1. e-くるまライフ.com >
  2. 商品から探す > 
  3. カーケア > 
  4. e-くるまクリーナー
  • 洗車シャンプーだけでは落ちないガンコな汚れをe-くるまクリーナーで簡単に落とせます

  • ボディに付着する汚れは様々で、それぞれの汚れにあった除去方法が必要になります。
    主な汚れの種類と対処法を見てみましょう。

  • 夏場の夜間走行中にクルマにむしがぶつかって付く汚れは、基本的にタンパク質の塊です。腐食成分なども含まれているためボディにダメージを与えることもあります。またクルマの細部に入り込むこともあり洗浄しにくい汚れです。

  • e-くるまクリーナーに含まれるアルカリ成分がタンパク質を溶かして洗い流しやすい状態にします。あとは水で洗い流すだけできれに洗浄できます。こすり洗い不要なため、ブラシが届かない細部でも洗浄が可能です。

  • バンパーなどにこびりついた頑固な虫汚れがe-くるまクリーナーでこんなに簡単に落とせます。

  • タイヤ汚れの主な原因はブレーキ時にブレーキローターとブレーキバッドの摩擦により飛び散る金属の粒子(ブレーキダスト)です。摩擦熱により高温になっているため、タイヤやホイールに融着(溶けた状態で付着する事)します。油分を含み、放置すると酸化して塗装面を痛めます。

  • ブレーキダストの周りにまとわりついた油性成分をe-くるまクリーナーのアルカリ泡が分解し、ボディから剥がれやすくします。あとは水で洗い流すだけできれいに汚れを落とすことが出来ます。

  • タイヤのサイドウォールやホイールに付着した油汚れがe-くるまクリーナーでスッキリ!

  • 頑固なタイヤ・ホイール汚れをスルッと!

  • タ舗装直後や炎天下で熱せられたアスファルトでは、路面にアスファルトの成分であるタールが浮き出てしまうことがあります。このタールをタイヤが跳ね上げてボディに付着した汚れがピッチタールです。油成分を多く含んでおり、通常の洗車では非常に落としにくい汚れです。

  • 基本的にはボディに油成分が付着しているだけの状態なので、e-くるまクリーナーのアルカリ泡で油分を石けん成分に変換し、さらに石けん成分で汚れを洗い流すことで洗浄が可能です。

  • フェンダーなどに付着して落ちないピッチ・タール汚れがe-くるまクリーナーでサッと落とせます!

  • ドアノブやサイドミラーとボディの接続部等にみられる、水あか(雨だれ)。実は水の汚れではなく古くなり劣化したワックスや、潤滑剤に使われるグリスなどにゴミが付着し、垂れて固まったものです。油脂成分を多く含んでいるため、長く放置してしまうと固着して通常の洗車では落ちにくくなってしまいます

  • e-くるまクリーナーに含まれるアルカリ成分が、水あかに含まれる脂肪酸と反応して、石けん状の物質に変化します。変化した石けん状の物質は他の水あかを洗浄してさらに汚れを落とします。このアルカリ成分による反応と、石けん効果のダブル洗浄で水垢をきれいに落とします。

  • ドア部分についたガンコな水あかがe-くるまクリーナーでピカピカに!

  • 洗浄に使用する水道水には、さまざまなミネラル成分(カルシウムイオンや鉄イオンなど)が含まれています。通常のアルカリ成分配合の洗浄剤は、水のミネラル成分がアルカリ成分と反応を起こし、洗浄効果が充分に発揮されません。e-くるまクリーナーには特殊キレート剤を独自配合しており、水に含まれるミネラル成分をキレート剤と反応させることで、アルカリ成分は汚れを集中して落とします。

  • カーシャンプー等を使用してきれいに洗車してください。
    ※e-くるまクリーナーは部分汚れ専用のクリーナーですので、カーシャンプー等で対応出来るよごれは通常の洗車で落としてください。

  • ボディが濡れたままの状態で通常洗車で落ちきらなかった頑固な汚れに、e-くるまクリーナーを塗布し、汚れに溶剤が浸み込むまで約30秒放置してください。アルカリ泡が汚れを浮かして、拭き取りやすい状態にします。

  • 約30秒放置したらマイクロファイバークロスで汚れを優しく拭き取ってください。汚れが残る場合は2の作業を繰り返して、再度拭き取ってください。

  • 拭き取りが終わったら、大量の水でスプレーした箇所を洗い流してください。余剰成分が残るとシミ・ムラの原因となる場合があります。

e-くるまクリーナー

6件中 16件目

ブランド
内容形状
効果
価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く