産「ヒヨクモチ」を使う。


↑特別な配合の白玉粉で作られた玉乃舎の白玉だんご。


↑吾妻の「ハゼの木の花」から集められた特別なはちみつ。






↑島原の乱の後、産業を復興させる為に時の藩主が植林を推奨した「ハゼの木」。数百年後の今は、豊かなはちみつをもたらしてくれます。

↑玉乃舎のかんざらしwithサイダー。 島原の夏は、この組み合わせが絶妙に合うのです。
←↓舞岳の奥深くにある湧水ポイント。この清廉な天然水を使って、玉乃舎のかんざらしは作られる。


↑地元の主婦の方々による、すべて手作業で作られる「玉乃舎」のかんざらし。作り慣れた方々だからこそ実現できる、絶妙な柔らかさも美味しさの秘訣なのです。


↑そのままお召し上がりできます。 ↑玉乃舎の島原かんざらし。さっぱりとしたシロップが絶妙に旨いのです。


 
愛野産モチ米を使用した「特別配合の白玉粉」と、名水の誉れ高い「舞岳の湧水」、吾妻産の貴重な「ハゼの木のはちみつ」。
これらの材料を使って、地元島原の主婦の方々が手作業で作り上げた「玉乃舎謹製 島原かんざらし」は、常温で日持ちする特性を活かし、可愛いパッケージに包みました。

お中元などのギフトはもちろんの事、父の日や母の日の贈り物、敬老の日のプレゼントなどにもピッタリの逸品。

ご家庭向けには、カップなどの付属品を省いたお買い得な「スマイルセット」も用意しました。


島原で味わった、あの歴史ある名物スイーツを、島原に行かなくても味わえ、贈り物にできる新しい島原の特産品「玉乃舎の島原かんざらし」。
大切な方への贈り物に、ぜひご活用くださいませ。




島原かんざらし

15件中 115件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

15件中
1〜15件
【配送料金】

※クール便は別途330円、商品代引便(コレクト)は別途450円必要
※Yahoo!ショッピング支店特別価格です。

商品の配送方法
当店で販売している商品の多くは、商品の新鮮さ・美味を最重視した『産地直送』です。
※配送は「ヤマト運輸」を指定しております。発送元が違う商品は、それぞれの産地からのお届けとなります。

産地直送の商品には、「産直マーク()」がついています。
このマークがついた商品は、それぞれの地域から発送いたしますので、これらの商品を複数購入された場合、到着日時が異なる場合があります。


【到着日指定】
到着日の指定
ご注文時より5営業日(土日祝除く)以降の日付から到着日時を指定する事ができます。
※銀行・郵便振込・ジャパンネットバンク決済の方は、ご入金確認後の発送となっておりますので、ご指定日より5営業日前までにご入金をお願いいたします。
※5営業日前までにご入金が確認できなかった場合は、ご入金後、準備出来次第の出荷へと変わりますので、ご了承くださいませ。
なお、ご注文から2週間以内にご入金の確認ができなかった場合、自動的に「お客様ご都合によるキャンセル」とさせていただきます。

【離島へのクール便】
下記の住所に該当する地域への「クール冷蔵・冷凍便」のお届けはお受けする事が出来ません。
※配送業者に設備が無く、配達する事が不可能なため。
ご注文の入力は可能ですが、入力されても無効となりますのでご注意ください。

 
【銀行振込での振込先】
◆銀行名:十八銀行 北支店
(ジュウハチギンコウ キタシテン)
◆口座種類:普通預金口座
◆口座番号:164769
◆名義人:社団法人 長崎県物産振興協会
シャ)ナガサキケンブッサンシンコウキョウカイ


【郵便振込(ゆうちょ銀行)の振込先】
◆記号:17610
◆番号:19904931
◆名義人:社団法人 長崎県物産振興協会
(シャ)ナガサキケンブッサンシンコウキョウカイ)
【お支払い方法】
◆クレジットカード(オススメ)
商品の準備が出来次第、すぐに発送いたします。




◆商品代引
準備出来次第、すぐに発送いたします。
ギフト不可、手数料450円が別途必要です。
複数の産直商品を購入された場合、商品が別梱包で届きます。その内の一つが「商品代引便」で、すべての合計金額が加算されております。(その他の商品は「通常便」で到着します)
クレジットカード・デビットカードでのお支払いは出来ませんので、あらかじめご了承くださいませ。
 
◆銀行振込・郵便振込(ぱるる)・ジャパンネットバンク
お振込を確認後の発送となります。
振込手数料はお客様のご負担となります。
振込用紙は送付いたしませんので、自動で送信されるメールをプリントアウトしてお使いください。
ご注文後、2週間お振込が無かった場合は、自動的にキャンセルをなります。


◆コンビニ決済(セブンイレブンおよびファミリーマート・ローソン・ミニストップ・デイリーストア・サークルKサンクス・スリーエフ

お振込を確認後の発送となります。
コンビニ決済手数料として「210円」が必要になります。
振込用紙は送付いたしませんので、自動で送信しております「お支払い情報のお知らせ」メールを参照してください。
ご注文日より10日間が支払い限度になります。
【返品・交換】
返品・交換について
万一、ご注文商品と異なった商品が届いた場合、商品ま たは配送途中の事故などで不都合が生じている場合は、メールまたは電話にてご連絡下さい。
早急に商品を交換させて頂きます。(諸事情により交換できない場合は、商品代金を返金いたします。)
その際は誠に申し訳ありませんが、当協会までお電話でご連絡いただきました後、ご注文と異なった商品等を着払いにてお送り頂きますようお願いいたします。
※「商品到着後、7日以内」でのご連絡をお願いいたします。(到着後7日間以上経過した場合、お受けできません。)

なお、お客様のご都合による返品・交換の場合は、返送料ならびに手数料は、お客様にてご負担をお願いいたします。
また、食品等、商品の性質上、一部お受けできない商品もございますので、ご了承下さい。
※返品・交換は、未使用のものに限らせていただきます。
※商品のお届けに必要となった送料、及び返品の際の送料、コレクト手数料、返金時のお振込み手数料およびその他必要となった手数料を差し引いた金額をご返金いたします。
 
 

Copyright(C)2002-2013 Nagasaki product promotion association All Rights Reserver.