■学名
Lucanus maculifemoratus maculifemoratus

■特徴
頭部に冠状の突起(耳状突起)があります。
赤褐色〜黒褐色で、全身に金色の微毛を有します。
大型の個体は78mmを超えてきます。

■生態
標高の高い産地によく見られます。
羽化後は休眠期間が長く、活動までに1年近くかかる場合があります。
成虫の寿命は活動開始後2〜3ヶ月程度で、越冬はしません。

ミヤマクワガタ

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

■成虫飼育
成虫は羽化後長期間休眠します。
活動開始後すぐにペアリングが可能となります。
高温に弱い為、20〜23℃での管理が良いです。

■産卵
マットに産みます。
飼育ケースの底に黒土を3cmほど固く詰め、その上に微粒子の発酵マットをやや固めに入れます。
管理温度は20℃前後が良いようです。

■幼虫飼育
発酵の進んだマットで飼育します。
孵化から♂は12〜18ヶ月程、♀は12ヶ月程で羽化します。

ご利用ガイド

FC2ブログで
飼育個体の紹介等をしています。
よろしければこちらもどうぞ。
※リンク先がYahoo!JAPANのサービスではなく、FC2ブログの為に警告が出ます。
 『http://pro1623.blog.fc2.com/』をクリックして下さい。

ブログへ